Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

キコンゴロ、キガリへの道

2010-02-13 Sat 22:20:21



[600] 2/9 曇り時々雨
Burundi Bujumbura → 国境 Kayanza Haut 240km → Rwanda Nyungwe NP 野宿
(Vmax:95 Mt:4h21min hmax:2562 ODD:95688.56)
[チェーン給油]: Burundi Bujumbura
[タイヤ圧調整]: Burundi Bujumbura
[ガソリン給油]: Burundi Bujumbura (QTY:17.65 OCT:- PRC:1700Bfr ODD:95450.9)
---ルワンダに向けて出発。朝エリックが見送りに来てくれた!ありがとう!
---途中ブジュンブラの街でタイヤのチューブのパッチと接着剤を購入。タンガニーカ湖畔へ。見納め。そしてルワンダに向けて北上。舗装のワインディング。走っていて楽しい。アフリカ殆ど平坦でコーナーが無いから走るにはつまらなかったけど。
---国境を越えてルワンダに入国。そのままルワンダ第2の都市ブタレを通り過ぎてギコンゴロにあるムランビ・ジェネサイド・メモリアル(虐殺記念館)へ直行。
---小高い丘の上にある虐殺記念館。。一棟7部屋?三棟ある平屋の建物(学校の校舎だったらしい)に無造作(にならざるを得ない)にひたすら被害者のミイラが横たわっている。一部屋一部屋手を合わせて回る。部屋に入ると何ともいえない匂いが肺に入って、自分の息がその匂いに。。彼らは保存の為に石灰で塗り固められて真っ白。一体彼らを展示する意義とは。
---他、彼らが着ていた衣服など展示。丘の数箇所に彼ら被害者が埋葬されている。
---虐殺記念館を後にする。ギコンゴロの宿が高いのでそのまま次の目的地まで走り続ける。
---ニュングウェの森国立公園内でブッシュに入る。野宿。チンパンジートレッキング有名らしい。

[601] 2/10 曇りのち晴れ
Nyungwe NP → Kibuye 261km → Gisenyi Gest House La Sarvern
(Vmax:98.6 Mt:6h28min hmax:2541 ODD:95949.65)
[チェーン給油]: Kibuye
---キブ湖方面へ。チャンググまでの舗装酷い。舗装剥がれや深い穴が多数。中国の、、が今、穴を土で塞いでいるけど、その土が滑りやすい粘土質。走りづらい。
---ギセニに向かうキブ湖沿いを走るグラベルに入る。道&景色共に最高!
---途中キブエ手前の村で休憩。おぉ!ついにDRC以来のターボキング(ビール)に再会!ルワンダにもターボキングあるとは!アルコール度数の高い黒ビール。走りもターボに??
---キブエからまたギセニに向かうグラベルに入る。このあたり山の頂上、尾根から谷の急斜面まで茶畑。綺麗。ギセニに向かう舗装に出る手前には大きいお茶の会社が立っている。
---キブ湖沿いの街、ギセニに到着。綺麗な街だ。建物もモダン。湖畔のビーチも綺麗で今更に道、施設を整え中のようだ。そして良く白人が歩いている。チョットしたリゾート。
---宿の近くのバーで大学生のジュリアスたちに会う。ギセニから毎日国境を越えてDRCのゴマにある大学で金融経済について学んでいるとの事。ジュリアスたち3人で一部屋を借りて暮らしている。お誘いを受けてチョットお邪魔。バーから歩いて30分。。日本の貧乏学生の部屋と全く一緒(笑)失礼。でも見た目4畳半3人は結構キツイ。そしてマック&チーズ??卵かけご飯?ならぬご飯&煮豆を夕飯にごちそうになる。微妙な塩加減が旨い!
---ジュリアスたちは夕飯を食べて、プレミアのアーセナルVSリバプールを見にそのままバーへ直行。アフリカの人って本当にサッカー好きだなぁ。私は200km近くあったキブ湖沿いダートに疲れ果て宿へ。ジュリアスありがとう!

