Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

さよならアフリカ

2010-05-19 Wed 06:06:04

1年3ヶ月いたアフリカとも、とうとうお別れ。
さよならアフリカ。そしてありがとう!アフリカ。

アフリカ通過国32カ国、走行距離約6万5千キロ、期間約1年3ヶ月の軌跡。



[690] 5/10 (月) 晴れ
[左アルミボックス歪み修正]: Dahab
[ウィンドシールド修理]: Dahab
[フロントアライメント修正]: Dahab
[ハンドル位置修正]: Dahab
[チェーン給油]: Dahab
---休憩。昨日のダート道で疲労が。。結局5時間走って100kmしか進まなかったと。。
---インターネット、パソコンを持って路上でWifi。
---バイクの修理。相変わらずアルミボックスがボロボロ。ハンマーで叩いて修正。ハンドルも昨日のダートで転倒した時にズレた。
---夕方、コシャリ屋で、あまり美味しくないコシャリを食べていたら、昨日一緒におしゃべりをしていた、韓国人パッカーのリーさんに偶然出くわすって街あまり広くないし。ビールを買って宿に帰って、リーさんとおしゃべり。

[691] 5/11 (火) 晴れ
Egypt Dahab → Nuweiba ::: (船) 国境 ::: 106km → Jordan Aqaba 野宿
(Vmax:105 Mt:1h59min hmax:777 ODD:107613.74)
[左アルミボックス歪み修正]: Dahab
[ガソリン給油]: Dahab (QTY:37.85 OCT:92 PRC:1.85E£ ODD:107516.18)
---ヨルダンに向けて出発!!ワカちゃん見送りに。ありがとう!
---宿の門を出て、イキナリ転倒!!はずかしー!砂にハマル。フロントのタイヤを一回り細いのにしてから、ハンドリングが難しい!言い訳。。取り合えずバイクを起こして直ぐに出発。途中アルミボックスまたまた歪んで落ちそう。酒屋にビール瓶を返した後、その目の前で修理。
---ヌエバ港に到着。チケットオフィスから港へ→荷物検査→パスポート出国スタンプ→ナンバー返却→フレームナンバーの打刻確認→カルネスタンプ等々、、、面倒。また変な書類を一杯作って。。どうせ紙くずになるんだからさぁ。
---ヨルダン・アカバ行きの船に乗船。。。。。1年3ヶ月いたアフリカともついにお別れ。さよならアフリカ!!
---ついに出航。4時半くらい?そしてアカバ到着まで4時間だから確実に暗いよね。。海が綺麗。何時まで見ていても飽きない。
---ヨルダンのアカバ港に到着するも貨物トラックが先に下船。上階に駐車した自分のバイクが最後。しまいには、上階から降りる為のタラップの下で、鍵を車の中に置いたままロックをかけた車が。。タラップ降りない。30分くらい??して結局ガラス窓を破壊して無事落着。。自分が最後にフェリーを下船。
---違うオフィスに行ったり、荷物検査を忘れたり、お金が無いので両替したり等々で行ったり来たり。そして始めて見た!バイク全体をX線検査!大型トラックもスキャンできる!スゴイ設備だ。それにココの港、3謹交代で24時間で動いてる。物価が高いといわれているのもうなずける?
---お金が途中で足りなくなる。。。。1週間保険で18JD、走行許可登録証??で20JDといわれたときに残りが16JDしかない。まさかそんなにお金かかるなんて。。他のUSドル、ユーロも使い果たし。街まで行かないとATMが無い。税関職員に相談したら、税関のマネジャーが相談に乗ってくれるとの事でマネージャー室へ。訳を話したら"NO WAY!!"と言われる!ムカつく!!何て横柄なヤツなんだ!それが言いたくて部屋に呼んだのか!あぁ!ん。殴りかかりたい衝動を抑えて、、街のATMへお金を下ろしに行くことに。
---結局、アカバの街までは港から6km。港を出てタクシーを捕まえようとするも、吹っかけられて片道10JD、合計20JD。。そんな訳ねーだろ!!最終的に片道5JDまで下がるも。高すぎ!絶対乗らない!6kmくらい歩けなくはない!と言うことで、アカバの街へ向けて歩き出す。
---1kmくらい歩いたところで、一台の車が!勤務を終えた税関職員が帰る途中だったらしい。それに例のやり取りを知っていたので、街まで乗せていってもらう事に!ありがとう!
---アカバの街へ。スゴイ!何がって夜の12時近くになっても、殆どのレストランや個人商店がまだ営業してる!ATMも24時間!ネオンも明るい!眠らない街??だ。
---港へ行く乗り合いミニバスを捕まえる。2JD。。チョット高いけど仕方なし。
---晴れてお金を払ってバイクを乗り出せたのは翌日の12時半過ぎ。。とりあえずまた街に行って遅い夕食。チキンのシャワルマにフールサンドイッチ。意外と安い。皆がヨルダン物価が高いって言ってたけど、それ程でもないと思う。
---また港方向に戻ってキャンプ場に行こうとするも、ただ寝るだけじゃ勿体無いので道端でブッシュ。テント立て終えたら2時。。眠い。早寝遅起きだからな。。。

