Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

ゴンダールにて

2010-04-08 Thu 19:40:23

[653] 4/2 (金) 晴れ
Debark → 109km → Gondar Ambassit Hotel
(Vmax:78.8 Mt:2h30min hmax:3000 ODD:102440.99)
[チェーン給油]: Debark
[タイヤ圧確認]: Debark
---ゴンダールに到着。早々にホテルにチェックイン。ネットカフェでメール&ブログ。
---夕食等々ほとんどをホテルで済ませて休養。。ホテルにバー、レストランがあると動かない。。動く必要が無い。。。

[654] 4/3 (土) 曇りときどき雨
---ほとんど1日寝込む。咳が止まらない。ホテルで動かない体制が出来上がってしまっている。。。メールの確認に外に出たのみ。

[655] 4/4 (日) 晴れ
---ゴンダール城近くのレストランで朝昼食。夢にまで見た「クットフォー」挽き肉&インジェラと「タジ」はちみつ酒を食す。クットフォー自分でも作れそう。。インジェラ以外だけど。。断食の時に食べる、バヤ・・・何とかの方が、米にジャガイモに豆スープに野菜に、、、肉は無いけどクットフォーより味がいっぱいして美味しいかも。「タジ」も旨い!悪酔いしそう。
---ゴンダール城を観光。城の名前とガイドブックをつき合わせてみるも。。ガイドを雇ったほうが歴史等々わかって良いんだけど。。

「クットフォー」と「タジ」エチオピア料理は他のアフリカの国とは別物。味が深い。


「タジ」はちみつ酒。飲んだ後、ゴンダール城観光。頭が痛くなる。自業自得。。。


ゴンダール城へ。ヨハンネス一世の城と図書館。


プールから見たファシリデス王の城。


ファシリデス王の城。



[走行軌跡]ラリベラ、アクスム、ゴンダールへの道

2010-04-02 Fri 23:34:05


[641] 3/21 (日) 晴れときどき雨
---レミ、グレイグと一緒に駅近のカフェで朝食。でそのまま飲みに突入!ビール3パイント。おしゃべり。
---インターネットカフェへ。3時間。。。
---夜、レミ、グレイグと一緒にタクシーでインド料理のレストランへ。やっぱり味が深いな。旨い!

[642] 3/22 (月) 晴れ
Addis Ababa → 市街 27.4km → Addis Ababa Wim's Holland House 野宿
(Vmax:79.5 Mt:57min hmax:2380 ODD:100464.28)
[フレーム左ピボット下亀裂溶接]: Addis Ababa
[ヘッドライトステー折損溶接補強]: Addis Ababa
[左アルミボックス亀裂溶接補強]: Addis Ababa
---ウィム達とうとう出発。タイヤのスローパンクチャー等々で出発が遅れていたけど。彼らはスーダン総選挙前に船でエジプトへ。道中気をつけて!
---レミ&グレイグも出発。自分と同じルートでスーダン入り。何処かで会えるといいけど。本当に一緒に走れて良かった!しスゴク楽しかった!やっぱりたまには他のライダーと走るのも悪くない。彼らも総選挙前脱出組。会えたらダンキルで。
---午後にウィムの知っているイタリア人ジュリアーノのワークショップへ。フレーム、ヘッドライトステー、アルミボックス等々溶接、修理してもらう。パーフェクト!!ありがとう!

[643] 3/23 (火) 晴れ
Addis Ababa → 市街 7.44km → Addis Ababa Wim's Holland House 野宿
(Vmax:64.2 Mt:22min hmax:2429 ODD:100471.72)
[右後ろインディケーターバルブ交換]: Addis Ababa
[イグニッション配線断線修理]: Addis Ababa
[ウィンドスクリーン修理]: Addis Ababa
[チェーン給油]: Addis Ababa
---昨日宿のバーで会ったブルークにバイク街に連れて行ってもらう。フロントタイヤのチューブ、パッチを調達。
---帰って再びバイクの修理。左にハンドルを切るとメイン電源が落ちる問題を修理。イグニッションスイッチの配線が一ヶ所断線気味になっていた。。そんなことってあるのね?他修理に一日がかり。
---駅近のライオン・パークのツナ・サンドイッチにハマル。安くて旨い。計3回通う。

