Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[走行軌跡]センガ・ベイ、ケープマクレアへの道

2009-12-30 Wed 23:09:07

新年をここマラウィのケープマクレアで迎えることにしました。
みなさま良いお年を!

[552] 12/23 (水) 晴れ
Lilongwe → 市街 43.4km → Lilongwe Mabuwe Camp 野宿
(Vmax:78.6 Mt:1h28min hmax:1111 ODD:89267.12)
---午前中、モザンビークビザを申請へ。シングル1ヶ月6,700クワチャ。。。高い。国境のほうが安い?!
---申請している間に日本大使館へ。特に用もないけど挨拶。面白い話を聞く。今、このリロングウェ街に似つかわしくない!?日本大使館前に建設されている国会議事堂について。以前は台湾が建設計画をしていたけど、マラウィ政府が台湾との国交を切って、今では中国と国交を結んだらしい。そしてその建設を引き続き中国が進めているとの事。。。それって、どーなんだろーか??
---午後にビザを受取。宿に帰って飲んだくれて寝る。

[553] 12/24 (木) 晴れ時々雨
---歩いて旧市街へ。情報で味噌、醤油などを扱ってるオールド・タウン・モールへ。味噌多分賞味期限?!製造年月日なのか1年以上前のもの。味も落ちるしあきらめる。
---ブラブラ旧市街を散策。

[554] 12/25 (金) 曇り時々晴れ
Lilongwe → 135km → Senga Bay Cool Runnings 野宿
(Vmax:99.6 Mt:2h3min hmax:1301 ODD:89402.3)
[タイヤ圧調整]: Lilongwe
[チェーン給油]: Lilongwe
---今日はクリスマス。。か。リロングウェ特に見所無く?!移動。
---センガ・ベイへ。昼には宿に到着。クリスマスディナー3,000クワチャ。。無理。宿のゲスト達と旅話。
---センガ・ベイの湖畔、漁村、村のマーケットを散策。村のバーでチブク(ローカルビール)&クチェクチェ(普通のビール)を飲み食べ歩き気持ち悪く。。サラダ&チップス、ライスサモサ、シマ&マトンシチュー。。

[555] 12/26 (土) 晴れのち雨
---漁村に朝、昼食を食べに行く。50クワチャでシマ&ヤギ肉。村のマーケットをブラブラ。村のバーでビールを飲んで地元の人と世間話。昨日と変わらん。
---村のバーは音楽無し。マラリアにかかっていた5歳になる子供が今日、亡くなったらしい。かわいそう。こんな時は村から音楽が消える。
---バーで13歳のエマニュエルに会う。話を聞くと、、両親が3年前にHIVで無くなってからは、1人でセンガに小さな家を借りて生活している。今は弁護士になる為に勉強しているとの事。目が輝いてるな!勿論、家に電気もない。ローソク30クワチャは高いな。毎日だし。学費等々をとあるイギリス人が援助しているらしい。後に聞いた話だと、こうした境遇の15歳以下の子供が今8〜9万人マラウィにいるらしい。。

[556] 12/27 (日) 晴れ
Senga Bay → Salima 46.7km → Senga Bay Cool Runnings 野宿
(Vmax:83.3 Mt:53min hmax:534 ODD:89448.97)
[オイル交換]: Senga Bay (QTY:2.4 PRC:990K Castrol GTX Long Mileage 20W-50)
---バイクでサリマの街へ。街のスーパーでエンジンオイルを購入。意外と安かったからついつい買ってしまった。レストランで朝、昼食。スパゲティー、サモサ&チップス。
---宿に帰ってオイル交換。早めに交換しよう!
---南アから来ているライアンたちにセイリングに誘われてマラウィ湖沖へ。宿に以前ゲストがそのまま放置していったセイリングボートを修理。船酔いで少し気分が、、その後夕食に招待してもらった!ありがとう!

[557] 12/28 (月) 晴れのち雨
Senga Bay → Salima 41km → Senga Bay Cool Runnings 野宿
(Vmax:97.1 Mt:44min hmax:554 ODD:89490.01)
---ひたすらパソコンでメールを書く。暑いな!今日は。
---再びサリマの街へ。インターネット。パキスタンの人が経営するレストランでビーフカレー&チップス。ここのレストランは安くて旨い!