ダハブからヌエバ港へ向かう道。


ヨルダンのアカバ港に到着。

[走行軌跡]シナイ半島、ダハブへの道

2010-05-10 Mon 22:05:05

[685] 5/5 (水) 晴れ
---今日は朝早く起きて地下鉄で日本大使館へ。クーラーの聞いた部屋で、日本の新聞を読む。シリアのビザ取得の為の推薦状をお願いしようとしたら、エジプトのシリア大使館は自国にシリア大使館が有る場合、ビザを発給していないとの事。勘違い?でも国境で取れるから良いか?
---午後は、コシャリを昼食に食べた後に、言わずと知れた考古学博物館へ。3時間ほど見て回る。ツタンカーメンの秘宝はさすがに見ごたえがある。黄金のマスク、黄金の棺等々。後は石棺や木棺がいっぱい。
---とある石棺のレリーフ。地面から人間の首が生えていて?頭から手が生えていて?その手から瓶で?何か水のようなものが向かいの人間に注がれている???
---ベトナム人と日本人の旅人と一緒に夕食にパスタ。宿に帰って日本人の旅人とアフリカ旅話。

[686] 5/6 (木) 晴れ
---休憩。朝遅く起きる。
---まず、ケーキ屋さんで、チョコレートのケーキ。2スクープのピスタチオ&ストロベリーアイス。コシャリ屋さんで不味いコシャリを食べた後に、牛肉のシャワルマにチップス。食べすぎ。ステラビールを2本買って帰って飲み。
---ダラダラ過ごす。。。

[687] 5/7 (金) 晴れ
Cairo → Suez 508km → Al-Milga Fox Desert Camp 野宿
(Vmax:103 Mt:6h49min hmax:1593 ODD:107378.53)
[タイヤ圧調整]: Cairo
[ガソリン給油]: Cairo (QTY:35.14 OCT:92 PRC:1.85E£ ODD:106893.27)
---カイロを出発。スエズ運河、トンネルを抜けてシナイ半島へ。
---予想以上に遠い。。しかも聖カトリーナ修道院は日曜は休みなのでそのまま走り続ける。
---聖カトリーナの村に到着。キャンプ場にチェックイン。シンガポール人のパミラちゃんと、オランダ人ライダー、ロバートとおしゃべり。

[688] 5/8 (土) 晴れ
---朝遅く??起きてシナイ山へ。日の出は別にいいか。。モーセが十戒を授かった場所。登るには公式にはガイドが要らしいけど、入り口の警察官が「聖カトリーナ修道院に行くだけでシナイ山は登らないよね?」と聞かれ「登りません!」と言って、そのままシナイ山に登る?!ちょうど日の出を見て帰ってきた人達と行き違い。登る道中、全く人に会わない。
---聖カトリーナ修道院へ。行こうと目の前のゲートまできたら、ちょうどお終いに。。12時に閉まるとは。。リサーチ不足。外から写真を撮って修道院に入るのはあきらめる。。。
---宿に戻ってシャワー、そして休憩。夜はパミラちゃん、ロバートとおしゃべり。