[644] 3/24 (水) 晴れ
Addis Ababa → 241km → Gohathision Blue Nile Hotel
(Vmax:104 Mt:3h58min hmax:3111 ODD:100713.12)
[ガソリン給油]: Addis Ababa (QTY:25.38 OCT:- PRC:12.61Brr ODD:100475.61)
[キャブレターメインバルブスリット清掃]: 途中
[スパークプラグ交換]: 途中
[燃料ポンプ交換]: Gohathision
[燃料フィルター交換]: Gohathision
---アジズを出発。バハルダールへ向かう。
---途中、走行中に燃料が来ないトラブルが。。5分おきに燃料?きたり来なかったり。。最初はキャブメインバルブ辺りを清掃、走り出すも症状変わらず。。スパークプラグ新品交換、変わらず。。。とりあえず辿り着いた近場の村のホテルに入る。
---原因調査。。と言うよりも怪しいところを新品交換してみる。新品燃料ポンプ、試走へ、症状変わらず。。。。うーん。ゴハッションの村に着いてから付きまとっている地元の男が「燃料フィルター詰まってるんじゃない?」何ーぃ!!良い事言うじゃん。思いつかなかったというより全然疑わなかった。
---燃料フィルター口で空気を送ってみる。。かなりの抵抗。新品に交換して試走。おぉ直った!!多分コンソのブラックマーケットで買った燃料が原因だと思われ。。見た目に汚かったし。
---付きまとい?の男にビールをおごる。良い事言ったお礼に。

[645] 3/25 (木) 晴れ
Gohathision → Debre Markos 368km → Bahir Dar Ghion Hotel 野宿
(Vmax:124 Mt:5h hmax:2589 ODD:101081.35)
[インディケータースイッチ清掃]: Gohathision
[チェーン給油]: Gohathision
[タイヤ圧確認]: Gohathision
---朝、インディケータスイッチの清掃。スイッチを入れて点灯しない症状が。結局グリースが固まって接点が戻らなかったのが原因。
---ひたすらバハルダールへ向けて走る。遠い。。微妙な距離。
---バハルダールの宿に到着。早々にテントを張る。そして街へくり出す。レストランで食事、バイクのポンプ探し、銀行等々。
---タナ湖見た目普通の湖?!タナ湖クルーズと修道院巡りが有名らしいけど。。別に。
---宿で久しぶりの日本人に会う!仕事で滞在している。おしゃべり。お二人はエチオピアでお米の??をされていて、もう一方は、水をくみ上げるハンドポンプの普及関係?の方。日本のフリカケ、お菓子、飴を頂く!ありがとうございます!

[646] 3/26 (金) 晴れのち曇りときどき雨
Bahir Dar → Blue Nile Falls 381km → Lalibela Jordan GH
(Vmax:103 Mt:7h39min hmax:3240 ODD:101462.62)
[タイヤ圧調整]: Bahir Dar
[チェーン給油]: Bahir Dar
[ガソリン給油]: Bahir Dar (QTY:29.1 OCT:- PRC:13.06Brr ODD:101088.94)
---ブルーナイル滝へ。30km感じの悪いダート。。到着。近くにダムがあって、そこで水をせき止めている。。日曜日に放流することもあるらしいけど、水量が少なすぎる。。迫力全くなし。
---ブルーナイル滝の行き返り60km、バハルダールに戻ってレストランで昼食&ビール取り終わったら午後1時。時間が遅いのでラリベラに向かおうか迷うも出発。
---途中、道路工事で迂回路多数。景色は良い。一度滑って転倒。右アルミボックス歪む。応急処置。
---ラリベラに向かうダートに入ってから景色が更に良い!レソトを緑を茶色にしたイメージ?走っている最中に日没、本格的に雨も降り出す。ブッシュ出来そうだけど辺りが見えない。
---ラリベラにようやく到着。長かった。。早速、自称ガイドの子供達が寄って来る。。近場のゲストハウスにチェックイン。そして何はともあれ夕食!ベジ、インジェラ。。エチオピア正教の断食月で何所も肉が食べられない。。高級レストランなら、、高すぎる。。

