Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[走行軌跡]ジンジャ、シピ滝への道

2010-02-28 Sun 22:02:56

[607] 2/16 (火) 雨のち曇り
---朝から雨。最近、雨が多。。出発をあきらめる。
---昼過ぎから、街のバーに入り浸り。このバー、見た目内装がイングリッシュ・パブ風だけど、唯一のメニュー、豚のムシカキ&マトケ&サラダを手で食べるところが。。ビールのみすぎ。。
---夜の10時過ぎから、チャンピオンズリーグのビックマッチ、マンUとACミランの試合をテレビ観戦。ルーニー、ムカつく!!!!

[608] 2/17 (水) 曇り時々晴れ
Fort Portal → Mubende 352km → Kampala Red Chilli Hideway 野宿
(Vmax:117 Mt:6h12min hmax:1466 ODD:97083.65)
[チェーン給油]: Fort Portal
[タイヤ圧確認]: Fort Portal
[ガソリン給油]: Fort Portal (QTY:28.8 OCT:- PRC:2500 ODD:96731.65)
---セセ諸島(船酔いが。。)、マーチンソン滝(バイク38、人30USD高い)等々見たかったけどパスしてカンパラに向かう。今はウガンダ北部、スーダン国境付近も危なくないとの情報をココで会った地元ライダーのプレに聞くも。。。すべては見られない。何を選択して何をアキラメルか難しい。
---ひたすらカンパラに向かって走る。舗装。
---カンパラ市街へ。直接まずスーダン大使館へ。スーダンビザはナイロビかアジズで取るのが一般的だけどチャレンジ。最近、閉鎖されたとの噂もあったが、しっかり開いている。余りにも汚い服装に入館を拒否される(笑)ビザ取得の為の必要書類だけ守衛に聞いてもらう。。やはりスーダンからの招待状が要。
---そのまま日本大使館へ。招待状の代わりに日本大使からの推薦状で誤魔化す作戦。今日は担当者がいないとの事で明日再度行くことにする。
---宿探し。バックパッカーズホステル&レッド・チリで雰囲気でレッド・チリへ。
---フォート・ポータルで会ったプレがわざわざ自分を探して宿にまで来てくれた!!途中、プレたちがいるワークショップを通り過ぎて、手を振ってくれたらしいけど気がつかなかったみたい。
---宿のバーでビールを飲みながら、バイク&ツーリング話で夜12時まで。

[609] 2/18 (木) 曇り時々晴れ
Kampala → 市街 55.3km → Kampala Red Chilli Hideway 野宿
(Vmax:85.5 Mt:2h4min hmax:1231 ODD:97139.86)
---朝9時に日本大使館へ。スーダンビザの為の推薦状を受け取る。
---その足でスーダン大使館へ。「招待状は?」と聞かれて「日本大使からの推薦状を持参してまいりました。。」と言うことで、、申請を何とか受け取ってもらう。でも発給できるかは明日にならないと分らないとの事。
---スーダンビザ、アジズアベバでは3週から1ヶ月かかるし、しかも発給される保証も無い。知らない理由で却下される恐れもあるらしいし、、ナイロビでは約60USドルに、招待状、銀行口座残高証明、バイク&IDのコピー等々面倒だという話を聞く。カンパラは55,000Ushで約30USドルで安い。申請が通ればだけど。。。
---南ア系ショッピングセンター&ガーデンズプレースを偵察、プレの友人のデオのワークショップでタイヤ、アルミ&鉄溶接について尋ねる。
---宿のイギリス人ゲストと夕食を食べにバーへ。宿のご飯はローカルの3、4倍で高い。

[610] 2/19 (金) 晴れ
Kampala → 市街 31.6km → Kampala Red Chilli Hideway 野宿
(Vmax:87.2 Mt:57min hmax:1237 ODD:97171.52)
---バイクでスーダン大使館へ、、、って途中で渋滞にハマッテ動けなくなったところを警察に捕まる。理由はリフレクタージャケット&未保険。半分以上のライダーはそんなジャケットなんて着て無いじゃん!!ムカつく!反則金80,000Ush。。約40USドル高すぎる。子供みたいに駄々をこねる「ヤダヤダヤダ?!」こと15分無理。。
---結局、ボダボダ(バイクタクシー)を捕まえて急いでスーダン大使館へ。昨日ビザ代を払ってなかった。。支払い。でも発給してもらえる!!事に。アジズ&ナイロビは取得が面倒だから良かった。発給できる午後に再度出直し。
---そのまま指定された銀行に反則金を支払いに行く。そして人質のバイクを取りに捕まった場所に戻る。ボダボダ3ライドで12,000Ush。。散財が。。バイク開放。
---南ア系ホームセンター、ゲームへイギリス人パッカーに頼まれたテントのポールを買いに行く。
---再びスーダン大使館へ。ついにスーダンビザ受取。結局、[スーダンビザ・ナイロビ取得費用]≒[反則金]+[スーダンビザ・カンパラ取得費用]と言うことで勝手に納得するって納得いかねーーよ!!
---宿に戻って、ハンガリー人パッカー、アンドリューの写真をDVDにバックアップ。自分のパソコンで。2時間以上。その後、宿の外のいつものバーで一緒に夕食。

[611] 2/20 (土) 雨のち晴れ
---ワークショップに、鉄&アルミ溶接へ行く予定だったけど朝から雨で中止。
---雨が止んでから、テント、服等々を乾かす。荷物の整理。テントを置いたところがマズかった。浸水。やる事なし。
---スーパーへ買い物。ココの何とかショッパーズ意外と安い!オリーブ、ひき肉、トマトケチャップを買う。うぉダイソーのタオルが売ってる?!何で。宿に帰って自炊。
---結局、カンパラも余り観光してない。。