[689] 5/9 (日) 晴れ
Al-Milga → 129km → Dahab Seven Heven
(Vmax:99 Mt:5h6min hmax:1751 ODD:107507.5)
[タイヤ圧調整]: Al-Milga
[チェーン給油]: Al-Milga
---聖カトリーナの村を出発。ダハブを目指す。別にダイビングもシュノーケリングもしないけど。。
---幹線道路ではなく、村から出て直ぐにあるダートに入る。
---景色が最高!!20、30mくらいの高さの渓谷の下を自分が川の水になった気分で下るイメージ。道も迷いやすい。途中深い砂で5度転倒たちゴケ。。結構ハードなダート。しかも暑い。
---ダハブに到着。お目当ての宿を探すのに1時間かかる。センスなし。。疲れた。シャワーを浴びた後、日本人のワカ、かよ、ナミちゃんと一緒にワカちゃん、おススメのレストランへ。3種のチーズピザ、シーフードピザ&パスタ等々を頼む。旨い!!
---宿に戻ってビールを飲んでおしゃべり。

[写真]シナイ半島、ダハブへの道

2010-05-10 Mon 22:03:21

タフリール広場の渋滞。。


考古学博物館。館内撮影禁止。


シナイ山の頂上。


三位一体聖堂。


下山中。


聖カトリーナ修道院。


良い色してるなー!?


ダハブへ向かうダートに入る。とある村。


渓谷の下を走る。


ダム?土嚢でせき止め?


分かれ道。。水が流れそう方向へ。正解。

[走行軌跡]ルクソール、カイロへの道

2010-05-06 Thu 00:41:12


[673] 4/25 (日) 晴れ
Aswan → Edfu 224km → Luxor Oasis Hotel
(Vmax:98.5 Mt:3h23min hmax:105 ODD:104812.11)
[チェーン給油]: Aswan
[タイヤ圧調整]: Aswan
[ガソリン給油]: Aswan (QTY:37.74 OCT:90 PRC:1.75E£ ODD:104603.62)
---アスワンを出発。ルクソールを目指す。ナイル川沿いを北上。エドフで昼食。
---ルクソールに到着。
---早速、国際学生証を作成へ夜の8時にオフィスへ。歳がいってるので?学生ではなく先生のカードを作成。。審査も超甘い。決して自分は先生じゃないけど、一応先生と言うことで。。本物のISTCを作成できた。これで遺跡の入場料半額!これないとマトモに観光できない。
---フランス人のレオと宿の屋上にあるレストランでおしゃべり。

[674] 4/26 (月) 晴れ
---ルクソール観光へ。今日は東岸。午前中はルクソール神殿。昼は暑いのでチョット昼寝をした後に、ミニバスでカルナック神殿へ。カルナック神殿を観光中にあった韓国人のケビンとおしゃべり。神殿が閉まるまで。
---レオは今日は西岸へ。話を聞く。ルクソール神殿の近くにあるレストランで、レオの知り合いのエジプト人と一緒に夕食。
---明日は、レオをバイクに乗せてエスナとエドフのホルス神殿を見に行くことにする。

[675] 4/27 (火) 晴れ
Luxor → Esna 250km Edfu → Luxor Oasis Hotel
(Vmax:102 Mt:4h5min hmax:109 ODD:105061.87)
[タイヤ圧確認]: Luxor
---レオを乗せて、エスナ、エドフへ向かう。まともに乗客なせたのはルーマニアで日本人の居さんを乗せて以来。
---エスナのクヌム神殿、エドフのホルス神殿を見て回る。ルクソール、カルナック神殿よりも感動的。
---エドフでフールフール昼食。4つでたったの2ポンド。安い!
---帰りは、ルクソール橋のたもとでサンセットをみて宿に帰る。
---さすがに疲れた。。シャワーをあびた後、さすがに何処にも行く気になれず宿で夕食を済ませる。ビールを飲んでレオとおしゃべり。

[678] 4/28 (水) 晴れ
Luxor → Luxor West Bank 79.9km → Luxor Oasis Hotel
(Vmax:99.8 Mt:1h40min hmax:144 ODD:105141.72)
---今日は西岸を観光にバイクで。レオを西岸の船着場で下ろす。彼はもう西岸は何回も着ているので自分とプランが会わない。自転車を借りて回るとの事。
---メムノンの巨像、王家の谷、ハトシェプスト女王葬祭殿、ラメセウム、ラメセス3世葬祭殿をバイクで見て回る。
---レオも宿に帰ってきて一緒にビール。おしゃべり。彼は今夜8時のバスでハルガタ、フェリーでシナイ半島へ。ダハブを目指す。お別れ。気をつけて!フランスに帰ったら直ぐに仕事らしい。。