[647] 3/27 (土) 晴れ
Lalibela → 村 1.8km → Lalibela Jordan GH
(Vmax:30.6 Mt:7min hmax:2528 ODD:101464.43)
[右アルミボックス修理]: Lalibela
[チェーン給油]: Lalibela
---早速ラリベラの岩窟教会群を観光!子供ガイドにはブラックマーケットで燃料調達をお願いする。
---入場料高すぎ!!!!!!!!!!!!!!!!300Brr。
---お気に入りは、セイント・ジョージとセイント・エマニュエル教会。良く一枚岩で作ったなぁ。綺麗。
---午後には宿に戻る。子供ガイド結局3箇所ブラックマーケット当たるも高い!リッター20ブル。諦める。ありがとう。宿のオーナーは以前トラックドライバーをしていたらしく、途中必ず燃料手に入ると言われて、ラリベラでの給油は諦める。。噂では、エチオピア政府が今、燃料調達に必要な外貨が不足している??とか当然?!、オモバレー付近の土地を買ったリッチなイタリア人が燃料買い占めた!などなど噂があるも。
---右アルミボックスの歪みを修理。。蓋を閉めるためのバックルの支点も折れて、、これは直しようが無い。何処かで点付けアルミ溶接か新品バックル買いたい。
---夕飯はどうしても!!バハルダールであった日本人からもらった「タラコふりかけ!!」を試したい!と言うことで、自炊ご飯を炊く。標高2000m以上だから旨く炊けるか心配。。って案の定うまく炊けず。マトモなご飯食べたい。

[648] 3/28 (日) 晴れときどき雨
Lalibela → Korem 353km → Mekele Kalebu Hotel
(Vmax:103 Mt:6h34 hmax:3055 ODD:101817.37)
[タイヤ圧確認]: Lalibela
[ガソリン給油]: Mekele (QTY:38.64 OCT:- PRC:12.93Brr ODD:101815.32)
---ラリベラを出発。ダンキルの支点になる街メケレを目指す!世界で標高が一番低い場所ダロルは海面から−100m以上と聞く。気温は50℃を超えるらしい。そして近くには60年代から常に溶岩が噴火しているエルタアレ山と溶岩湖がある。是非行きたいけど情報が少なすぎる。現地ツーリストオフィスを訪ねてみよう。
---ひたすらメケレを目指す。エチオピア何処も景色が良い!ダートからメケレに向かう舗装幹線道路に出る。コエムの街で、昼食、ビール休憩(そろそろ止めないと。。スーダンが思いやられる。。)をすませて再び、メケレを目指す。
---メケレ手前で燃料リザーブに入る。メケレはティグライ州の首都だから燃料手に入るはず!って一ヶ所ガソリンスタンドで燃料手に入れられた!ふぅ。。
---メケレの宿に入る。どうもラリベラで風邪を引いたみたい。調子が悪い。。のどが痛い。街を散策。かなり大きな街!雰囲気も良い!人も良い!でも調子が悪いので早々に食事をすませて宿に戻る。

