Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

ブログを移転します。

2013-11-28 Thu 05:40:10

DTIブログのサービス終了に伴い、ブログをFC2に移転しました。

http://africatwin50.blog.fc2.com

DTIのブログは12月17日に閉鎖されます。

今後ともよろしくお願いいたします。

アスンシオンを出発!イグアス、再びブエノスアイレスへ。

2013-10-07 Mon 09:40:21



[1588] 9/12 (木) - [1601] 9/25 (水)
---民宿らぱちょの管理人業務。お客さんも色々な人色々な人生がある。
---そして読書。ラパチョにいる間、丁度10冊読了。読了できなかった本多数。熟考。

<長期旅行者的アスンシオン>
【民宿らぱちょ】の良い所
・マナちゃんが可愛すぎる!アスンシオンの観光はコレだけでOK!
・ベットのマットレスの硬さが絶妙。
・各ベットに、読書用の蛍光灯と電源コンセントを完備。
・洗濯機が使える!多分自分の旅至上一番、綺麗な状態だった。
・追い炊き機能付き、風呂!しかも断熱材?が間に入っているのか次の日でもお湯の暑さが変わらない!
・小説に漫画がいっぱい!暇つぶしには全く困らない。テレビもNHKが見れる。
・運がよければ、朝に「菜の花食堂」の賄いに、余り物、カルフォルニア・ロール!!お寿司にお味噌汁が食べれるかも?

【菜の花食堂】おススメ
・自分の一番は生姜焼き定食!!豚肉の暑さが絶妙!冷めても旨い!!焼き鳥のタレも美味しい!唐揚げは侮れない。1つが大きい!から定食の唐揚げ5個でも大満足。キャベツの千切りも細かくて、自家製のドレッシングも美味しい!コストパフォーマンスも抜群!また食べたい。実はチョット侮ってたんだけど、食べたら半端じゃなく美味しかった!

【民宿らぱちょ】と【菜の花食堂】のコラボで、、
・余裕で沈没できる。
のが悪い所か??

【主なイベント】
[1589] 9/13 (金) 晴れ
Asuncion → 市街 4.78km → Asuncion 民宿らぱちょ
(Vmax:72.9 Mt:10min hmax:190 TA:23 ODD:221151.17)
---ユキさんの家の車のバッテリーが上がってエンジンかからない。旦那さんの、わゆーさんを自分のバイクに乗せてタンデムで、パラグアイのオートバックス?!チャコメールへ。おぉ何でもある。何でも屋さん?汎用機械にマウンテンバイク、オートバイのパーツ等々。わゆーさんがバッテリーを見ている間に、おぉ!バイクのタイヤの中で、一番持ちが良い、ハードコンパウンドの台湾メーカーのKENDAを発見!サイズと値段を確認安い!後で回に来よう。

[1595] 9/19 (木) 晴れ
Asuncion → 市街 4.7km → Asuncion 民宿らぱちょ
(Vmax:69.6 Mt:11min hmax:174 TA:37 ODD:221155.86)
---チャコメールにKENDAのタイヤを買いに行くも。。ヒデさんが買ったリアタイヤ130/80-17 が最後の在庫だったみたい。。残念。フロントタイヤを購入するも、これも2010年第15週目の古いタイヤ。在庫無いので仕方ない。安いから我慢するか。

[1597] 9/21 (土) 夕方に巨大な氷! 何時ごろかまた急に寒くなる。
---ユキさんとマナちゃんが夜中12時過ぎに帰還。お帰りなさい!ネットでバス会社のホームページを見ると、ユキさんの乗ったバスは今日の朝10時には到着するはずなのに。心配したけど。結局、ブエノスアイレスを出て直ぐにバスが壊れて12時間足止めを食らったらしい。。お疲れさま。
---後で、ユキさんに頼んであった、更新した国際免許証を日本から持ってきてもらった。助かった。これで、この旅で日本で申請しなければならない書類関係はこれが最後。またユキさんの共通の友達からお手紙とプレゼントを頂く。嬉しい!ありがとう!

[1599] 9/23 (月) 晴れ
Asuncion → 市街 24.7km → Asuncion 民宿らぱちょ
(Vmax:74.7 Mt:1h hmax:169 TA;236 ODD:221180.53)
---ヒデさんと一緒にバイクでBMWのディーラーへ。メカニックにブラジルのバイオエタノール燃料がヒデさんのバイクF650で大丈夫か聞くも、答えはNO。相変わらず情報が交錯。ブラジルは24%アルコールが義務付けで、純粋なガソリンは無いという人と、ブラジルでもアルコール入り、無し選べるという人と。謎。
---ヒデさんと途中で別れて、自分はブラジル対策の燃料タンク、ジェリカン探しに奔走するも結局、見つからず。。パラグアイにはジェリカン無いの??涙

[1600] 9/24 (火) 晴れ
[フロントタイヤ交換]: Asuncion (ODD:221180.53 Kenda K763 90/90-21)
[フロントホイールスポーク増し締め]: Asuncion
---今日はバイクを少し整備。ヒデさんはオイル交換、自分は、フロントタイヤを交換する。あっという間に終了。
---宿のゲストで来た、ナオキ君の”カリエンタドール”お湯沸かすための電熱線コイルを探しに近くのフェレテリアへ。その後、そのフェレテリアを3往復することに。結局、新品2個はショートして爆発!一つは線繋がってなく導通なし。まともに暖かくなる、コイルある??何時ものドイツのケーキ屋さんにアイス屋さんをハシゴ。