[679] 4/29 (木) 晴れ
---昨日の夜中から、腹痛が。。また嘔吐。何に当たったのか。最近お腹の調子が悪い。
---今日は調子が悪いので休憩。色々調べたら、昨日レオと一緒にエスナで昼食を食べたときの店にあった無料水マシーンからペットボトルに入れた水が原因?みたい。匂いをかぐと石油みたいな匂いが。。でも地元の人も飲んでるはずだし。
---一日ほぼ寝て過ごす。

[680] 4/30 (金) 曇りときどき小雨
Luxor → Kharga Oasis 492km → Teneida 約70km手前 野宿
(Vmax:101 Mt:6h15min hmax:543 ODD:105633.68)
[タイヤ圧調整]: Luxor
[チェーン給油]: Luxor
[ガソリン給油]: Luxor (QTY:28.17 OCT:90 PRC:1.75E£ ODD:105154.71)
[ガソリン給油]: Kharga Oasis (QTY:16.9 OCT:92 PRC:1.85E£ ODD:105520.8)
---ルクソールを出発。ナイル川沿い、紅海沿いルートではなく、西方砂漠オアシスルート経由でカイロを目指す。
---ルクソールの街をはなれて直ぐに砂漠。でも道は舗装なので全く問題ない。
---ハルガ・オアシスで燃料給油と昼食。途中たまに雨がぱらつく。ガイドブックじゃ雨が降るのは5年とか10年に一度とかって書いて歩けど??
---ハルガ・オアシスを過ぎてダフラ・オアシス手前で野宿。

[681] 5/1 (土) 晴れ
Teneida → Dakhla Oasis 442km → Farafra Oasis 野宿
(Vmax:101 Mt:6h36min hmax:274 ODD:106076)
[タイヤ圧確認]: Teneida
[チェーン給油]: Teneida
[ガソリン給油]: Dakhla Oasis (QTY:8.5 OCT:90 PRC:1.75E£ ODD:105714.97)
[ガソリン給油]: Farafra Oasis (QTY:17 OCT:90 PRC:1.75E£ ODD:106021.01)
[左アルミボックス歪み修正]: Farafra Oasis
---ダフラ・オアシスでお茶。高台からダフラの街を見下ろす。
---ファラフラ・オアシスに向かう途中に、気になる?場所があって砂漠の中へ入る。幹線道路へ戻る途中でスタック。。通りがかった地元の人アブドラさんにバイクを押すのを手伝ってもらう。その上に家に招待されて昼食にお茶までごちそうになる!ありがとう!
---ファラフラ・オアシスから直ぐに白砂漠へ。石灰が堆積?道が真っ白?本当かなぁ?途中石灰の麻袋を積んでるトラックを何台か見る。疑いの目。でも何個もの石灰の岩が地面から生えた?ように見える景色はチョット感動。
---白砂漠国立公園内へ。途中、砂にハマッて転倒。右足を少し捻る。左アルミボックスも歪んだ上に等々バックルが壊れて蓋が閉じない。とりあえず歪みをハンマーで叩いて修正。している間に日が暮れる。そのまま砂漠内で野宿。

[682] 5/2 (日) 晴れ
Farafra Oasis → Bahariya Oasis 600km → Giza Salma Motel Camping 野宿
(Vmax:104 Mt:9h12min hmax:303 ODD:106675.34)
[タイヤ圧確認]: Farafra Oasis
[チェーン給油]: Farafra Oasis
---白砂漠国立公園からバフレイヤ・オアシスへ。途中、クリスタルマウンテンを見る。
---バフレイヤ・オアシスでお茶とエジプシャン・スイーツ。ブラックデザート?山を見る。温泉に入ろうと思ったけど気分が乗らないのでパスしてカイロへ向けてひたすら走る。
---カイロ市内へ。渋滞が酷い。道を間違えると中央分離帯で区切られているのでUターンも出来ない。

[683] 5/3 (月) 晴れ
Giza → Saqqarah 126km Dahshur → Giza Salama Motel Camping 野宿
(Vmax:89.5 Mt:3h44min hmax:60 ODD:106801.76)
[タイヤ圧調整]: Giza
[チェーン給油]: Giza
[ガソリン給油]: Giza (QTY:10.81 OCT:92 PRC:1.85E£ ODD:106683.17)
[リアタイヤ交換]: Cairo (Dunlop 140/80-17 Trailmax D604 ODD:1066353.37)