[558] 12/29 (火) 晴れ時々小雨
Senga Bay → Monkey Bay 184km → Cape Maclear Fat Monkeys 野宿
(Vmax:98.1 Mt:2h43min hmax:603 ODD:89674.01)
[タイヤ圧調整]: Senga Bay
[チェーン給油]: Senga Bay
[ガソリン給油]: Salima (QTY:21.08 OCT:- PRC:213.5K ODD:89513.05)
---ケープマクレアに向けて移動。途中モンキーベイのレストランで昼食。付近の宿を偵察。ビール。
---ケープマクレアに到着。宿はゲストたくさん!キャンプ750Kは高すぎる!と言うことで500Kにまけてもらった。センガ、ケープマクレアよりモンキーベイのほうが綺麗だな。。人も殆どいなかったし。
---村とビーチ沿いを散策。観光地だけに地元の人がいっぱい寄ってくる。。名前がトラストって。「観光客にウソついたり騙したりしちゃダメだよ!名前がトラストなんだし」とチョット嫌味?! 村のバー(イギリスの、、だけに何処のバーにもプールテーブルが)で、カヤとおしゃべり。音楽について。「マラウィの歌は政治についての歌が多くてヤダ!」って。ザンビアの曲をよくバーで聞く。PVも笑える!?ザンビアの曲は主に愛について歌っている曲が多い。マイクとおしゃべり。街の診療所でHIVカウンセラーとして働いている。ケープマクレアに2003年に診療所が出来る以前は1日に4,5人の人が毎日亡くなっていたらしい。給料も聞いたら酷いな。。。でも誇りをもって働いている。

[走行軌跡]ムフエ、チパタへの道

2009-12-23 Wed 17:11:51


[544] 12/15 (火) 晴れ
Lusaka → 市街 59.9km → Lusaka Euruka Camping Park 野宿
(Vmax:96.1 Mt:1h31min hmax:1308 ODD:88284.77)
---ルカ&ビンセントと朝食。そしてお見送り。今日は800km走ってマラウィのリロングウェまで行くとのこと。そして2ヶ月の間でヨーロッパまで北上。気をつけて。そしてガスはチパタで給油を!
---午前中にタンザニア大使館でビザ申請。シングル3ヶ月50USD。高いよ。アフリカのビザ。。
---暇つぶし。お昼はローカルなレストラン?!でシマ&チキン。日本の大使館の人達も良く来るけど、直ぐお別れにとは、多分人事異動で日本に帰ってしまうからなのかな??
---ショッピングセンター巡り。本屋さん。インターネット。送り忘れていた友達に絵葉書を送る。
---午後に再びタンザニア大使館へ。ビザ受取。西と違ってスムーズに事が運ぶな。
---買い出しをしてキャンプサイトに帰る。

[545] 12/16 (水) 晴れときどき曇り
Lusaka → Luangwa Bridge 467km → Petauke 野宿
(Vmax:107 Mt:6h3min hmax:1291 ODD:88751.54)
[チェーン給油]: Lusaka
[タイヤ圧調整]: Lusaka
[ガソリン給油]: Lusaka (QTY:32.72 OCT:- PRC:5817K ODD:88302.12)
[チェーン給油]: Chongwe
[ガソリン給油]: Nyimba (QTY:8.04 OCT:- PRC:6219K ODD:88639.03)
---南ルアングアNPに向けて出発。グレート・イースト・ロードをひたすら東へ。
---ブッシュポイントなかなか見つからず。ペタウケまで来てしまった。。
---ブッシュに入った森中に無数の蛍が!!蛍なんて子供の時以来??綺麗!しばし観賞。深夜、起きてみるももういない。夕方、日が落ちてから直ぐ位に出るのかな?