[1601] 9/25 (水) 晴れ
Asuncion → 市街 18km → Asuncion 民宿らぱちょ
(Vmax:75.6 Mt:35min hmax:197 TA:236 ODD:221198.48)
[追加燃料タンク2個取り付け]: Asuncion
---ふと思いつく。新品でも中古でも良いからバイクの燃料タンクを流用できないか?ユキさんに相談すると、以前、日本のバイクのパーツ類を輸入販売していた、日系の樋口さんが経営するお店があるらしく紹介してもらって向かう。
---日系の樋口さんのお店に。今でもお店はあった!樋口さんも健在。はじめまして。早速事情を話して、日本のバイクのパーツが眠る倉庫へ。何時からか中国のバイクがパラグアイの市場を席巻して、日本のバイクは今は一切見ない。。それで、日本のバイクの中古パーツも必要が無くなってしまったらしい。沢山のパーツ。でも殆ど埃を被ってる。お目当ての燃料タンクも、燃料キャップとコックが殆どなくて、中も錆びているものがほとんど。その中でも、同じスクーターのタンクで燃料キャップがあって中も錆びてない状態の良い物をタダで頂く!本当に助かります!ありがとうございます!
---樋口さんと談笑してお別れ。その後、樋口さんが紹介してくれたバイク屋さんをハシゴ。燃料ホース対ホースつなぎ出来る燃料コックを探す。丁度お店に日系のメカニックが。電話してもらって、燃料コックのあるバイク屋さんを教えてもらって向かう。結局、細すぎてコックとしては使えないことが判明。
---その後、車のパーツ街で、追加燃料タンクを繋ぐための燃料ホースとT字ユニオンジョイントを購入して宿に戻る。
---宿に帰って、追加タンクを取り付け。両側パニアの後に、タイダウンで取り付け。そしてホースで結線して、次に燃料系に接続できる準備。
---最後の晩餐!!菜の花食堂で食べまくり!「生姜焼き定食」「焼き鳥全種類一本ずつ、ハツ、肝、レバー、モモ、皮、豚」「チーズ巻き」「春巻き」「から揚げ」「やきそばミニ」を注文して、3週間ぶりのアルコール、ビール缶500mlとビンを開ける。すべて美味しい!!食べ過ぎ。2日に分ければ良かった。。ヒデさんにも手伝ってもらう。ヒデさんは餃子定食。全部わゆーさんのオゴリ!ありがとうございます!!生姜焼きは絶品!肉の薄さにタレの浸かり具合、キャベツの千切りの細さに感動。自家製のドレッシングも美味しい!

------------------------------------------

[1602] 9/26 (木) 晴れ
Asuncion → San Juan Bautista 366km → Encarnacion Hotel Germano
(Vmax:102 Mt:5h8min hmax:246 TA:2435 ODD:221564.65)
[チェーン給油]: Asuncion
[タイヤ圧調整]: Asuncion
---朝、丁度ロシアからバイカーのコレさんがユキさんとSkype。どうもロシアの税関書類を取り忘れたのと、ユキさんのスズキ・ジュベルでも同じ症状のでた、リアのスポーク折れが始まったとの事。結構深刻な問題だ。
---終に、ほぼ一ヶ月滞在したアスンシオンを出発!わゆーさん、ユキさんそしてマナちゃん、本当におせわになりました!
---ヒデさんと一緒に出発。今日はエンカルナシオンを目指す。ブラジルビザが簡単に取得できるとの事。
---出た時間も遅かったので、ほぼノンストップでエンカルナシオンへ。意外にも街があって交通量も多い。エンカルナシオンまで近づくと、大きな川が見えてきた、パラナ川雰囲気の良い町。早々にお目当ての宿にチェックイン。
---宿の人に、日本食レストラン「広島」の場所を聞いて、今日は奮発!って、何時もか?早速「生姜焼き定食」を菜の花との食べ比べ。自分は断然、「菜の花」に軍配!広島の店構えは凄い!100人くらい入る?VIP席もある。でもウェイトレスというより、屈強なドスの聞いた声のウェイターが威圧感があって微妙に怖い。女性ウェイトレスは居ない??

[1603] 9/27 (金) 晴れのち雨
---早速、朝8時にエンカルナシオンのブラジル領事館へ。ブラジルビザの申請。パスポート、写真、クレジットカードと125,000グアラニーで、パソコンに申請事項を入力して終了。昼前11時にビザを受け取れるとの事。
---引取りに行くまでの間、エンカルナシオンのパラナ川沿いを散策。古い歴史のある建物。トウモロコシを粉末にして貯蔵する施設。そして人工的?なビーチが。移住者が多く人種の宝庫らしい。治安も良さそう。無人ATMにお店はシャッター、鉄格子が無い。雰囲気が違う。
---ブラジルビザ引取り。ビザを確認すると、マルチプル・エントリー、3ヶ月以内に入国して、ビザが有効になってから、1年の内で180日、最大の滞在期間は90日。おぉ都合が良い。多分ギアナ三国を入ってブラジル戻る時は助かる。
---お昼は、またまた日本食レストラン「あじさい」へ。もう日本尽くし。カツ丼を食べる。そしてライス・プディングが旨い!

[1604] 9/28 (土) 雨のち晴れ曇り
Encarnacion → Trinidad 292km → Yguazu ペンション園田
(Vmax:102 Mt:4h hmax:441 TA:2876 ODD:221856.12)
[チェーン給油]: Encarnacion
[タイヤ圧調整]: Encarnacion
[ガソリン給油]: Encarnacion (QTY:10.63 OCT:97 PRC:9400 ODD:221572.25)
---朝起きて、雨が降っていたけど、雨が止むのを見計らって強行出発。ヒデさんも風邪のほうは大丈夫そうだ。
---燃料を計算すると、アルゼンチンのプエルト・イグアスまで10Lは足り無そうなので、燃料を入れようとすると、ガソリンスタンドでアルコール入りの燃料しか無いといわれる。どうもエンカルナシオンでは唯一ブラジルの会社ペトロ・ブラスのみが純粋なガソリンを扱っていることが発覚。そこに向かう。そして値段が9400グアラニーって約リッター2.2USドル!!計算上でアルゼンチンまでギリギリのガソリンを入れる。
---そして、日本人のイグアス移住地へ向かう。雨を待って出た時間が遅かったので、途中にある世界遺産のトリニーダの遺跡をパスしようかと、ヒデさんと相談してたけど、折角なので、観光することにする。
---イエズス会布教活動で立てられた教会、ヘススとトリニーダの2箇所観光。
---続行。急いで、イグアス移住地を目指す。到着する頃には、日が落ちかけた。お目当ての宿、ペンション園田にチェックイン。宿のゲストは民宿らぱちょで見た顔ぶれたち!
---丁度今日は、高校主催?のカラオケ大会があるとの事で見に行く。ココは日本?!日本の歌!に日本人。最近、移住された方も参加されてる。
---カラオケ大会を後にして、園田さん経営のレストランで唐揚げ定食を食べる。またヤッてしまった。。パラグアイの日本食尽くし。園田さんから色々な話を伺う。園田さんは一世で小学2年生の頃に来られて、その時は、明かりも無く、大きな蛍一匹の明かりで勉強したとか、開拓の歴史、日本の2重国籍の話、パラグアイ政治への日系の進出などなど、いろいろな話を伺えた。ありがとうございます!
---民宿らぱちょで一緒だった、ナオキ君に、自分の置き忘れた、甚平と服を持ってきてもらう。本当に助かった!!パンツも無くて我慢?してたけど。朝早く洗濯して、取り込んだのは良いけど、椅子に忘れてきてしまった。気付いたときには、もうアスンシオンから100km以上離れてたので、戻るのを諦めてたけど。