[649] 3/29 (月) 曇りときどき晴れ
Mekele → Wikro 117km → Adigrat Hohoma Hotel 野宿
(Vmax:102 Mt:1h46min hmax:2682 ODD:101934.37)
---朝起きても、、、調子が悪い。熱が38℃。。で朝10時ごろに携帯に電話がかかってくる。レミから!
---レミ&グレイグ、ダンキルの一番標高の低いダロルまでバイクで行ったけど、支点の村、ベラヒルで許可証にガイド2人に移動の為のドライバーに軍の護衛が二人つけないといけないらしく。とんでもないお金を請求されたらしい!2人ならシェアできるらしい。観光オフィスや地元の人に聞いたけどそんなこと一言も行ってなかったなぁ。。確かにエリトリア国境近くだけど。火山と溶岩湖に行くのも、又別!!の許可証&ガイド&護衛&ナンダカンダを雇わないといけないらしい!!あきらめたとの事。
---今、アディグラット(メケレから約100km北)でグレイグのバイクの調子が悪いらしい。アクセルを吹かしても前へ進まないらしい。。。
---メケレで休憩しようと思ったけど、ダンキルもお金かかるし自分も行くのはあきらめ、グレイグのバイクも気になるので、アディグラットに向けて強行出発することにする。
---アディグラットに到着。早々彼らが泊まっている宿へ。レミ&グレイグに再び再会!
---早速、グレイグのバイクを見てみる、、、アクセルふかしてみる、、、これは正しくキャブのメインのバキュームピストンがスタックしてる感触。早々にエアクリーナを開けてみると、、エアクリのクリーン&ダーティーサイド共にホコリだらけ!そしてエアクリからメインバルブを覗いてみる。案の定、前バンクのキャブのバキュームピストンが殆ど固着して動かない!!しかもエアクリのクリーンサイドにつながるブリーザーチューブ
の蓋が千切れて無くなってる。そこからホコリを吸い込んでいたみたい。。ショボイつくりだなぁ。レミのバイクも確認。千切れてる。。最低。エアクリなしで走っていたようなもの。とにかくキャブ清掃&チューブをクランプ。
---ふぅ修理も終わってレミ&グレイグと夕食をとるも、調子が悪く、早々に失敬して宿の屋上にテントを張って寝に入る。ゴメンね。せっかく会えたんだけど。。

[650] 3/30 (火) 曇りときどき晴れ
Adigrat → Adwa 144km → Axum Africa Hotel
(Vmax:94.9 Mt:2h37min hmax:3030 ODD:102078.39)
[チェーン給油]: Adigrat
[タイヤ圧調整]: Adigrat
[ガソリン給油]: Adwa (QTY:13.06 OCT:- PRC:13.06 ODD:102047)
---朝起きて、、多少調子はマシになったけど。。
---朝、グレイグがバイクから何だか異音がするとの事で、試走してみる。。。どうも4000回転付近の振動でカウルが何処かで干渉してるみたいって、グレイグがカウルのニフコ?なくしてつけてないことが判明。一安心。後、スロットル戻したときの回転の戻りも悪い。。見てみるとスロットルグリップから先のケーブルを導いているハウジングがマトモに取り付けられて無いじゃん!ウガンダで一度ワークショップでいじったらしい。ウガンダメカニック使えない。
---朝食に、宿でコーヒーを入れる儀式で入れたコーヒーを飲むも味と匂いがわからない。。。残念。レミが街中でローストされたコーヒー豆のにおいがするよ!って言ってるけど。匂いをかぎたいけど風邪で全くわからない。。
---レミ&グレイグはココから超光速移動!4月5日の午後までにはスーダンのウァディファヤに到着しないとエジプトへの船に間に合わない。ダンキル情報ありがとう!多分エジプトで再会できそう。エジプトのアレキサンドリアでヨーロッパへの船待ちをするらしい。又エジプトで再会しましょう!彼らは先に出発。
---アクスムのほうが休憩には良い街そう?との予想から1時間半レミたちの後に、自分もアディグラットを離れる。
---アクスムに到着。街中の宿を探していると、再びレミ&グレイグに再会!!どうも運命的なものが??グレイグのサイドボックスのステーのボルト&ナットが振動で脱落してしまったらしい。街のスペアパーツ屋でボルト&ナット調達中だった。何とも。。それに途中、燃料を探すのに時間を費やしたらしい。。自分は運よく一発でアドワのガススタンドで手に入れられた。
---一緒に昼食をとって再びレミ&グレイグとお別れ。冗談で「See you tomorrow!」、今度は船の上で再会だね!って以外と冗談じゃなかったりして?!
---彼らと別れて再び宿探し、途中通りがかりにオベリスクを見た後、宿にチェックイン。
---街を散策。歩いていたら調子が又悪くなってきた。夕方になると熱が。。スペアパーツ屋でエアポンプ(ナミビアで買ったポンプのシール壊れた。。)を購入して早々に宿へ。
---熱が39℃。。。薬を飲んで寝る。