[546] 12/17 (木) 晴れときどき曇り
Petauke → Mambwe 155km → Mfuwe Flatdogs Camp 野宿
(Vmax:81.8 Mt:6h4min hmax:952 ODD:88906)
---チパタ経由でなく、ペタウケからムフエに向かうダートに入る。
---雨が降ってたら終わってたな。。マディー。日が暑い!!何度も立ちゴケ。転倒。道も間違える。幾度か村の人にバイクを泥から出したり、水をわけてもらったり、道を教えてもらったりと助けてもらう。乾いているところが未だあるので助かる。
---カンゾートと言う小さな村を過ぎて、大きな乾いた川を渡った後、、、
---全く見えなかった。。のちに目の前、数センチまで寄っても見えない、通り道に仕掛けてあった、象や野生動物除けの鉄線。。村人も手を振るだけで何も忠告もしてくれない。。暑さで、サングラスかけず、バイザーも開けたまま、、
---走行中、、、40キロくらいか?この仕掛けが顔面に直撃!映画マトリクスの例のシーン?!の失敗した状態(のけぞった状態)でバイクと共に右手の藪の中へ突入「あれぇ〜〜」、そして転倒。直ぐヘルメットを脱ぐ。瞬間、左眼に違和感。でも直ぐに左眼が見えていることに気づく。(助かった!!)でも眼が良く開かない。。左手で眼を押さえる。。血が!「なんじゃこりゃー!」冗談じゃない。。
---左眼の下を切った。ターバンでグルグル巻き左眼を止血。村人も駆け寄ってくる。中には仕掛けに引っかかったことを笑っているヤツさえいる。。。2km先にあるChilongozi村の診療所へ。でも簡単な消毒とガーゼを張って応急処置しか出来ない。その後、学校の先生のモーゼスとジャイラスにバイクで先導してもらって、2時間半近く60km走って(途中、道を横切る巨大なカバ、象、キリンを見る事が出来た!道は所々深い砂、何度か転倒)ムフエの診療所に到着したのは夜の9時。看護婦さんに2針縫ってもらう。
---ほっ。ともかくスゴク幸運だった!!目に入ってたら失明してたかもしれないし、喉に入ってたら終わってたかもしれない。

[547] 12/18 (金) 晴れ
Mfuwe → 9.04km → Mfuwe Croc Camp 野宿
(Vmax:75.3 Mt:21min hmax:546 ODD:88915.03)
---Flatdogsに診療所の先生が来る。毎日9時から10時まで。村のクリニックに行けば誰でもタダで診てもらえる。でもここでは一回の診察で150USD以上取るとはキャンプ場のマネージャーに聞く。でも一応挨拶。4,5日後に抜糸にクリニック行きますと。チョットだけ状況を見てもらう。問題ないとの事。自分もそう思う。
---ここのキャンプ場高級すぎるしすべてが高い!キャンプ7ドル50セント!別のキャンプ場へ移動。
---クロコ・キャンプへ。ここでもキャンプ7ドル50セントと言われるも粘って5ドルにまけてもらった!ここで少しゆっくりするか。。。
---洗濯の後、村へ食事へ。昨日は何も食べてなかったからお腹減った。村の店を散策。これは自分で作るより、食堂で食べたほうが安上がりみたい。シマ&チキンそしてビール!?を買って帰る。
---ビールを飲みながら、、目の前の対岸に南ルアングアNP、そしてルアングア川。そしてカバ、象を見る事が出来る。夜中、キャンプサイトにもカバが陸に上がってきて奇声を上げながら、自分のテントの周りを徘徊。。怖い。

[548] 12/19 (土) 晴れのち雨
Mfuwe → 村 5.34km → Mfuwe Croc Camp 野宿
(Vmax:63.7 Mt:7.5min hmax:541 ODD:88920.38)
---朝遅く起きて、シャワーをあびてダラダラ。目の周りを良く洗うようにと看護婦さんに言われた。
---キャンプ場のスタッフ、マーティンとおしゃべり。ゲスト自分1人で暇らしい。ザンビアの大統領が南ルワングワ国立公園内のロッジでクリスマス休暇を過ごすとのこと。毎年、来るらしい。会いたい人はここから25km先の空港に行けば会えるらしい。7月にはスワジランド王が休養に来たとの事。意外と有名なのね。この場所。公園の入場料は25ドルだしロッジは1泊300ドル以上!?だし会うのは無理!
---行きつけ(未だ2度目だけど)の食堂&バーへ。シマ&チキンは全く同じ。これしかないらしい。。そしてザンビア・ビールのモシ。
---キャンプ場に戻って、DSテレビでイングランド・サッカーのリバプール vs ポーツマツを観戦。最下位のポーツマツにリバプール破れる。怪我をした上に退場になった選手(最悪)が決め手になった。
---ビールを飲みながら、ただ対岸の公園と川とカバを眺める。。。。急に強風に雨、テントに直ぐに入ってそのまま就寝。

[549] 12/20 (日) 雨のち晴れ
Mfuwe → 村 5.05km → Mfuwe Croc Camp 野宿
(Vmax:71 Mt:13min hmax:534 ODD:88925.42)
---行きつけのムフエのバーでビール、そして食堂でシマ・チキン。
---キャンプ場に戻ると、丁度、象たちが来客。オーナーに色々怖い話を聞く。「公園へウォーキング・サファリに行ったガイドと女性ゲストが、突然森の茂みから象の親子に出くわして、親象が女性ゲストへ突進!衝突して、角で跳ね上げられた後に、何回も踏まれて、、、その後は、、」とかとか、キャンプサイトの直ぐ目の前を流れる川(ワニの宝庫)で「地元の漁師を川から救助したんだけど、既に胸、お腹から縦に真っ二つに割られて、内臓を全部、、、」とかとか聞く。怖すぎる。。
---テレビでサッカー観戦。暇!寝る。