[1605] 9/29 (日) 曇り
---日曜日でスーパーの農協はやってないし、スーパー41もやって無い。。でも日曜日の昼2時間は、ラーメン屋さんの竹下ラーメンがやってるので、ヒデさん、ナオキ君たちと向かう。
---早速ラーメン大盛り、餃子にご飯を注文!旨い!一体パラグアイに何しに来てるのか。。そして最後に小豆アイス!がまた美味しい。でも硬い!
---秋田犬の子鉄、他3名。可愛い、大きい!彼らも2世??らしい。

[1606] 9/30 (月) 曇り
---今日は、ヒデさん、ナオキくんと一緒に、中国の巨大ダムに抜かれるまで、世界最大のダム。今でも発電量としては世界最大の、イタイプーダムへバスで向かう。
---道の住所??の言い方が分かりやすい。シウダ・デル・エステから41kmがイグアス移住地。そこからアスンシオンから来たバスを捕まえて、終点のバスターミナルまで、ナオキくんが、ココからエンカルナシオン行きのバスについて尋ねる。
---バスターミナルから、ブラジルとの国境まで向かう。免税店街で、ヒデさん來來で1Tのハードディスクを購入。そんなこんなで、突然の豪雨!!滝のように側溝に流れ落ちる。とても外に出れない。3人3様!ナオキくん強行突破!俺、靴と靴下脱いで強行突破!そしてヒデさんは、別の行き方を発見したらしく、ビルの地下を歩いてほぼ濡れずに、マックに辿りつく。みんなでハンバーガー食べながら雨が止むのを待つも、止む気配無し。。結局途中カッパを買って、みんなで強行突破!
---国境に続く幹線道路に出て、コレクティーボを捕まえて、4km地点で下車、そこの交差点に到着する頃には雨も一旦小休止。そこから更にコレクティーボを乗り継いで、イタイプーダムの受付の建物に到着。
---最初にビデオを見る。イタイプーダムの紹介。そして高級バスを3人貸切!で無料イタイプーダム・ツアーへ。ほぼ45分のツアー。止まるところは一箇所で見晴台で写真を取って、一番見たかった、ジェネレーターが組み込まれた巨大なパイプは通り過ぎてしまう。どうも無料ツアーは止まらないらしい。ツアーが終わって、受付の建物で、お茶をして、宿へ。コレクティーボを乗り継ぎ。宿に到着が夕方6時くらいか?
---スーパーで買い物。ナオキくんが簡単シチューの作り方を知ってるらしく今日はシチューをシェアー。小麦粉をバターで炒めずに出来る!メッチャ簡単!そして美味しい!

[1607] 10/1 (火) 曇り
---確か、ゲストが食べきれずに置いていった、そうめんを作って食べてた気がする??何してたっけ??

[1608] 10/2 (水) 晴れ
---今日は何だか走りたい!モード。朝から走りに出かける。一時間鳥居の周りを周回して、銀行で小額両替をして、宿に戻る。
---居心地が良すぎる、イグアス移住地。でも心にムチ打ち出発を決断。ヒデさんもバイクをココに置いて、パッカーで、イグアスの滝、リオ、サンパウロ、弓場を回って、またココに戻ってくるとの事。結局、ブラジルのアルコール入り燃料が問題。出発の準備。ある程度パッキングを済ませる。明日は朝早く6時ごろ出発予定。シウダ・デル・エステとの国境が朝渋滞があるらしい。
---ヒデさんとナオキくんとシェアーで、生姜焼きを作ることに。でも殆ど自分は手を出さず。そして、トマトを買いに走って農協に向かうもシエスタ!閉まってる。結局、宿の近くまで走って戻って、小さな商店でトマトを買って宿に戻る。
---と、民宿らぱちょで一緒だった、カトウ夫妻が到着されていた。久しぶりにビールを飲みたい気分になり、みんなでおしゃべりしながら飲み。でもたった2L飲んだだけで気分が悪くなってダウン。最近全く飲んでないからなぁ。。そのまま落ちてしまう。。ヒデさんとの最後の晩なのに、あまり話しできなかった。。

