Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[写真]キンシャサ、マタディへの道

2009-07-14 Tue 01:42:40

ザイール川を渡る。キンシャサから来たフェリー。


かわいい犬。


マタディ、アンゴラへ向かう道。


マイケル・ジャクソンがねぇ?


とあるミッションの看板。キンシャサ市内ミッション・カソリック200以上あるらしいことが判明。。。


ダメ人間の行く末。ミッションカソリックにて。

キンシャサ、マタディへの道

2009-07-11 Sat 22:10:46

7/5 曇り時々晴れ
---街のカフェでWIFIインターネット。
---秘密の書類を翌朝5時までかけてPCで作成。この書類の作り方でマイクともめる。

7/6 曇り時々晴れ
---秘密の書類、最後の詰め。ネットカフェでプリントアウト。昼過ぎまでかかる。
---相変わらずビリヤード練習。ダラダラ過ごしてしまった。。。
---怠け癖がついてしまったなぁ。。。。。。

7/7 曇り
Congo Brazzaville → DRC Kinshasa 72.4km → DRC Kasangulu Hotel
(Vmax:93.5 Mt:59min hmax:586 ODD:61823.33)
[ガソリン給油]: Brazzaville (QTY:20.17 OCT:- PRC:595XAF ODD:61751.85)
---コンゴ(ザイール)川を船で渡りコンゴ民主共和国の首都キンシャサに到着。イミグレ、税関特に問題なし。6、7時間かかる。面倒等々、噂で聞いていたけど2時間程度で終わる。
---キンシャサ市内にあるミッション・カソリック(宿)を探して彷徨う。
---キンシャサ市内にある教会サンルイ前で大きな群集(デモ隊?)が。教会のミッションで宿泊できるか訪ねたい。。
---群衆の中へ強行突入!!マイクも後を追う。群衆から「ニイハオ」コールが沸き起こる(だから俺は中国人じゃないって!!)バイクを群集に倒されること2度。走っている最中、引っ張る、叩く、殴る、蹴るの嵐。一般市民が追い剥ぎに変わる。「金よこせ!」「食い物よこせ!!」
---アクセル全開。群集から脱出。マイクを見失う。。。
---街を彷徨っていたら、メインロードでマイクと奇跡的にも再開!マイクも同じ目に。。
---キンシャサを離れ市内から60km離れた街のホテルへ。道中バーでビール。
---後々聞いたら、DRCに多大な貢献をした有名なコメディアンが亡くなって彼が埋葬された日だったとの事。マイケル・ジャクソンとくしくも同じ日。

7/8 曇り時々晴れ
Kasangulu → Matadi 568km → Pont Lukusu 野宿
(Vmax:107 Mt:8h9min hmax:743 ODD:52392.45)
[チェーン給油]: Kasangulu
[タイヤ圧調整]: Kasangulu
[ガソリン給油]: Matadi (QTY:17.98 OCT:- PRC:835F ODD:62392.45)
---アンゴラとの国境の街、マタディに向けて南下。
---マタディのアンゴラ領事館へ。アンゴラのトランジットビザについて訪ねる。
---領事がキンシャサに出張中で来週の火曜日にならないとビザの申請が出来ないと言われる。ヤウンデで会ったロドリゴもマタディでのビザ取得を諦めキンシャサに戻ったとの事。
---キンシャサに戻ることを決断。明日は木曜日。申請できたら、金曜日には発給できるとのこと。なるべくキンシャサの近くまで行きたい。
---この旅で2番目に長い距離を走る。移動時間最長。。中国の道路建設現場の敷地で野宿。

7/9 曇り
Pont Lukusu → 131km → Kinshasa Centre Lasallien de Kinshasa 野宿
(Vmax:92.8 Mt:3h hmax:655 ODD:62523.36)
---朝早く出発。キンシャサのアンゴラ大使館に8時半に到着。
---アンゴラ大使館へ木曜日はビザの申請はやっていないとのツレナイ言葉。。。なんだよ。もう。。。
---キンシャサ市内へ宿探し。ミッション・カソリックに宿泊したい。
---サンルイ、サンタ・デ・ミハエル、サンタ・デ・ウガンダ。。。何処も宿泊は不可とのこと。。ある教会であったミハエルがキャンプできるミッションまで連れて行ってくれて、しかも場所の交渉までしてくれた。感謝。敷地内でキャンプ。無料。助かる。コンゴ、DRC、物価が高い。
---街のバーでビール、夕食の買出し。自炊。7時には就寝。

7/10 曇り時々晴れ
Kinshasa → 市内 41.7km → Kinshasa Centre Lasallien de Kinshasa 野宿
(Vmax:76.9 Mt:1h42min hmax:316 ODD:62565.19)
---再度アンゴラ大使館へ。ビザ申請に在DRC日本領事館からの推薦状が必要との事。。マタディじゃ必要ないのに。。
---在DRC日本領事館へ。推薦状の発給をお願いする。色々と忠告を受ける。「警察の静止を無視した人が射殺された」とか「副大統領の??も亡くなって明日埋葬される日で、午前中は出歩かないように」とかとか「一刻も早くDRCから出て行ったほうが良い」とかとかとか。気をつけよう。
---結局、アンゴラビザ取得の為の推薦状は早くても月曜の朝にならないと発給できないとの事。。。マタディには戻りたくない。
---ロドリゴからメールが届く。まだキンシャサ市内のあるミッション・カソリックにいるらしい。また彼が市内で追い剥ぎにあったらしく色々盗まれたらしい。。。
---ロドリゴを探しにメールにあったミッションを訪ねるも今日の朝、街を離れたらしい。
---マイクも一緒にアンゴラ大使館や日本領事館まで付いて来てくれて、長い時間待たせてしまった。。ありがとう。