[602] 2/11 晴れ
Gisenyi → Ruhengeri 172km → Kigali Ururembo Guest House
(Vmax:95.8 Mt:2h59min hmax:2445 ODD:96121.64)
[チェーン給油]: Gisenyi
[タイヤ圧確認]: Gisenyi
[ガソリン給油]: Kigali (QTY:5.45 OCT:- PRC:918Rfr ODD:96115.94)
---ルヘンゲリの街(ヴォルカン国立公園近く。。ゴリラ&火山トレッキングしたかったけど。。。)で昼食。そしてルワンダの首都キガリへ。
---キガリに到着。小高い丘の上にある綺麗な街だ。遠目から見るとフランスのニース近くの村サンポールの巨大化したような感じ?かな。
---丘の上の街の中心部は宿が高い。。チョット離れた丘のしたのゲストハウスにチェックイン。2000Rfrはキガリでは最安。
---街のバイク&車のパーツ街へ。ついに左サイドミラーを購入、、、タンザニアを走行中にダート走行の振動で、ミラー部分が花びらが散るようにハラハラ(スローモーション、、、どうせミラーの癖に見えないからそのまま放置で走り続けた。。)と風流に折れた史上最悪ミラーの代わりに。
---近くのブッフェで夕食。バーで、、、。街へはバイクで通った以外は行かず。

[603] 2/12 晴れ
Rwanda Kigali → 国境 Gatuna 247km → Uganda Mbarara
(Vmax:104 Mt:3h32min hmax:2061 ODD:96368.99)
[左サイドミラー新品取付]: Rwanda Kigali
[チェーン給油]: Rwanda Kigali
[タイヤ圧調整]: Rwanda Kigali
[ガソリン給油]: Uganda Kabale (QTY:37.26 OCT:- PRC:2550Ush ODD:96223.03)
---ウガンダに向けて北上。ルワンダ&ブルンジは標高も高くて涼しいし景色も綺麗。山を抜ける舗装&ダートワインディングはクネクネ曲がっていてバイクで走るには楽しい!
---ルワンダ国境のレストランでブッフェ。ルワンダ結構ブッフェ形式のところが多い。しかも2ドルほど出せばたらふく食べられる!マトケにウガリにご飯(って全部主食か!)に野菜のおひたし、牛肉のシチューにチップス。甘いポテト?あぁお腹一杯。
---レストランの従業員とおしゃべり。ルワンダの将来について。(自分の感覚、イメージ、、、)殆どのアフリカの人はその時、今瞬間よければ良い。明日の事なんて全く考えてない?考えられない??けど、ルワンダ&ブルンジの人は良く国の将来や問題などなど先の話を良くしてくるし今の援助頼りきり体質を脱却して、自分達で、、、なんて。雰囲気が他の国と比べて良いなぁ。人も良いし。大虐殺が起きたなんて到底思えない。
---ウガンダに入国。。結局このブルンジ、ルワンダ、ウガンダでビザ代等々の出費が150USドルに。。仕方ないけど。
---燃料ギリギリ、リザーブでウガンダのカバレに到着。ルワンダ燃料が高すぎ!!1リッター、1ドル60セント近く!!アフリカで一番高い??ブルンジは1ドル40セント。。そのために燃料給油をウガンダまで引っ張る。
---ムバララに到着。疲れた。休憩しよう。屋台でヤギの腸をグルグル巻きにした串焼きが!!見た目旨そうだし実際食べて旨い!ビールのナイルスペシャルも美味しい。



ブジュンブラのビーチ。タンガニーカ湖畔


ブジュンブラ市内。


彼ら、、が着ていた衣服


ムランビ・ジェネサイド・メモリアル、虐殺記念館。


キブ湖沿い。


すべて茶畑。


ルワンダ首都キガリ。