[1609] 10/3 (木) - [1610] 10/4 (金) 曇りのち雨のち曇りのち晴れ
Paraguay Yguazu → 1754km 国境 Paraguay Ciudad del Este → 国境 Brazil Foz do Iguacu → Argentina Puerto Iguazu → AR Iguazu Falls → AR Posadas → Ar Corrientes → AR Reconquista → AR Santa Fe → AR Rosario → AR Buenos Aires 日本旅館
(Vmax:112 Mt:22h23min hmax:303 TA:7074 ODD:223611.66)
[チェーン給油]: Paraguay Yguazu
[タイヤ圧調整]: Paraguay Yguazu
[ガソリン給油]: Argentina Esperanza (QTY:15.961 OCT:95 PRC:9.399 ODD:221991.27)
[ガソリン給油]: Argentina Corrientes (QTY:16.605 OCT:95 PRC:9.099 ODD:222268.29)
[チェーン3コマ調整(8-11)]: 途中
[チェーン給油]: 途中
[ガソリン給油]: Argentina Coronda (QTY:28.402 OCT:95 PRC:8.099 ODD:223199.44)
---朝、目覚めると、、頭が痛い。二日酔い。ナオキ君たちは朝早く出てエンカルナシオンへ。書置きが。見送り出来なくてすまん。
---ヒデさんと一緒に朝食を取って、終に、ヒデさんとお別れ。もう旅の途中で会うことは無いけど、いつかまた必ず!再会しましょう!インドネシアから始まり、色々あったけど楽しかった!ありがとう!ヒデさんの旅に幸あれ!ヒデさんに見送られて、イグアス移住地を出発!
---先ず40kmほど走って、シウダ・デル・エステ市街へ。念のため銀行と両替屋さんへ。朝の7時半でも開いてる。早い!アルゼンチンの闇両替対策で、グアラニーを下ろして(一回手数料5ドル。。)ドルに両替100ドル札で。更にお願いして、ボリビアで下ろしたドルが20ドル札で沢山。両替屋さんでついでに100ドル札に変えてもらう。アルゼンチンだと100ドル札の方が有利らしい。
---パラグアイ側国境に到着。出国スタンプと、バイクのペルミソを返却して、ブラジル側に入国。ブラジルの入出国間は1日で抜ければ、出入国スタンプも、ペルミソも必要ないとは暗黙の了解らしい。そのままイミグレ税関を通り過ぎて、フォズ・ド・イグアスの街を素通りして、ブラジル側イグアスを見ずに、アルゼンチン側へ入国。新品パスポートにアルゼンチン入国スタンプ、そしてペルミソを作成。バイク保険の請求アリ。
---プエルト・イグアスを過ぎて、アルゼンチン側イグアスの滝へ到着。そしてイグアスの滝に向かう列車に乗った頃から、雨が降り始める。。凄い雨。カッパを出すけど、汗と雨でずぶ濡れ。「悪魔の喉笛」を先に観光して、アッパートレイルを歩いて、カメラも雨に濡れて出せない。もう滝を下から望めるロアートレイルは諦めて、イグアスの滝観光終了。駐車場に戻って、あまりの雨に久しぶりにバイク用のカッパ、ブーツカバーを装着。イグアスの滝を離れる。
---何を思ったか?!ブエノスアイレス!!を目指す。パラグアイのエンカルナシオンのパラナ川を介して対岸の町ポサダスに着くころには雨が止む。大型スーパーでパンなど買って、カッパを脱いで走り出す頃には夜の8時。
---ブエノスアイレスへダイレクトに向かう道のある州は、警官のワイロ請求などが酷いとのことで迂回。以前、通過したレシステンシアまで戻って、午前0時。ガソリンスタンドで1時間休憩を挟んで午前1時に出発!ひたすらブエノスアイレスに向けて南下。
---何度か休憩を挟んで、夜明けを何処で迎えた分からないけど、日の出を見ながら南下。大きな町サンタフェに着くころには、スッカリ夜が明けてた気がする。
---サンタフェから高速道路に入って、コロンダで燃料給油。休憩。大都市ロサリオを迂回して、過ぎた頃に眠気が我慢できない。走りながら一回落ちそうになる。もうヤバイ。高速の大きな側道にバイクを停めて芝生の上に座っていたら、知らないうちに落ちてしまうZZzzz。で、30分ほどで誰かに起される。高速道路の警備員だ。注意されてる。。すみません。でもチョット寝たらスッキリ!再び走り出す。
---終にブエノスアイレス市街に入る!大きい!!そしてネオンが眩しい!久しぶりの巨大都市。東京の首都高速を走っているよう。片側6車線。車も行きたい放題。感動!
---約10ヶ月ぶりに、南米最初の地、ブエノスアイレスに戻ってくる!懐かしい。高速を降りて、オベリスコの通りを出たら、後は道を覚えていて、早速、日本旅館にチェックイン。オーナーのコウキさん、ナオコさんお久しぶりです!夜8時に到着。
---結局、パラグアイのイグアス移住地を昨日の朝7時に出て、アルゼンチン夜の8時だから時差考えてもイグアスの滝観光も含めて、36時間ぶっ続けで走行!1754km、この旅の最長不倒をマーク。もう眠気を通り過ぎてテンション上がる!
---軽くパンで夕食を食べて、シャワーを浴びたら眠気が。。直ぐに落ちる。

[1611] 10/5 (土) 晴れ
---昨日、結局、イグアスの滝観光も含めて、ほぼ一睡もせず連続36時間走行の疲れが。。
---朝は何とか起きられた。朝食を取って、早速、大掛かりに洗濯。脱水機があるのが助かる。1時間くらい洗濯をして、スーパーに買い物。戻って昼食を食べて、また横になって瞬間にZzzz。。
---起きたのは夕方暗くなって7時くらい。ゲストの殆どは、サッカー観戦へ。そんなこんなで一日終わってしまう。1日ほぼ寝て終わってしまう。

[1612] 10/6 (日) 晴れ
---久しぶりにブログ。1ヶ月ぶりか?思い出すのが大変。コレは一日がかりだ。。
---日曜マーケットへ。生ハムのサンドウィッチを食べる。チョリパン食べたかったけど手持ちのお金が2ペソ足りない。。

民宿らぱちょのお気に入りアイテム。追い炊き機能付き、風呂釜!保温機能が強力!


