Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[走行軌跡]ルアンダ、ナミビアへの道

2009-07-26 Sun 23:50:20


7/11 曇り
---やることなし。インターネット、バーでビール、銀行両替。
---キンシャサの街のローカルな道をダラダラ歩いていると、ヤウンデのプレズビー、ブラザビルのヒッポで一緒だった、ドイツ人オーバーランダーのステフィー&ステファンに偶然再会。マタディに向かっていた途中。
---ステフィー&ステファンも一緒にキンシャサでアンゴラビザの申請してナミビアまで一緒に旅をすることに。

7/12 曇り
---暇。。リラックス。街をダラダラ散歩。マイクと昼間からビール(ターボキング)。

7/13 曇り
Kinshasa → 市内 46km → Kinshasa Centre Lasallien de Kinshasa 野宿
(Vmax:88 Mt:1h27min hmax:314 ODD:62611.02)
[ガソリン給油]: Kinshasa (QTY:23.9 OCT:- PRC:835F ODD:62610.74)
---朝8時に日本領事館へ。アンゴラビザ取得の為の推薦状をピックアップ。
---アンゴラ大使館へ。ステフィーたちと待ち合わせ。一緒に大使館へ。
---無事にビザ申請。ドイツ人も同じルール。推薦状が要。ステフィーたちはドイツ大使館へ。
---待ち合わせたネットカフェでステフィーたちも何とかビザを申請できたとの事。明日同じ日に受け取れることに。
---明日ビザを受け取ったらその足で、直接アンゴラの国境近くまで移動することに。ステフィーたちは別のミッションへ移動。

7/14 曇り
Kinshasa → 市内 8.59km → Kinshasa Centre d'Accueil de Protestant 野宿
(Vmax:57.6 Mt:22min hmax:316 ODD:62619.64)
[チェーン給油]: Kinshasa
[タイヤ圧調整]: Kinshasa
---アンゴラ大使館前で朝9時にステフィーたちと待ち合わせ。
---待つこと5時間。。。大使がいなくてビザが遅れたとの事。大使館に4回出たり入ったり。。
---結局この日の移動はあきらめステフィーたちが泊まっていたミッションへ。
---キンシャサのダウンタウンを散策。すべてのものが高すぎる。

7/15 曇り
Kinshasa → 273km → Songololo Paroisse St Joseph 野宿
(Vmax:98.3 Mt:4h29min hmax:742 ODD:62891.59)
[ガソリン給油]: Kimpese (QTY:12.88 OCT:- PRC:835F ODD:62834.76)
---アンゴラとの国境に向けて出発。
---アンゴラとの国境近くの街、ソンゴロロのミッションの敷地で野宿。アンゴラビザが5日間トランジットビザの為に、なるべく朝早くにアンゴラに入国して時間を稼ぎたい。
---ソンゴロロの村を散策。

7/16 曇り
DRC Songololo → 国境 Luvo 302km Angola M'Banza-Congo → Angola N'zeto Mission Cathoric 野宿
(Vmax:88.2 Mt:6h5min hmax:622 ODD:63193.37)
[チェーン給油]: DRC Songololo
[タイヤ圧調整]: DRC Songololo
---アンゴラに入国。ヤウンデのプレズビーで会ったオーストラリアのオーバーランドトラックに偶然再会。25人分のイミグレスタンプ、レジストレーション面倒そう。
---国境からンバンザ・コンゴまではワダチ、穴のあるグラベル、ンゼトまでは中国が建設中の道でフラットなグラベル。
---途中トンボコでステフィー&ステファンを待っている間にバーでビール。無類のビール好きステファン捨て台詞「????!!」
---ンゼトのミッションの敷地で野宿。