[651] 3/31 (水) 晴れときどき雨
[フロントアライメント修正]: Axum
[タイヤ圧調整]: Axum
[チェーン給油]: Axum
---朝起きたら多少良くなったので、ブログ&メール返信へネットカフェへ。でも結局、停電で何処のネットカフェもつながらず。。昨日は夜3時間以上停電。
---通信環境復帰する間にバイクのメンテ。ハンドルがブレる問題修正。ハンドルバーの位置、アクスル締め直し等々。
---結局幾ら待てどもネット復帰せず。あきらめる。
---夕方になって又熱が。。。安静。

[652] 4/1 (木) 晴れときどき曇り
Axum → 253km → Debark Simien Park Hotel
(Vmax:102 Mt:5h39min hmax:2837 ODD:102331.71)
[リアタイヤパンク修理]: 途中
---アクスム、オベリスクをチョロっと見たい外は観光してない。。。伝説のアークも見れないし、、そのまま去る。
---アクスムの街を出る途中のカフェで朝食。シュロ&インジェラとサラダ。ココのインジェラ分厚い!うまい。
---今日はシミエン国立公園の基点の街デバークに向かう。っ途中にリアタイヤパンク。。釘が刺さった。でも原因がわかりやすいからまだ良い。修理。暑い!
---途中、カナダ人サイクリストのグレイドンに会う。正直言って変態!?こんなダートの峠道でこの暑さをチャリで。。。彼は日本に3年滞在(英語の先生&スキー場バイト)していたらしい。気をつけて!
---デバークまで標高が900m〜1300mの峠を登ったり下ったり。。体調がよければ面白いけど。。景色はとても綺麗。でも暑い!!標高1500mをきると途端に暑くなる。グレイドンが標高低いところは気温40〜50℃だったって言ってたけど。。そんなに暑いかなぁ??確かに暑いけど。
---デバークに到着。途中からいっきに山を登っていく。標高2800mで肌寒いくらい。宿にチェックイン。カナダ人観光客の団体が。シミエン5日間トレッキング。良かったらしい。咳が止まらない。。夕食とビール、シャワーを浴びて早々に寝る。

[写真]ラリベラ、アクスム、ゴンダールへの道

2010-04-02 Fri 23:25:53

レミ&グレイグとダンス中。到着直後バイク着のまま。アジズ宿ウィムのバーにて。ウィム撮影。


ウィム&ニタ。ウィム話上手で冗談もうまい!尊敬。ウィム(ウィムとは違うウィム)のバーにて。


アジズを出発!日本のとある建設会社が作った橋。道路。


バハルダールへ向かう幹線道路にて。




ブルーナイル滝近くにかかるポルトガルが作った橋。


ブルーナイル滝。ナイル源流の一つ。水量少ない。。。


ラリベラに到着。聖救世主教会の通路。


聖マリア教会前。


聖ジョージ教会の中にあった木製ネジ?


聖ジョージ教会前にいた信者。


聖ジョージ教会。


聖ガブリエル教会にあるフレスコ画の一つ。


聖エマニュエル教会。


の前にて。


聖アバ・リバノス教会の司祭さん。フレンドリー。


ラリベラを出発。コエムへ向かうダート。


アクスムに到着。オベリスク。昔の王の権力の象徴。


カナダ人サイクリストのグレイドン。ココまで来ると神の領域。尊敬!


デバークに向かう途中。標高が低くて暑い!


****************************************************************************
バイク修理
フレーム左ピボット下の亀裂。以前亀裂が走ったところと違う場所。


アフリカツインの持病とも言うべきヘッドライトステー。。何度溶接したことか。。
更に1.5mm厚プレートで補強!ありがとうジュリアーノ!