[550] 12/21 (月) 晴れのち小雨
Mfuwe → 147km → Chipata Dean's Hill View Lodge 野宿
(Vmax:94.6 Mt:2h58min hmax:1153 ODD:89702.46)
[チェーン給油]: Mfuwe
[タイヤ圧調整]: Mfuwe
[左アルミボックス歪み修正]: Mfuwe
---午前中、ムフエの診療所へ抜糸に行く。先生!手が震えてる。怖いんですけど。看護婦さんの方が上手!?ものの1分程度で終わる。ありがとう!!
---バーでビールの後、キャンプサイトに戻ってパッキング。そしてチパタに向けて出発。バーの店員に大統領が明日の午後3,4時にムフエの空港に到着するらしい話を聞くけど別にね。。。
---ムフエを出発後、直ぐに強風、雨。。道も滑りやすく。チパタに着くころには雨が止んだ。キャンプ場にチェックイン。オーナーと旅話。ゲストまたも自分ひとり。。人のいない所へ行くのが得意??

[551] 12/22 (火) 曇りのち雨
Zambia Chipata → 国境 Mchinji 151km → Malawi Lilongwe Mabuwe Camp 野宿
(Vmax:96.9 Mt:2h15min hmax:1309 ODD:89223.7)
[チェーン給油]: Zambia Chipata
[ガソリン給油]: Zambia Chipata (QTY:5.82 OCT:- PRC:6389K ODD:89705.27)
[ガソリン給油]: Zambia Chipata (QTY:26.77 OCT:- PRC:6389K ODD:89705.27)
---マラウィのガソリン不足事情からチパタで満タンに。
---マラウィに入国。国境を過ぎて保険に加入。1ヶ月3000クワチャ。
---マラウィの首都、リロングウェに到着。キャンプ場にチェックイン。街をバイクで散策。うーん。マラウィ湖畔で正月を迎えるか??これと言って。。。何もない。
---マーケットへ夕食を食べに。宿のレストランは高いし、裏の食堂も閉まってる。今は雨季が始まって、コレラが発生する時期だからマーケットで食べるのは止めた方が良いと言われるも。。。シマと牛のレバーシチュー。食べれるけど不味い。50クワチャじゃ仕方ない。しかも地面が雨でドロドロ。これはコレラが発生するのも分かる気がする。劣悪環境。

[写真]ムフエ、チパタへの道

2009-12-23 Wed 17:05:03

ルアングア橋手前の村の食堂で昼食。


ペタウケを過ぎた森の中で野宿。夕方、無数の蛍が出現!


南ルアングア国立公園へ向かうダート。マディーで走りづらい。
どう見ても道を間違えた。しかも泥でスタック。
乾燥したところまでバイクを引っ張り出して自力脱出。前の村まで戻って迂回路を聞く。








水の無い川を渡った後、、、


鉄ワイヤーが顔面直撃。眼がつぶれなくて良かった!村人撮影。


キャンプ場。リラックス。猿、ヒヒが昼間出没。抜糸出来るまで待つことに。


対岸に国立公園。カバと象を良く見る。


ムフエの診療所。目の下を看護婦さんに縫ってもらった。




マラウィに入国。制限速度の看板。

ルサカへの道

2009-12-15 Tue 19:57:33


[535] 12/12 (土) 曇り時々雨
---出発しようと思ったけど、体が動かない。でもビールを買いに行くことは出来る。。ビールを飲んで、ご飯を食べて、ネット、昼寝。。ダラケキッテル。

[536] 12/13 (日) 曇り時々小雨
Livingstone → Choma 499km → Lusaka Eureka Camping Park 野宿
(Vmax:105 Mt:6h37min hmax:1354 ODD:88165.59)
[チェーン給油]: Choma
---ルサカに向けて出発。舗装道路をひたすら東へ。
---途中ブッシュしようと思ったけどなかなか良いポイントが見つからず気付いたらルサカに到着してしまった。。
---宿探し。チャチャチャ・バックパッカーズに行ったら、今月から来月初めにかけてキャンプ出来ないとの事。そんなー。。ドミ12USDは高い。結構ゲストがたくさんいる!初のインディペンデント中国人旅人、おぉビク滝で会った韓国人のミッチェルもいる。けど高いなぁ。。10km戻ってルサカ郊外のキャンプ場へチェックイン。残念。
---隣のサイトに、オーバーランダー、イタリア人のルカとフランス人のビンセントがやってきた。考古学者と哲学者という組み合わせ。面白い。
---東はオーバーランドトラックを良く見る。ピンクキャラバン?!fromスウェーデン。うぁー怪しい(笑)一体何が起きるのか。。