菜の花食堂。


アスンシオン、菜の花食堂で最後の晩餐!ヒデさんと一緒に。


パラグアイの世界遺産トリニーダの遺跡の一つ、ヘスス。


パラグアイ、日本人移住地の一つイグアス。カラオケ大会。


久しぶりのラーメン!土日しか営業していない竹下ラーメン。


気になる看板。更に付け加えたい。自分自身も大切にしてね。


ブラジルとの国境の町、シウダ・デル・エステ。免税店街。大雨で道が洪水。排水が。


中国に抜かれたらしいけど、今でも世界最大の発電量を誇るイタイプーダム。放水。


この巨大なパイプにジェネレーターが回ってるらしい。見たい!けどバス止まらず。


ヒデさんとお別れ。旅の中ではコレが最後。イグアスのペンション園田にて。


アルゼンチン側のイグアスの滝。


悪魔の喉笛。真っ白。曇りでこの後雨が。凄い水量。


クワッチ。かなり獰猛らしい。




アルゼンチンのプエルト・イグアスからポサダへ向かう途中。夕日。

アスンシオンにて、その1

2013-09-12 Thu 08:32:12



[1574] 8/29 (木) 晴れ
Argentina Gral L.V. Mansilla → Argentina Formosa 257km 国境 Clorinda → Paraguay Asuncion 民宿らぱちょ
(Vmax:98.6 Mt:3h31min hmax:213 TA:855 ODD:221143.27)
[チェーン給油]: Argentina Gral L.V. Mansilla
[タイヤ圧調整]: Argentina Gral L.V. Mansilla
[ガソリン給油]: Argentina Clorinda (QTY:16.15 OCT:95 PRC:9.29 ODD:221092.46)
---朝起きると結露が凄い。ポトシは唇がひび割れするくらい乾燥してたけど、お肌が潤う?!車が農道脇に張ったテントのそばを通り過ぎて目が覚める。
---幹線道路に戻って再びアスンシオンを目指して北上。アルゼンチン側の国境の街、クロリンダに到着。パラグアイは燃料が一リットル2ドルするとの事で、燃料を満タンに給油。パラグアイナンバーの車が3台行列。車に給油して更にプラスチックのジェリカンに燃料を給油。食料も満載。多分パラグアイの方が物価が高いのかな??
---国境を越えてパラグアイに入国。40km遠回りして、パラグアイの首都アスンシオン市街へ。そして程なくして民宿らぱちょに到着。
---ついに!ユキさんに再会!久しぶり!!鎖骨骨折して日本で手術した時にユキさんの実家にお世話になってから2年ぶり、旅途中では南アフリカで再会してから4年ぶりの再会!そして、そろそろ2歳になるマナちゃんとも再会?!日本に居たときお腹の中にいたときに会ってる笑、旦那さんのわゆうさん。始めまして。そしてヒデさんともポトシで置き去りにされてからの再会笑!そしてもう一人の日本人バイカー、アトさんも始めまして!
---近くにドイツ人が経営してるケーキ屋さんが旨いらしい!ヒデさんは全種類のケーキを制覇したらしい。ユキさん、マナちゃんと一緒に散歩がてらケーキ屋さんへ。ベイクド・チーズケーキとチョコレートケーキにヨーグルト・ケーキ?おごってもらう。旨い!!
---BMW乗りのアトさんが、今日、BMWモトラットとミニのショールームが新規オープンするセレモニーが開かれるとの事で、バスに乗って、BMW新ショールームに向かう。1ヶ月以上ぶりの酒!しかもタダ!夜8時にセレモニーが始まるとの事だけど、その前に酒盛り開催!赤ワイン、シャンパン、ビールを飲みながら、ブラブラ。おぉ!新しいR1200GSカッコ良いぃー!水冷エンジンで、吸排気の流れが、昔のGSは横なのが、新GSは重力に逆らわない上から下に変わってる。左サイレンサー、左、片モチ、スイングアームも日本と同じ側に。もちろんラジエーターも。
---それにしても豪華なセレモニー!生バンド演奏。曲芸。火を噴く人?ピエロ。そしてウェイターがドンドンお酒持ってきてくれる。最高ぉー!!最後はこのショールームを統括するドイツ人?のプレジデントが挨拶。多分紙に書いてあることを棒読み。逆に分かりやすいスペイン語笑
---結局、夜の12時過ぎまで飲み。イベントに来ていた、地元の教師、美容師さんとおしゃべり。なんとかスペイン語でおしゃべり。哲学の話?!。。難しいなぁ。。
---帰りはバスで乗り換えの後のバスが捕まらない。。通りに殆ど人がいない。バス停で待ってる人に、後何分でバスが来るか聞こうとするも、、後ずさりしてバス停から離れていく。何で??で、もう一度聞いてみる?!で、笑い話ジャパニーズ・マフィア。どうも「危ない人」と勘違いされたらしい笑、10分くらいで来るってことだったけど待ちきれず結局歩いて宿まで帰る。

[1575] 8/30 (金) - [1587] 9/11 (水) 暑かったり寒かったり。
---ユキさんが日本に里帰りの間、民宿らぱちょでお留守番。管理人をすることに。掃除、洗濯、ゲストお金管理、朝食準備、、、ベットメイキングなどなど。。
---暇なときは、読書。この時期はあまり旅行者が来ないみたい。。

【主なイベント】
[1578] 9/2 (月) 晴れ
---ヒデさんと一緒に日本大使館へ。パスポートを新規に申請。増補したパスポートのページも後見開き1ページで限界。来週の月曜日9日に出来るとの事。

[1579] 9/3 (火) 雨のち晴れ
---昼頃ユキさんとマナちゃんが日本に2週間ほど里帰りのためアスンシオンを出発。いってらっしゃい!夜行バスで、アルゼンチンのブエノスアイレスまで行って、そこから飛行機で日本へ。パラグアイからアルゼンチンで闇両替の方がチケットが安い。気をつけて!
---ユキさんが留守の間、民宿らぱちょの管理人をすることに。

[1585] 9/9 (月)
Asuncion → 市街 3.13km → Asuncion 民宿らぱちょ
(Vmax:66.8 Mt:6min hmax:199 TA:77 ODD:221146.39)
[フロントタイヤパンク修理]: Asuncion
[フロントチューブ新品交換]
---朝、日本大使館へ。新規パスポートを受け取り。高い。。842,000グアラニーは約200ドル。アルゼンチンの闇両替して申請すれば安かったのにと後悔したけど、1週間も待ちたくない。致し方なし。
---パスポート受け取りの後に、日本食食材店のサクラへ。パラグアイの味噌、納豆、豆腐、梅干を購入!日本食だ!!お昼は、精進料理?!でも、納豆。。微妙。不味くないけど、、粘りが粘ってるけどサラサラ何だよなぁ。。何かが足りない。豆腐も風味があまりしない。。これも何か足りないんだよなぁ。。何だろう。
---バイクを3台停められなかったので、バイクをお知り合いのヒラタさんのお家のお庭に置かせてもらっていた。引き取りに伺う。でもフロントタイヤがパンクしてる。お庭で直させてもらう。リム側に小さなスネークバイト。謎。どう考えても穴が空きそうに無いリム側に穴。ニップルを覆うカバーも破れも無いし。全く謎のパンク。新品チューブに交換。

