Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[写真]ゴビからロシアへ帰郷?

2008-07-30 Wed 21:02:01


70km/hくらいで走行中にフロントがリム打ちパンクし操縦不能になり転倒。。。
右足負傷。腫上がって痛みはあるものの歩けるので問題なし。
バイクのフロントライトステーが3分割に折れる。
フロント周りがグラグラになりとりあえずガムテープで応急処置。
ウランバートルまで戻って修理してもらう決心をして
ゴビ砂漠へ行くのをあきらめる。。。ゆるしてください!自分に対して。。





フロントタイヤチューブ交換。スネークバイト跡あり。
もっと路面に注意して走らないな。





枯れ果てた川?かな。
至る所に存在する。
この川を越えるのは危険!
止まったら最後、深い砂で抜けられなくなる。
マンダルゴブに戻る道にて、GPS見ていても
同じ道を通るのは困難だ。






川?を越える途中立ちゴケ。。。ヤバイ。





案の定バイクを起こすもご覧の通り。
一旦バイクを横に倒して引き出す作戦で何とか脱出!!






路面の良い所までバイクを移動し荷物を積む。
いったい何回この作業を繰り返したことか。。。





腫上がった後アザになる。痛いよ。。。
なんとかマンダルゴブのホテルGOBIまで戻ってくる。





ウランバートル郊外で
トレールランニングの大会に偶然遭遇。
1時間前にスタートしたとの事で飛び入り参加できなくて残念。
ハーフ、10km、5km、2kmの部がある。





途中でSUZUKI RMX250に乗ったアカさんに出会う。
ガス欠で止まっていたところを助ける。
田舎のほうにツーリングに行って帰ってくる最中だった。
アカさんは日本語が堪能で
埼玉の川口に住んでいたことがあって
3年間バイク屋さんで修行をしていたとの事。
そしてモンゴルに自分のバイクショップを開いた。

自分のフロント周りのステーを溶接できないか尋ねると
出来るとのことでお願いすることに。
またウランバートル郊外にOASISなるドイツ人が経営する
世界のバイカーが集まるゲストハウスを教えてもらう。
OASISの経営者とアカさんは友達とのこと。
良くバイク修理にOASISに行くらしい。

翌日アカさんの知り合いでダキさんを紹介してもらう。
フロント周りステー壊れた状態。。。





ダキさんと。
手前の人がアカさん。





溶接の設備。旋盤なんかもあったりする。
自分でバギーのフレームも作ったりするとのこと。
腕はかなり良い!!





モンゴル北京ラリーにKTMで参戦する
モンゴルNo1ライダーのボルドバートルさん。
たまたまダキさんの工房でKTMの仕立てをしていた。
多くの日本人がこのラリーに参戦するらしい。





ゲストハウスOASISにて





バイクの修理も完了しウランバートルを出発!
北モンゴルの観光スポットAmar bayasglant に向けて。
何だろ?





Amar bayasglant への道入り口にて
早速立ちゴケ。。。起こした後。





4回は川を越えないと辿り着くことが出来なかった。。。
到着すると観光客はモンゴル人の女性一人だけだった。





Amar bayasglantに到着。全景。





Amar bayasglant 内





何だかわからないが鬼??





メインのお堂ないで
若いモンク達がお経を唱えていて
30分ほど観賞。
子供のモンクと一緒に。





お堂内。





祈る。





帰り道。。。川を越えないとと思うとチョット憂鬱に。





案の定川の出口で転倒。





またいつもの作業を繰り返し何とか復帰。





この後、町のホテルに泊まり
ロシア・モンゴル国境に向かう。


[走行軌跡]ゴビからロシアへ帰郷?

2008-07-30 Wed 19:45:39

7/26 曇りのち晴れ
Daranzadgad → 300km → Mandalgov Hotel Govi
(Vmax:84.4 Mt:5h38min hmax:1617 ODD:6900.79)
[チェーン給油]: Daranzadgadブッシュキャンプ
---リアタイヤ砂に埋まる


7/27 晴れ強風
Mandalgov → 288km → Ulan-Bator ゲストハウスOASIS
(Vmax:90.7 Mt:4h50min hmax:1691 ODD:7188.88)
[ガソリン給油]: Mandalgov (QTY:28.4 OCT:92 PRC:1340TRG ODD:24541.9)
---ひたすらウランバートルに向けて北上
---偶然モンゴルウランバートル国際マラソンに遭遇。発走1時間後で参加できず。
---バイクショップ経営のアカさんに遭遇。ガス欠のところを助ける。
---世界のバイカーが集まるゲストハウスを紹介してもらう。


7/28 晴れ
Ulan-Bator → 36.9km → Ulan-Bator ゲストハウスOASIS
(Vmax:78.2 Mt:1h21min hmax:1466 ODD:7226.21)
[ライトステー溶接修理]: Ulan-Bator
---アカさんの友人のダキさんにフロントライトステー溶接修理してもらう。

7/29 晴れ
Ulan-Bator → Amar bayasglant 514km → Darhan Hotel Crystal
(Vmax:109 Mt:8h13min hmax:1575 ODD:7739.74)
[ガソリン給油]: Ulan-Bartor (QTY:16.4 OCT:92 PRC:1220TRG ODD:24871.4)
---浅い川の中ほどで立ちゴケ。Amar までの道が険しい。幹線道路から60kmの場所
---Amar Monastory を観光。

[写真]マンダルゴブからダランザドガド、ヨリンアム

2008-07-25 Fri 19:37:12


ホテルGOBI の経営者の息子さんチンゾゴさん
仕事は哲学者とのこと。。。哲学じゃ仕事にならないと
今はホテルのお手伝いをしている。
4年間ウランバートルで哲学を学んで実家に帰ってきた。
Mandalgov ホテルGOBI 駐車場にて




ゴビ砂漠への道は険しい。。。何回も立ちゴケ転倒を繰り返す。

>


Mandalgov に程近い道端にて





Newテント初試し。一人だとデカイ。。。立てやすさと居住性は抜群!
モンゴルは何処ででも気兼ねなくキャンプできるから最高!