[リアブレーキパッド交換]: Cairo[リアブレーキピストン、ピン清掃給油]: Cairo
[フロントタイヤ交換]: Cairo (Dunlop 3.00-21 Trailmax D604 ODD:106653.37)
[フロントチューブパンク修理]: Cairo
---バイクでサッカーラの階段状ピラミッド。そしてダフシュールの赤のピラミッドと屈折ピラミッドを見に行く。ピラミッド尽くし。
---ダフシュールのピラミッドを見た後、マンシェーヤで昼食。メンフィス遺跡は入り口まで行くも入らない。入らなくても良い気分?
---カイロ市内へ。バイク屋Mohammed Anwarへ。バイクの前後タイヤ交換とリアブレーキパッド交換。特にリアタイヤは、また土台が出ちゃった。。要交換。
---すべて交換し終わってセンタースタンドを下ろしたらフロントタイヤがパンク。。。結局、チューブ一箇所にピンホール。何で謎。パンク修理。
---市内のホテルを探すも泊まりたいところは一杯。あきらめてギザのキャンプ場に戻る。

[684] 5/4 (火) 晴れ
Giza → 68.5km → Cairo Sultan Hotel
(Vmax:96.2 Mt:2h1min hmax:42 ODD:106870.15)
[タイヤ圧調整]: Giza
[チェーン給油]: Giza
[オイル交換]: Cairo (QTY:2.4 PRC:33 ODD:106866.94 Mobil Super XHP 20W-50 Mineral)
---バイクでギザのピラミッドへ。クフ王の入り口から入場で即荷物検査。バイクはギザのピラミッドには入場できないとの事。とあるギザの観光警察?官にの観光警察専用駐車場に止めるように言われる。も違う警察官は止めちゃダメと言ってくる。さっき止めてもいいって行ったじゃん!!肩についてる階級証の上の人に相談。止めてもいいってドッチ??最後には将軍?が出てきて止めてもいいことに。。どうでも良いんだけど。「将軍にお礼を言って下さい。」っていわれる。はぁハイハイ。ありがとう。
---ギザのピラミッド入場料は先生は半額にならない!!予想はしてたけど。。。こんなことなら学生証無理やりでも取っておくべきだった。
---ギザの三大ピラミッド、スフィンクス等々を観光。歩きで。さすがに観光地!観光バスが何台も。。観光客もいっぱい。ダフシュールのピラミッドのほうが人がいなくて良かった。。客引きも面倒。切れ気味。
---リングロードに出てフランス系スーパーマーケット、カリフールの巨大?ショッピングモールへ。お買い物。欲しい物が見つからない。と言うより高い。欲しいカメラ日本の3倍。。空気入れ、タオル等々。
---カイロ市内へ。相変わらずの渋滞。キャンプ場は不便なので市内へ移動。
---途中ガソリンスタンドでオイル交換。
---カイロ市内のホテルにチェックイン。バイクはビルの中に入れられた。日本人宿。その後、ブラブラ街歩き。宿の近く一帯は車のパーツ屋さん!この品揃えはスゴイ!!ケーキ屋さんの2スクープのヨーグルト&チョコレートのアイス旨い!!味の格が違いすぎる。酒屋でビールを買って宿へ。日本人の旅人と旅話。

[写真]西方オアシス砂漠、カイロへの道

2010-05-06 Thu 00:38:32

ルクソールからハルガ・オアシスへ向かう道。


ハルガ・オアシスで昼食。ご飯、アエーシにタヒーナ、コフタに2種類のショルバト。


ダフラ・オアシスの入り口。


ダフラ・オアシスの?




ダフラ・オアシスからファラフラ・オアシスへ向かう道沿い。


幹線道路へ向かう途中でスタック。


ファラフラ・オアシスへ。


白砂漠。ファラフラ・オアシスを過ぎて直ぐ。


石灰岩。








サッカーラの階段ピラミッド。


ダフシュールの屈折ピラミッド。






ダフシュールの赤のピラミッドに向かって走る??


また出ちゃったタイヤの。。ココまで使えば本望。前後タイヤ交換。


言わずと知れたギザのピラミッドとスフィンクス。