7/17 曇りのち晴れ
N'zeto → 257km → Luanda Club Nautico 野宿
(Vmax:87.7 Mt:6h21min hmax:178 ODD:63450.18)
[チェーン給油]: N'zeto
[タイヤ圧調整]: N'zeto
[ガソリン給油]: Luanda (QTY:26.25 OCT:- PRC:40K ODD:63437.18)
---朝、マイクのフロントタイヤがパンクしていることに気づく。修理。
---ンゼト付近は深い砂。。その後、舗装の剥がれたひどい道。コルゲーションもひどい。
---首都ルアンダ市内ひどい渋滞。。中心に向かう車、トラック全く動かない。反対車線にでて追い越し。
---高級レストラン、クラブ・ナウティコの駐車場にテントを張る。ウォータフロント。ルアンダの高層ビル、街の夜景が綺麗。
---アンゴラ人のセキュリティー会社を経営するリカルドに夕食&ビールをご馳走になる。総額40ドル。。
---リカルドに夕食をご馳走になって駐車場に戻ると、ステフィーたちも既に到着していて夕食も用意してくれていた。ご飯と豆のスープ。食べすぎ。。

7/18 曇り
Luanda → Sumbe 523km → Lobito Restaurante E Esplanada 野宿
(Vmax:112 Mt:7h57min hmax:351 ODD:63975.56)
[チェーン給油]: Luanda
---名残惜しいけど、ルアンダを離れる。ルアンダを出る幹線道路で事故渋滞。。舗装道路をひたすら南下。
---ロビトのレストランの目の前のビーチで野宿。レストランの人がビールをご馳走してくれた。夕食パスタ&トマトと海老のソース。

7/19 曇り
Lobito → Lubango 486km → Chibia 野宿
(Vmax:106 Mt:8h4min hmax:1891 ODD:64464.49)
[チェーン給油]: Lobito
[タイヤ圧調整]: Lobito
[ガソリン給油]: Lobito (QTY:25 OCT:- PRC:40K ODD:63979.87)
[ガソリン給油]: Lubango (QTY:16.75 OCT:- PRC:40K ODD:64403.03)
---ひたすら南下。。。バングエラからルバンゴ間道路工事中。ひどいコルゲーション。
---ルバンゴの宿どこも高い。チビアの街はずれのの道路工事の残土置き場で野宿。

7/20 曇り時々晴れ
Angola Chibia → Angola Xangongo 381km 国境 Calueque → Namibia Ruacana Hippo Pool 野宿
(Vmax:106 Mt:7h33min hmax:1454 ODD:64845.83)
[チェーン給油]: Chibia
---チビアからも道路工事中でひどいコルゲーション。深い穴多数。
---幹線道路からマイナー国境に向かう道。深い砂。一回スタック自力脱出。一回フロントが滑って転倒。
---ナミビアとの国境に到着。国境の閉まるナミビア時間午後6時にぎりぎりイミグレ・税関の申請できた。
---ナミビアに入国。夜間走行。キャンプ場野宿。

7/21 晴れ
Ruacana → 市内 84.3km → Ruacana Hippo Pool 野宿
(Vmax:109 Mt:1h10min hmax:862 ODD:64929.75)
---ついにナミビア!ステーキ、ポテチ、チョコレート!夢に出てくる。
---ルカナの街に買出しに向かう。豚のリブを丸ごと買う。夕食バーベキュー!

7/22 晴れ
---一日リラックス。洗濯。世間話。近くの川、ダムを散策。

7/23 晴れ
Ruecana → 251km → Epupa Epupa Falls Camping Site 野宿
(Vmax:102 Mt:4h12min hmax:1309 ODD:65181.44)
[チェーン給油]: Ruecana
[ガソリン給油]: Ruecana (QTY:27.18 OCT:93 PRC:7.21N$ ODD:64951.48)
---アンゴラ国境近くにあるエプパの滝へ向けて昼頃に出発。ステフィーたちはオプオに直接向かう。一時お別れ。
---ナミビアの道。グラベルでも限りなくフラット。走りやすい。90km/h巡航。
---エプパの滝に到着。キャンプ場野宿。

7/24 晴れ
Epupa → 178km → Opuwo Oreness Rest Camp 野宿
(Vmax:102 Mt:2h28min hmax:1399 ODD:65360.09)
[チェーン給油]: Epupa
---朝、エプパの滝の周りを散策。
---昼にエプパを離れ、オプオに。ステフィー&ステファンに再会。
---オプオのスーパーに夕食の買出し。普通の西洋の服を着た人々と混じって、ヒンバのトップレスの女性が平然と街中を歩いてる。。面白い。日本で言ったら普通の人並みの中にチョンマゲの侍が歩いてるイメージ?!なのかな??
---路上でWIFIスポット発見。インターネット。
---夕食バーベキュー。牛肉ステーキ、ソーセージ、ポテト、茄子、パプリカ。。う〜ん!確実に太るな。

[写真]ルアンダ、ナミビアへの道

2009-07-26 Sun 23:43:46

キンシャサにあるサッカースタジアム


アンゴラへ向けて出発。ソンゴロロのミッションにて。
マイク、ステフィー&ステファン。


ンゼトに向かう道。


トンボコの街。


ルアンダへ向かう道。良く目にする光景。


崩壊した橋。


カメレオン?