[走行軌跡]オモバレー、アジズアベバへの道

2010-03-21 Sun 21:57:27


[635] 3/15 (月) 晴れ
Moyale → Yavello 323km → Konso Strawberry Field 野宿
(Vmax:101 Mt:5h8min hmax:1384 ODD:99445.8)
[チェーン給油]: Moyale
[フロントタイヤチューブ交換]: Moyale
[ガソリン給油]: Yavello (QTY:5 OCT:- PRC:20Brr ODD:99663.8)
---朝、パンク修理?。レミがスペアのフロントチューブを売ってくれた。しかもヘビーチューブ!!運が良い!タイヤの裏側の切り口の上に駄目になったチューブを切り取って接着剤でパッチをあてる。またパンクしなきゃ良いけど。。。
---ロン、レミ、グレイグとお別れ?。ロンは一足先に出発する。その後に続いてレミとグレイグも。アジズで会えるといいけど。自分もパンク修理を終えて出発!
---税関へ。昨日できなかった通関の申請。直ぐに終わる。
---ヤベロへ向かう。って途中、道路工事で迂回路のダートに入って直ぐに、レミ&グレイグが!グレイグのリアタイヤがパンク!釘が刺さった。何とも。。。
---レミ&グレイグと一緒にメガで昼食。初インジェラ!酸っぱくて嫌いな人が結構居るみたいだけど、全然問題ない!旨い!そしてエチオピアのコーヒーも好みの味!アフリカでは一番旨いかも。
---ヤベロに到着するもガソリンが何所のガスステーションでも売ってない。ガソリン切れ。。自分もリザーブに入ってこれ以上は走れない。。ブラックマーケットを探し回ってガソリン見つかるも20ブル1リッターは高すぎる。でも仕方なし。5リッターだけ買う。100km先のコンソにガソリンがあることを期待して。
---ヤベロから直ぐダートに。フラットなグラベル。コンソに到着。するもまたしてもガスステーションにガソリンが無い。トホホ。もう暗くなって遅いので明日ブラックマーケットを当たることに。
---宿で夕食、ビール。レミ、グレイグ達と一緒に。そしてココの宿、日本人情報ノートが!

[636] 3/16 (火) 晴れ
Konso → Turmi 233km → Dimeka Tourist Hotel 野宿
(Vmax:97.6 Mt:4h41min hmax:1663 ODD:99678.75)
[タイヤ圧確認]: Konso
[ガソリン給油]: Konso (QTY:22 OCT:- PRC:20Brr ODD:99678.75)
---宿の人にガソリンの手に入る場所を尋ねる。受付のマルシェットが地元の人に電話してくれてガソリンを宿まで持ってきてくれることに。
---宿で朝食を取りながら待つこと1時間以上。。。
---ガソリンを計量するボトルでモメル。何リッターか分らないボトルを5リッターだと偽る!!グレイグの持っていた10Lプラジェリカンで計量しようと提案するも拒否!怪しい!2回目に彼らが持ってきた計量ポット。。1Lペットボトルに水を汲んで計量ポットの確からしさを確認。今度は大丈夫。
---結局65Lを頼んだのに、実際のガソリンは50L!全くふざけてる!!危うく騙されるところだった。っとそんな事をしている間に11時になってしまう。
---3人一緒に、今日地元のマーケットが開かれているジメカに向かう。
---ひたすらダートを走り続ける。でも限りなくフラットなグラベル。良いコンディション。
---ジメカに到着するも、、既にマーケットは終わっていた。バーでビールを飲んでいると地元のガイドがハマル族の結婚の儀式が近くであるとの事でバイクでハマル族の住んでいるブッシュへ。
---結局、ハマル族の住家に到着して直ぐに、、結婚の儀式を見るのに一人200Brr請求してくる。先に言ってよ!!って予想は出来たけど。レミとグレイグは150Brrに負けて結婚の儀式のある場所へ向かう。自分は諦めて村で待つ。待つ間に地ビール(とうもろこしの粉から)をごちそうになる。味は全くザンビア、マラウィで飲んだチブクと一緒。アルコール度数は弱い。
---ジメカに戻って宿にチェックイン。ガイドのヨナスの家に招待される。彼の家は散髪屋さん。そして夕食に招待される。ヨナスの兄がマラリアで寝込んでる。マラリアの薬をあげる。