[612] 2/21 (日) 曇り時々晴れ
Kampala → Jinja 107.4km → Bujagali Falls Nile River Explorers Camp 野宿
(Vmax:101 Mt:2h23min hmax:1249 ODD:97278.64)
[チェーン給油]: Kampala
[タイヤ圧調整]: Kampala
[ガソリン給油]: Kampala (QTY:25.1 OCT:- PRC:2350Ush ODD:97177.99)
---ジンジャに向けて出発。街のはずれにあるビクトリア湖とナイル川の境界、ナイルの源流を見に行くも、、外国人の入場料約5USドルは高すぎじゃない??ローカルは50USセント。。入らないで外から見ることに。
---街で昼食。レストランでピラウ(ピラフ)を頼む。ココのピラウ美味しい。ブラックペッパーが利いてる。この街ヒンズー教の寺もあったりしてオーナーもインドの人かな??味がアフリカンと違う。
---ジンジャを離れてブジャガリ滝に到着。落差は無いけど迫力はある。
---ブジャガリ滝をテラスから見渡せる宿にチェックイン。キャンプ。オーバーランドトラックがいて賑やか。

[613] 2/22 (月) 雨
---夜中に雨が降り始めて午前中いっぱい降り続ける。洗濯物も濡れて、テントも浸水。最悪。
---ガイドブック、小説を読みふける。パソコン作業。テラスから滝を眺めて、、暇。

[614] 2/23 (火) 雨ときどき曇り
Bujagali Falls → Mbale 212km → Sipi Falls Crow's Nest 野宿
(Vmax:103 Mt:2h58min hmax:1824 ODD:97491.05)
[チェーン給油]: Bujagali Falls
[タイヤ圧調整]: Bujagali Falls
[ガソリン給油]: Mbale (QTY:12.5 OCT:- PRC:2400 ODD:97435.26)
---朝明けまで雨。。午前中には少し日が出て路面も乾いたみたい。シピ滝に向けて出発。
---ムバレの街に到着。街の中で迷っていると、アメリカ人ライダー、ロブ&ペーターに偶然会う!フォート・ポータル、カンパラで会ったウガンダ人ライダーの、プレ、ドナートにアフリカツイン&TTR600を借りて1ヶ月ウガンダをツーリングしているとの事。自分の事も知ってた!運が良過ぎる!彼らはムバレの友人宅に行った後、シピ滝に向かうとの事で現地で待ち合わせすることに。
---シピ滝に到着。程なくロブ&ピーターも到着。一緒にシピの2番目の滝を見に行く。その後、夕食(トマトカレー&チャパティー旨い)をとって、ビールと彼らがキガリで買った『キューバ』のラム酒(アメリカ人は違法)で酒盛り。旅話。

[写真]ジンジャ、シピ滝への道

2010-02-28 Sun 21:58:23

カンパラの宿にいた豚。太りすぎて逆に不味そう。


何をお考えに??


ダメだコリャ。。食えないヤツ。


ナイルの源流と思われる場所。




何の鳥??カラス化してる。ゴミあさり。カンパラでも見かける。


ピラウ。ブラックペッパーが利いてて旨い!


ブジャガリ滝。






シピの2番滝。


アメリカ人ライダーのペーター&ロブ。俺小さ!!


エルゴン山北側を通ってスワム国境へ。雨が降ったら無理。



フォート・ポータルへの道

2010-02-17 Wed 00:49:33

[604] 2/13 雨のち曇り
---朝方から雨。午前中はゆっくり。
---午後から食堂でマトケ&羊肉シチュー、インターネットカフェ、バー、例の羊の腸の串焼きにハマル。

[605] 2/14 曇り時々雨
Mbarara → Queen Elizabeth NP 233km → Fort Portal Fancy Guest House
(Vmax:103 Mt:3h3min hmax:1642 ODD:96601.76)
[チェーン給油]: Mbarara
[タイヤ圧確認]: Mbarara
---フォート・ポータルに向けて出発。途中クイーン・エリザベス国立公園を抜ける。
---7ヶ月?久しぶりの北半球。赤道を通過。今後は蛇行するので何度か赤道を通過することに。
---フォート・ポータルに到着。トロ王国宮殿を横目に。キャンプ場より安いゲストハウス発見!チェックイン。街を散策。

[606] 2/15 曇り時々雨
Fort Portal → Senpaya 130km → Fort Portal Fancy Guest House
(Vmax:90.3 Mt:3h5min hamx:1642 ODD:96731.65)
[チェーン給油]: Fort Portal
[左右アルミボックス歪み修正]: Fort Portal
[ウィンドシールド割れガムテープ止め]: Fort Portal
---ここフォート・ポータルから60kmほどのところにあるピグミー村へ。
---良いグラベル。山々、渓谷を抜けると大地溝帯上にある平らな森に出る。景色が綺麗。温泉もあるらしいけど入れないのでパス。
---道を2度間違えるも、何とかピグミー村に到着。ゲストブックに名前とコメント記入。ピグミーの長とお話。少しだけ。。。何だかんだあって、数十分程度で立ち去る。いつも考えている事だけど、旅、観光って一体何なんだろうか。。
---来た道を引き返す。フォート・ポータルの同じ宿へチェックイン。一度ヌカルミにハマッて転倒。ウィンドシールドまた割れる。等々修理。

羊のモツの串焼き。これは旨すぎる!


クイーン・エリザベス国立公園を抜けて赤道を通過。


自転車で主食のマトケとかになるバナナを輸送。自分の装備より絶対重い!
しかも坂道をひたすら押して上がるからスゴイパワー!