アンゴラの首都ルアンダのダウンタウン。オイル会社のビルが乱立。


対岸からの夜景。


走行中。


内戦の傷跡。とある変態。


ナミビアのマイナー国境へ向かう道。所々深い砂。


スタック。


転倒。


ナミビアに入国。ヒッポプール?の近くにある川。マイク放置されていた船で対岸まで行こうとするも2m行ったところであきらめた。


エプパの滝に向かう途中。ヒンバの人々と。


朝にエプパの滝を散策。


エプパの滝。


滝の近くにいた豚。おいしそう!


オプオへ向かう道に牛。おいしそう!

[写真]キンシャサ、マタディへの道

2009-07-14 Tue 01:42:40

ザイール川を渡る。キンシャサから来たフェリー。


かわいい犬。


マタディ、アンゴラへ向かう道。


マイケル・ジャクソンがねぇ?


とあるミッションの看板。キンシャサ市内ミッション・カソリック200以上あるらしいことが判明。。。


ダメ人間の行く末。ミッションカソリックにて。

キンシャサ、マタディへの道

2009-07-11 Sat 22:10:46

7/5 曇り時々晴れ
---街のカフェでWIFIインターネット。
---秘密の書類を翌朝5時までかけてPCで作成。この書類の作り方でマイクともめる。

7/6 曇り時々晴れ
---秘密の書類、最後の詰め。ネットカフェでプリントアウト。昼過ぎまでかかる。
---相変わらずビリヤード練習。ダラダラ過ごしてしまった。。。
---怠け癖がついてしまったなぁ。。。。。。

7/7 曇り
Congo Brazzaville → DRC Kinshasa 72.4km → DRC Kasangulu Hotel
(Vmax:93.5 Mt:59min hmax:586 ODD:61823.33)
[ガソリン給油]: Brazzaville (QTY:20.17 OCT:- PRC:595XAF ODD:61751.85)
---コンゴ(ザイール)川を船で渡りコンゴ民主共和国の首都キンシャサに到着。イミグレ、税関特に問題なし。6、7時間かかる。面倒等々、噂で聞いていたけど2時間程度で終わる。
---キンシャサ市内にあるミッション・カソリック(宿)を探して彷徨う。
---キンシャサ市内にある教会サンルイ前で大きな群集(デモ隊?)が。教会のミッションで宿泊できるか訪ねたい。。
---群衆の中へ強行突入!!マイクも後を追う。群衆から「ニイハオ」コールが沸き起こる(だから俺は中国人じゃないって!!)バイクを群集に倒されること2度。走っている最中、引っ張る、叩く、殴る、蹴るの嵐。一般市民が追い剥ぎに変わる。「金よこせ!」「食い物よこせ!!」
---アクセル全開。群集から脱出。マイクを見失う。。。
---街を彷徨っていたら、メインロードでマイクと奇跡的にも再開!マイクも同じ目に。。
---キンシャサを離れ市内から60km離れた街のホテルへ。道中バーでビール。
---後々聞いたら、DRCに多大な貢献をした有名なコメディアンが亡くなって彼が埋葬された日だったとの事。マイケル・ジャクソンとくしくも同じ日。