サルタで再びバイク修理、レシステンシアへの道

2013-09-12 Thu 08:29:31

[1568] 8/23 (金) 曇りのち晴れ
Bolivia Potosi → Bolivia Tupisa 458km 国境 Villazon → Argentina Tres Cruces 野宿
(Vmax:103 Mt:5h45min hmax:4276 TA:4816 ODD:219642.5)
[ガソリン給油]: Bolivia Tupisa (QTY:21.6 OCT:- PRC:5 ODD:219439.45)
[ガソリン給油]: Bolivia Villazon (QTY:5.36 OCT:- PRC:3.74 ODD:219526.7)
---気持ちも新たに出発!約4週間いたポトシともお別れ。さよならポトシ!
---走り出して、直ぐに気づく!パフォーマンスが全然違う!!エアクリーナー取り外して走っていた時よりも、新品エアクリーナーにウォーターポンプに交換しただけで、4000m以上の標高で、低速急坂でも、軽くドンドン登っていく!凄い!多分、大分前からウォーターポンプが壊れてて、オーバーヒート気味で走っていたせいで、エンジンのパフォーマンスが発揮されていなかったのかも。メッチャ気持ちがいい!
---幹線道路を南下。以前ウユニ塩湖に行ったときに通った国境ビジャソンを目指す。トゥピサで昼食を取って、ガソリンを入れたときに気付く。バイクから不凍液の匂いが立ち込めてる。。何かがおかしい?見えるところ、、、サーモスタットの割り面から水が漏れてる!!割り面を面倒でシール交換してなかったのが原因だ。。今のところリザーブには水残ってるので、サルタで交換しよう。
---アルゼンチンとの国境の町。ビジャソンの街に到着。アルゼンチンの方がガソリン高いので、ビジャソンの町で燃料給油。運よくローカル価格で入れられた。
---国境に到着して、闇両替。1USドル=9!!アルゼンチン・ペソ。3ヶ月前?!は、1ドル=8ペソ。去年12月にブエノスアイレスに到着した時のレートは、1ドル=6.4ペソ。ペソの価値がドンドン下がってる。2002年の二の舞がソロソロ近づいてる?!
---イミグレ長蛇の列。丁度、長距離バスのお客さんに当たってしまった。ボリビア、アルゼンチン側で合計45分かかり、、
---バイクのペルミソ一時輸入許可証を、アルゼンチン側の税関へ。どうもワイロ好き係官に当たってしまったっぽい。「今年の1月24日の○×国境のペルミソがキャンセル、返却されてないよ!」っとイチャモンをつけられる!「そんなの私のせいじゃない!そもそも、あなた方アルゼンチン税関の責任でしょ!全ての国境に、キャンセルする為の通信環境とシステムが無いのが問題だ!私は何時も何処の国境でも、バイクは届け出てる!」パスポートのアルゼンチン出国スタンプを見せる。今度は「アルゼンチンの自動車保険は?」と切り返し。正規のアルゼンチンのバイク保険を提示。「これは本当に保険??」「これはアルゼンチンで一番有名なバイクの保険ですよ!知らないんですか??」、、「うーん」「うーんじゃねぇよ!」最悪、バイクに積んである全部荷物の中身を開けられると面倒だけど、向こうも面倒になったらしく、ほぼノーチェック。お礼を言って晴れて国境を越える。
---国境を越えると、もう夕方の5時過ぎ。以前ブッシュキャンプしたポイントへ。トレス・クルセスの「悪魔の喉」が見える場所で野宿。

[1569] 8/24 (土) 曇りときどき晴れ
Tres Cruces → Humahuaca 277km → Salta Camping Municipal Xemana 野宿
(Vmax:99 Mt:3h45min hmax:3635 TA:1313 ODD:219920.19)
[チェーン給油]: Tres Cruces
[タイヤ圧確認]: Tres Cruces
---久しぶりの野宿明けの朝!そんなに寒くも無く心地よい。やっぱり気持ちがいいなぁ!
---一気にサルタを目指す。途中、幹線道路を外れて?でも国道の峠道へ。ほぼ車1.5台分に道幅しか無い舗装の峠道をショートカットしてサルタの街へ。
---今日は土曜日で、お店が殆ど閉まってる。その中のバイク街のお店の一つで、新品タイヤをチェック。高い!そして、大型ショッピングモールで食料買出し。また野宿に自炊生活の始まり、以前泊まったサルタの郊外のキャンプ場にチェックイン。受付のオバちゃん自分の事覚えてくれてた!早速お目当てのスポットへ。電源が取れる場所にテントを張る。

[1570] 8/25 (日) 晴れ
---朝起きて、早速サーモスタットの水漏れをチェック。燃料タンクを外して、、うん?!Vバンクの底にクーラントが溜まってる!アンダーガードにも水漏れの跡?!そこら中から水漏れ。。あぁああ??どー言うことだ。。
---結局、サーモスタットの割り面は勿論、前後シリンダーヘッドのウォータージャケットに繋がるウォーターパイプ部、ウォーターポンプカバーに繋がるウォーターパイプ部に水漏れ。確認できる限りで4ヶ所。オーストラリアで交換した前後バンクを繋ぐパイプのシールは問題なさそう。スペアパーツで、ウォーターポンプカバーに繋がるウォーターパイプのシールのみ予備で持ってない。28mmOリングだ。
---隣のアルゼンチン人のバイカーに聞いてみる。オレオ・イドラウリカかフェレテリアなら置いてあるはずとの事。でも今日は日曜日で、お店は閉まってるので、明日月曜日にならないと動けない。。

[1571] 8/26 (月) 晴れ
Salta → 市街 22.4km → Salta Camping Municipal Xemana 野宿
(Vmax:92.8 Mt:38min hmax:1223 TA:137 ODD:219942.55)
[サーモスタット部ハウジング割り面Oリング新品交換]: Salta
[ウォーターポンプ部ウォーターパイプ接続部Oリング新品交換]
[前後シリンダーウォータージャケット、ウォーターパイプ接続部Oリング新品交換]
[ラジエータークーラント新品交換、リザーバータンク給油]
[右フロントフォークブーツ中古交換]
[チェーン給油]
[前後タイヤ圧調整]
---昨日、水漏れしているところは綺麗に清掃。バイクで試走しながら、もう一度確認。キャンプ場近くに、汎用機械を扱うお店がズラリと並ぶ通りへ。早速一件目で、カウンターにOリングが陳列されてる!おぉ!早速内径28mmのOリングは、太さが3種類全部購入。1ドル。未だ取り外してないから、線形が分からない。
---不凍液も大型スーパーで新品を買いなおし。ポトシの時はクーラントを水道水で割ってたけど、しっかり純水で割ることにする。純水も購入。念のため。
---早速 キャンプ場に戻って修理開始!4ヶ所のOリングを新品に交換。結局、燃料タンク、エアクリーナーボックス、キャブレターを外してやり直し。ついでに、右フロントフォークのブーツを中古に交換して、作業終了する頃には日没前。念のため、数キロ、幹線道路の直線をスピードを出して試走。キャンプ場に戻って、ラジエーター・ファンが回るまで暖機して、交換部分を確認して、漏れなし!今度こそ直った!