GOBIホテルのレストランの食事。
ご飯に羊の肉の炒め物??
ペットボトル2L3本に水を入れてもらう。





道なき道をGPS頼りに進んでいると
何かの骨の残骸が。。。チョット不安になる。





やっちゃった
枯れかけた湖に近づいたら沼にはまって出れなくなる。。。
これは駄目かも。。。





何かの頭の骨をリアタイヤの前に噛ませてみるが
まったく持って効果なし。





いったんバイクを横に倒してリアキャリアを引っ張りバイクを引き出し
アクセルをOFFにせず止まらずに進んだら
何とか脱出できた!!ふぅ〜もう駄目かと思った。。。
教訓!!
沼、湖??の近くには近寄るべからず。




ダランザドガドまで約100km手前の小さな町にて





ダランザドガド手前約50km手前で野宿。




中国製のバイク。ウランバートル以外はほとんどこの中国製バイクしか走っていない。





Yolyn Am に行く途中お茶をご馳走になる。
ロシアのチタからこのモンゴルに移住してきたとの事でロシア語がしゃべれる。
また共産時代に昔の人はモスクワにロシア語の勉強にいっているので
ロシア語がしゃべれるらしい。





Yolyn Am 入り口にて。
ウランバートルのゲストハウスで一緒だった
デンマークのマリーと偶然再会!!
後ろからトヨタのハイラックスでやってきて声をかけられる。
こんな偶然ってあるんだなぁ。





ラクダに乗る。かわいい!!
甲高い声でなく。





峡谷へ向かう道。徒歩で。





徐々に狭くなっていく。





到着!ほとんど雪?氷は残っていなかった。。。
観光地だけに途中の道端で郷土のおみやげを売っていたりした。






この後ゴビ砂漠にむけて出発。

[走行軌跡]マンダルゴブからダランザドガド、ヨリンアム

2008-07-25 Fri 16:49:13

7/23 晴れ
Mandalgov Gobi Hotel → 102km → Mandalgovブッシュキャンプ
(Vmax:73.9 Mt:2h22min hmax:1569 ODD:6005.33
[チェーン給油]: Mandalgovブッシュキャンプ
[ガソリン給油]: Mandalgov (QTY:20 OCT:92 PRC:1320TRG ODD:23527.2)
---ダランザドガドに向かう。
---立ちゴケでガソリン漏れる。


7/24 晴れ
Mandalgov → 394km → Daranzadgadブッシュキャンプ
(Vmax:89.8 Mt:7h30min hmax:1569 ODD:6399.56)
[ガソリン給油]: Mandalgov (QTY:16.5 OCT:92 PRC:1270TRG ODD:23754.6)
[チェーン給油]: Mandalgov
[チェーン1コマ調整]: 途中
---ガソリンが少なくなり、マンダルゴブに戻り再度ダランザドガドに出発。

7/25 晴れ
Daranzadgad → Yolyn Am 201km → Daranzadgadブッシュキャンプ
(Vmax:78.9 Mt:4h59min hmax:2387 ODD:6600.48)
[チェーン給油]: Daranzadgadブッシュキャンプ
[ガソリン給油]: Daranzadgad (QTY:18.4 OCT:92 PRC:1360TRG ODD:24068.2)
[Fタイヤチューブ交換]: Yolyn Am
[タイヤ空気圧調整]:Yolyn Am
---初キャメルライディング
---ヨリンアムを観光
---ヨリンアムから帰る途中フロントリム打ちパンクで転倒足痛める
---フロントライトステー破断。ウランバートルに戻ることを決断

[写真]ウランバートルからマンダルゴブ

2008-07-23 Wed 13:09:56

GPS無いと多分モンゴルは無理だ。。
道も無いに等しい。
計画されて道を作ったというよりも
人が通ったら道になった。。みたいなイメージです。
川を越えないとならない場所も。




道ないっす!どっちに進めば。。。





ひたすら周りは草原。




ガンボルトさん家族と一緒に
羊を追う。
羊の首を縄で知恵の輪のように縛っていき動けなくする。
そして羊の乳を絞る。




乗馬初体験!!



ガンボルトさん家族と
赤いバイクの右どなりの人がガンボルトさん。
大家族で何人いるか分からない。。。
名前を覚えるのも難しい。




マンダルゴブから先ゴビまでは道が良いとのことで
信じて前に進む。




さてどっち??




道を羊や馬やラクダが占拠!




さすがにこのサンド路面はクリアできないよ。。
迂回しようと思ったら立ちごけ。。。




もう疲れ果てビールでも飲まないとやってられない!?
ということで自分へのご褒美!
ホテル内レストランにて。




ホテルゴビ外観。着いたら暗くなる寸前だった。