[537] 12/14 (月) 晴れのち小雨
Lusaka → 市街 59.3km → Lusaka Eureka Camping Park 野宿
(Vmax:105 Mt:1h32min hmax:1304 ODD:88224.86)
---日本大使館へ。挨拶とマラウィの情勢について聞きに行く。領事が会議に入ったとの事で待っている間にマラウィ大使館へ。
---事前情報ではマラウィは今燃料が無く、リンログウェで4時間待ち、ブランタイヤでは全く手に入らないとの事。聞いてみると。。。「人が生活しているんだから大丈夫ですよ。それに燃料問題は11月までの話」との返事。本当かなぁ??
---再度、日本大使館へ。マラウィ情勢について。大使の車でさえ、大使館員をガススタに張り付かせて4時間待ってやっと燃料が買える有様らしい。この状況も色々な状況から急速に回復することは無いでしょうとの事。うーん。どうしよう。公共交通機関も殆ど動いてないらしいし。物流とか大丈夫なのかな。ビール飲めるのかな?(そういう問題?!)クリスマスと新年をマラウィでゆっくり迎えようと思ってたのに。。。燃料盗まれたらヤダな。
---大型ショッピングセンターへ。東アフリカのガイドブック探し。高い。
---タンザニア大使館へ。午前中しかビザ申請できないとの事。失敗した。
---モザンビーク大使館へ。同様。でも国境で取れそうだから良いか。
---市内の宿探し。チャチャチャの反対側にある宿ドミ安いけどキャンプよりは高い。。近くのゲストハウスでキャンプさせてくれるところを発見したけど、今いるキャンプ場より高い。離れてるけど仕方ない戻るか。
---ここのキャンプ場、ルサカから10kしか離れてないのに、シマウマとキリンが普通に歩いてる。夜は自分のテントの直ぐそばでシマウマが草を食べてる。西側は殆どこんなことは無かったから感動!


リビングストンの宿にて。ダラケきってる具合はこの猫と全く一緒。


ルサカ郊外のキャンプ場にて。シマウマにキリンが何もなかったかのように歩いてる。


シマシマすぎる。最近、思った。動物好きなのかな?動物写真多いな。


ジンバブエのお札

2009-12-13 Sun 00:40:17

100兆ジンバブエ・ドルです。わざわざ国境まで買いに行ってきました。


[539] 12/10 (木) 晴れ時々雨
---何処に行くわけでもなく、宿でダラダラ過ごす。スーパーに行っただけ。トーストンは違う宿へ。お見送り。
---ビクトリア滝すべてのアクティビティーが高い。。。マイクロライト15分120、バンジー55〜65、ラフティング120〜、リブングストン島60〜120、、、悩む。

[534] 12/11 (金) 晴れ時々雨
Livingstone → 市街 18.9km → Livingstone Fawlty Towers 野宿
(Vmax:92.3 Mt:21min hmax:928 ODD:87666.54)
[チェーン1コマ調整]: Livingstone
[チェーン給油]
[ウィンカースイッチ内部清掃]
[ドライブスプロケットカバー清掃]
[シリンダヘッドカバーシール清掃]
[エンジンオイル油量確認]
[フロントブレーキピストン清掃]
[フロントブレーキパッド交換]
[右シュラウド亀裂ガムテープ止め]
[タイヤ圧調整]
[タンクガード歪み修正]
---バイク修理。。ウィンカースイッチ接点ゴミで点灯せず。エンジン油量減ってる。。なぜ?ヘッドカバーのシール交換しないとオイル漏れてる。ヘッド面に液ガスは使いたくない。フロントブレーキディスク磨耗で段差が、、新品交換したら引きずり。ピストン動きも渋い。ピストンシールの溝の掃除しないとダメ?カウル類もバキバキに割れる。劣化が。
---試走がてらザンビア・ジンバブエ国境へ。ついでに100兆ドル札を1枚買ってしまう。これ本物かなぁ?