[1572] 8/27 (火) 晴れ
Salta → Joaquin V.Gonzalez 413km → Monte Quemado 野宿
(Vmax:101 Mt:5h5min hmax:1338 TA:1453 ODD:220355.54)
[ガソリン給油]: Monte Quemado (QTY:31.91 OCT:95 PRC:7.833 ODD:220171.51)
---サルタのキャンプ場を出発!パラグアイのアスンシオンへバイクを向ける。
---眠い!舗装の直線が永遠と続く。途中、休憩でバイクに体をヨタレかかったまま1時間ほど眠ってしまった。久しぶりに気温も上昇。丁度良い陽気。
---モンテ・ケマドのガソリンスタンドで休憩して、数キロ先に進んで、幹線道路ど平行して走っている線路との間の林の中へ。野宿。

[1573] 8/28 (水) 晴れ
Monte Quemado → Resistencia 529km → Gral L.V. Mansilla 野宿
(Vmax:112 Mt:6h45min hmax:230 TA:1156 ODD:220886.81)
[チェーン給油]: Resistencia
[タイヤ圧調整]: Resistencia
[ガソリン給油]: Resistencia (QTY:29.45 OCT:95 PRC:8.489 ODD:220775.59)
---永遠と続く直線。サルタから来て最初の一番大きな街、レシステンシアで燃料給油。大型スーパーで食料調達して先へ。この辺りは、湿地帯?湿度が高い。何度か幹線道路をそれて野宿出来る場所を探すも、柵に囲まれてて、ブッシュに入っていけない。入っていける所でも、やっぱり湿地みたいでテントをはれる場所が無い。一度牧場でキャンプさせてもらえないか聞くも断られる。で、結局、暗くなってから農道脇にテントを張る。。

ボリビア・ビジャソン国境を越えて、以前野宿したトレス・クルセスで再びブッシュ。


サルタで再び水周りの修理。
サーモスタットの割り面のOリングを交換。


サルタのキャンプ場で修理中。


ウォーターパイプのOリング3箇所交換。


前後バンクのシリンダーのウォータージャケットにウォーターパイプが繋がる2箇所。


ウォーターポンプカバーにウォーターパイプが繋がる箇所。


アルゼンチン・レシステンシアからクロリンダ間。農道脇で野宿。

自分を見つめなおす、ポトシにて。

2013-08-23 Fri 09:35:39

今までの旅の軌跡。新たな旅の始まりです!


[1554] 8/9 (金) - [1563] 8/18 (日) 晴れ
---日本からの荷物を待っている間は、読書をすることに決める。結局、自己啓発本等々を中心に17冊読了。自分を見つめ直す良い時間になった。

お恥ずかしながら
【読了リスト】
01.「原因」と「結果」の法則/ジェームス・アレン 著/坂本 貫一 訳 【2回】
02.As a Man Thinketh/James Allen 著
03.自分に気づく心理学/加藤 諦三 著 【3回】
04.今日は心をみつめる日。/衛藤 信之 著 【3回】
05.こころの処方箋/河合 隼雄 著
06.うまくいってる人の考え方/ジェリー・ミンチントン/弓場 隆 訳 【2回】
07.道をひらく/松下 幸之助 著
08.雑談力が上がる話し方/齋藤 孝 著
09.「心が凹んだとき」に読む本/心屋 仁之助 著
10.性格は捨てられる/心屋 仁之助 著
11.ずっとやりたかったことを、やりなさい。/ジュリア・キャメロン著/管 靖彦 訳
12.スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴンヒガル著/神崎 朗子 訳
13.奇跡のリンゴ/石川 拓治 著
14.「農業」という生き方/永峰 英太郎 著
15.ゼロからでもできる農業のススメ/常瀬 村泰 著
16.カッコ悪く起業した人が成功する/鈴木 健介 著
17.起業・開業手続き・許認可のしくみがわかる辞典/大門 則亮 監修

---ヘレンに日本からの荷物の事を手伝ってもらう。税関関係、代わりに電話してもらったり。事務所に通って、みんなと色々話したり、一緒に食事に行ったりして過ごす。結局ケチュア語は「パチス=ありがとう」「カチャ・ワウア=良い人たち」「サクー=レッツ・ゴー=待て(ヘブライ)」「アンタ=パン」のこの四つを覚えた。。
---DHLの荷物追跡を見ながら気を揉む。。DHLに何度も電話するも、そのたびに言うことが違う。最初は、Form170が必要 → いや必要なし → Form170の番号のみ必要 → Form170のコピーをメールで送って、、、一貫せず。結局、税関に入って3日間は通関できずに土、日を挟んでしまい結局、月曜日には6日目に。。そして、、

【主なイベント】

[1558] 8/13 (火)
---宿のオーナーのお友達、旅行会社アミーゴス・デ・ボリビアのヘレンを紹介してもらう。ヘレンにDHLに電話してもらうと、日本からの荷物を受け取るのに、パドロナミエント!Form170輸入者の登録が必要になるとの事で、またも税関に。で、必要書類が、パスポート、バイクの登録証書、バイク壊れた証明、一時輸入許可証とその延長書類、そして日本で住んでる場所の地図をグーグルマップで!のコピーが必要とのことで、時間も税関が閉まる5時半、明日に出直すことに。

[1559] 8/14 (水)
---朝8時に税関に行って、Form170を取得。それをDHLに電話すると、書類要らないと言われる怒!!訳が分からない。

-------------------------------------

[1564] 8/19 (月) 晴れ
Potosi ::: (車中泊)
---結局、DHLにまた電話入れると、今度はForm170のコピーをメールで送って欲しいとの事。その前の前まで、必要ないとか、番号だけでいいとか、いい加減なこと言って。もう全く信用できない。埒が明かないので、夜行バスで、首都ラパスまで行くことにする。
---アミーゴスのヘレンに夜行バスを取ってもらって、夜の9時に宿を出発。中央市場からタクシーに乗って、新バスターミナルへ。カマ、セミカマ(リクライニング寝て行ける)でなく一番安い30ボリ(約400円)の普通のバスで一路ラパスへ。