7/8 曇り時々晴れ
Kasangulu → Matadi 568km → Pont Lukusu 野宿
(Vmax:107 Mt:8h9min hmax:743 ODD:52392.45)
[チェーン給油]: Kasangulu
[タイヤ圧調整]: Kasangulu
[ガソリン給油]: Matadi (QTY:17.98 OCT:- PRC:835F ODD:62392.45)
---アンゴラとの国境の街、マタディに向けて南下。
---マタディのアンゴラ領事館へ。アンゴラのトランジットビザについて訪ねる。
---領事がキンシャサに出張中で来週の火曜日にならないとビザの申請が出来ないと言われる。ヤウンデで会ったロドリゴもマタディでのビザ取得を諦めキンシャサに戻ったとの事。
---キンシャサに戻ることを決断。明日は木曜日。申請できたら、金曜日には発給できるとのこと。なるべくキンシャサの近くまで行きたい。
---この旅で2番目に長い距離を走る。移動時間最長。。中国の道路建設現場の敷地で野宿。

7/9 曇り
Pont Lukusu → 131km → Kinshasa Centre Lasallien de Kinshasa 野宿
(Vmax:92.8 Mt:3h hmax:655 ODD:62523.36)
---朝早く出発。キンシャサのアンゴラ大使館に8時半に到着。
---アンゴラ大使館へ木曜日はビザの申請はやっていないとのツレナイ言葉。。。なんだよ。もう。。。
---キンシャサ市内へ宿探し。ミッション・カソリックに宿泊したい。
---サンルイ、サンタ・デ・ミハエル、サンタ・デ・ウガンダ。。。何処も宿泊は不可とのこと。。ある教会であったミハエルがキャンプできるミッションまで連れて行ってくれて、しかも場所の交渉までしてくれた。感謝。敷地内でキャンプ。無料。助かる。コンゴ、DRC、物価が高い。
---街のバーでビール、夕食の買出し。自炊。7時には就寝。

7/10 曇り時々晴れ
Kinshasa → 市内 41.7km → Kinshasa Centre Lasallien de Kinshasa 野宿
(Vmax:76.9 Mt:1h42min hmax:316 ODD:62565.19)
---再度アンゴラ大使館へ。ビザ申請に在DRC日本領事館からの推薦状が必要との事。。マタディじゃ必要ないのに。。
---在DRC日本領事館へ。推薦状の発給をお願いする。色々と忠告を受ける。「警察の静止を無視した人が射殺された」とか「副大統領の??も亡くなって明日埋葬される日で、午前中は出歩かないように」とかとか「一刻も早くDRCから出て行ったほうが良い」とかとかとか。気をつけよう。
---結局、アンゴラビザ取得の為の推薦状は早くても月曜の朝にならないと発給できないとの事。。。マタディには戻りたくない。
---ロドリゴからメールが届く。まだキンシャサ市内のあるミッション・カソリックにいるらしい。また彼が市内で追い剥ぎにあったらしく色々盗まれたらしい。。。
---ロドリゴを探しにメールにあったミッションを訪ねるも今日の朝、街を離れたらしい。
---マイクも一緒にアンゴラ大使館や日本領事館まで付いて来てくれて、長い時間待たせてしまった。。ありがとう。

ブラザビルにて

2009-07-05 Sun 22:59:23

7/3 曇り時々晴れ
---レストランの一室にあるビリヤード台でプールをマイクとプレイ。
---街のカフェでWIFIインターネット、ブログ、メール。

7/4 曇り
Brazzaville → 市内 9.1km → Brazzaville Hippo Campe Restaurant
(Vmax:57.2 Mt:22min hmax:297 ODD:61751.24)
[オイル交換]: Brazzaville (QTY:2.0 PRC:4300XAF ODD:61751.24 Total Quarts 7000 10W-40)
Accra (QTY:0.4 PRC:10.4C Total Quarts 7000 10W-40)
[フレーム溶接修理]: Brazzaville
[チェーン給油]: Brazzaville
---キンシャサ行きのフェリー乗り場の位置と出発時刻を確認に行く。
---オイル交換をする。オイルを入れているときに、フレームのピボット下に大きな亀裂があることに気づく。
---フレームのピボット下の両側の角パイプ半周に渡って大きな亀裂が。タイヤ、リアフォーク、リアサス取り外し。
---街の溶接工の場所を尋ねたら、レストランの人が電溶を持っていて、しかも溶接までしてくれた。感謝!
---ビリヤード練習。マイクはレストランにあるDVDを借りて映画鑑賞。

フレームピボット下、右側の亀裂。


左側の亀裂。。



溶接修理中。。。フレームこの先?大丈夫かいな。。