[637] 3/17 (水) 晴れ
Dimeka → Key Afar 106km → Jinka Pioneer 野宿
(Vmax:84.9 Mt:3h7min hmax:1786 ODD:99785.17)
[タイヤ圧調整]: Dimeka
[チェーン給油]: Dimeka
---キエファで明日マーケットが開かれるとの事。キエファに到着。昼食後マーケットが開かれる場所へ向かう。でも明日まで待っていても。。。と言うことでジンカヘ。
---ジンカに到着。とりあえずインターネットへ。メール確認。でも遅い。。今時ダイヤルアップなんて。エチオピア、オモバレー、南部は水、電気、インターネット等々インフラ良くない。

[638] 3/18 (木) 晴れときどき雨
Jinka → 220km → Sodo Bekele Molla Hotel
(Vmax:84.4 Mt:5h55min hmax:2046 ODD:100004.9)
[タイヤ圧確認]: Jinka
[チェーン給油]: Jinka
[ガソリン給油]: Jinka (QTY:35 OCT:- PRC:15 ODD:99787.2)
---ムルシ族(下唇にお皿をはめ込んだ)を見たかったけど、ジンカのマーケットには間に合わず。しかもオモ国立公園内のムルシ村では200Brr取られるし時間も無いので諦める。
---ひたすらアジズアベバに向けて北上。途中数度の川渡り。景色と道が良い。
---ソド手前で日没。そして雨が。。宿に到着。レミ、グレイグと部屋をシェア。
---ついにこの旅の走行距離10万キロを突破!
---疲れた。街にくり出すパワーなく宿のレストランで夕食を済ませる。

[639] 3/19 (金) 曇りときどき雨
Sodo → Shashemene 431km → Addis Ababa Wim's Holland House 野宿
(Vmax:105 Mt:6h50min hmax:2364 ODD:100436.9)
[タイヤ圧調整]: Sodo
[チェーン給油]: Sodo
[ガソリン給油]: Sodo (QTY:15.23 OCT:- PRC:13.14Brr ODD:100005.7)
---レミ&グレイグとしばしのお別れ。彼らは直接アジズアベバに向かう。自分はシャシェメネ近くにある温泉地、ウォンド・ガンナッツへ向かう。
---ウォンド・ガンナッツにある温泉に入る。久しぶりの湯船。
---アジズに向けてひたすら北上。
---宿に到着。ウィム達も未だ滞在してた!レミ、グレイグと再会。宿に隣接するバーで夕食。そしてビール5パイントにウィスキー飲みすぎ。おしゃべり。オランダから有名なミュージシャンがやってきてバーで演奏!夜2時まで。

[640] 3/20 (土) 曇りときどき雨
---朝遅く起きて、駅近いカフェで朝昼食。洗濯。街を散策してネットカフェでメール確認。
---ウィム、ニタ、レベン、レミ、グレイグと宿のレストランで夕食。おしゃべり。旅話。
---夜遅くまでブログ、メールの返信の準備。溜め込むとさすがに面倒。

[写真]オモバレー、アジズアベバへの道

2010-03-21 Sun 21:56:18

モヤレを出発。道端に無数の蟻の巣??が。


レミ、グレイグと一緒にメガの街の食堂で昼食。初インジェラ。グレイグ撮影。


ジメカのハマル族の結婚の儀式に参加。地ビール?名前忘れる。はザンビア、マラウィで飲んだチブク、シェイク!シェイク!!と全く同じ味。


ツルミからキエファへ向かう道。




レミ撮影。


キエファに到着。マーケットが開かれる場所にて。子供の数が半端じゃない。


グレイグ撮影。


ジンカからソドへ向かう道。山越え。


川越え。グレイグ撮影。


途中のとある村のマーケット。人だかりが。


グレイグ撮影。


アフリカ中で見かける光景。


ウォンド・ガンナッツの温泉。