[1565] 8/20 (火) 晴れ
::: La Paz ::: El Alto Int. Airport ::: La Paz ::: (車中泊)
---朝8時にラパスのバスターミナルに到着。
---早々に、ラパスに数軒あるDHLのオフィスの一つに歩いて向かう。女性の受付の人に、事情を話をする。「どうでも良いから、自分の荷物が何処にあるか、正確な場所を教えて!」と言っても、30分ほど待っても、全く電話も調べる気配も無し。コイツも埒が明かない。男性の受付の人に、もう一度言うと、調べてくれて、結局、未だに荷物は空港の貨物ターミナルにあることが判明。
---直ぐにコレクティーボを捕まえて、エル・アルトにある空港へ。貨物ターミナル内にDHLのオフィスがあって、そこを尋ねる。
---自分の荷物担当の係員。謎、結局、たった2時間あれば出来る仕事を、何故7日間も放置していたのか??全く理解に苦しむ。パソコンのシステムで簡単に、ほんの10分で入力して、終了?関税は申告額から換算されて、税関じゃなくて、DHLがシステムに入力して決められるようだ。そして自分で、税関に行って、関税を払って、その後、貨物ターミナルの保税倉庫まで行って、自分で荷物をピックアップ。しかも、DHL取り扱い手数料と称して、250ボリ(約3500円)を取る。領収書は出るけど全く納得がいかない!お金取るだけ。関税125ボリ(約1700円)より高いって何?
---もうDHLは使わない。多分EMSの方がまだマシ。一番いいのは、首都の空港の貨物ターミナルに張り付くのが一番早く荷物を受け取れる方法だろうか。
---もう昼1時半。日本食食べたい!!荷物受け取って、空港からコレクティーボを捕まえて、日本食レストラン「けんちゃん」に直行!2時半で昼の部が終わってしまう。
---早速、トルーチャちらし寿司を注文!旨い。安らぐわぁ。最近、ポトシでワンパターンだったからなぁ。
---食べ終わって、フラフラしながらムリリョ広場近くの喫茶店に入ってネット。その後、何時もの15分間走ムリリョ広場を周回して、ラパスのバスターミナルへ。同じバス会社が夜9時にポトシ行きのバスを運行している。チケットを買って待つこと2時間。バスに乗り込み、一路ポトシへ戻る。

[1566] 8/21 (水) 晴れ
::: Potosi Hostal Compania de Jesus
[水ギャラリー、フラッシング]: Potosi
[サーモスタット新品交換]
[ラジエーターキャップ新品交換]
[ウォーターポンプ新品交換]
[ウォーターポンプシール新品交換]
[ラジエータークーラント交換、リザーバータンク補給] (QTY:Clt-1L,Wtr-1L 2Ltotal -37-+129 degreesC Prestone)
[オイルクーラー〜フィルター間、オイルシール新品交換]
[オイル交換] (QTY:2.4L PRC:70 ODD:219184.03 Motul 4T 5100 15W-50)
[キャブレター吸気口、バキュームバルブ部清掃]
[エアクリーナーボックス清掃]
[エアクリーナーボックス、リアバンク側ファンネル接着剤固定]
[エアフィルター新品交換]
[右フロント、リア、ブレーキピンキャップ新品取り付け]
[リアブレーキランプ・バルブ新品交換]
[チェーン給油]
[タイヤ空気圧前後調整]
---朝の7時半に、ポトシの新バスターミナルに戻ってくる。はぁ疲れたぁー。それにしても、30ボリ(約400円)で約700km超移動出来るなんて、ボリビアって移動費安いなぁ!一番安いバスでも、日本にある普通のバスと乗り心地は変わらない。ただ、暖房が効かないから、寒い!!車窓から見る景色が綺麗だった!丁度、満月で月明かりに照らされた荒涼とした大地が神秘的だった。
---バスターミナルからコレクティーボを捕まえて、街の中心まで戻ってくる。そして宿へ。疲れたぁ。ただいまぁ!宿のオーナー出るときに「ラパスのバスターミナルの周りはスリが一杯だから気をつけて!」とか「バスの中は寒いから毛布持っていったほうが良いとか」色々気にかけてくれて、荷物もって帰ってきたときも、凄く喜んでくれて。何だか嬉しい!
---早速、宿で朝食を食べて、直ぐに報告にヘレンの旅行会社に。でもヘレンいま忙しいみたいで挨拶だけして、事務所を後にして、エンジンオイルを買いに。ウォーターポンプ結局、オイルクーラーを外さないと、外れないので、オイルも空の状態。バイク屋さんで、モチュールのエンジンオイルを3L購入して宿に戻って、修理開始!
---水周り回路の、ラジエーターキャップ、サーモスタット、そしてウォーターポンプを交換。一応、軽くフラッシングして組み付け。
---標高高くてバイク前進まなかったので、エアクリーナーを外して走行してたので、インテーク周りを綺麗に清掃。エアクリーナーボックス内、キャブレターのバキュームバルブとその通路等。
---何とか暗くなる前、夕方6時半にほぼ作業終了。エンジン一発でかかって、その後はクーリングファンが回るまで暖機。水温計もほぼ正常に作動している。下回り、オイル、水の漏れも見当たらない。直った!
---この二日間は、夜行2連続で、まともに寝れてなかった。シャワーを浴びて、洗濯をして、部屋の中を少しあと片付け。そして、直ぐに睡魔が。。zzzz

[1567] 8/22 (木) 初めて曇り!暖かい
---朝9時に起床。朝食を食べて、残り作業。バイクのアンダーガードの取り付け。両パニアケース内の荷物、スペアパーツの整理。ブラジルの燃料対策に買った一寸缶2つを両サイドパニアに積む。そんなこんなで昼過ぎ1時に。
---昼のメニュー、前菜、スープ、メインにデザートが付く行き着けのレストランに食べに行って、宿に戻って、荷物整理。大まかにパッキング。その後はブログを書く。
---夕方、ヘレンの事務所へ。お礼に!お茶飲みながらエンパナーダを食べながら、色々おしゃべり。そしてお別れ。本当に色々助けてくれて、ありがとう!
---宿のオーナーも、今日から来月9日まで、長期休暇らしい。あいさつに来てくれた。本当に感謝!良い休暇を!


終に!日本からの荷物を受け取り!ラパスにある「けんちゃん」の、トルゥーチャちらし寿司!旨い!


ラパス市街。夜行バスでポトシへ。バスターミナルに向かう途中。


そして!!そして!終に!!愛しのウォーターポンプをインストール!





明日 8/23 (金) ほぼ4週間滞在したポトシともお別れ。そして久しぶりにバイクに跨る!多分5,6日かけて、アルゼンチン経由で、パラグアイのアスンシオンへ!!