Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[走行軌跡]ダマスカス、ベイルート、アレッポへの道

2010-05-28 Fri 00:02:48


[698] 5/18 (火) 曇り
Qraiya → Suweida 104km → Damascus Al-Haramain Hotel
(Vmax:99 Mt:2h44min hmax:913 ODD:108570.82)
[タイヤ圧調整]: Qraiya
[チェーン給油]: Qraiya
---ダマスカス市街へ。道が分からない。。一方通行と中央分離帯が。本当に面倒。渋滞はそれほどでもないけど。
---バイクを中庭に止められる宿にチェックイン。シャワーを浴びた後、宿近くの店でフールサンドイッチを2つ買って宿に戻って、インターネット&メールチェック等々に時間を費やす。

[699] 5/19 (水) 晴れ
---今日は1日ダマスカスの旧市街を観光。ヒジャーズ駅、スーク・ハミディーエ、イスラム第四の聖地ウマイヤド・モスク等々。

[700] 5/20 (木) 晴れ
Syria Damascus → 国境 Masnee126km → Lebanon Beirut 民泊
(Vmax:99.6 Mt:2h33min hmax:126 ODD:108696.35)
[タイヤ圧調整]: Syria Damascus
[ガソリン給油]: Syria Damascus (QTY:1.5 OCT:- PRC:40S£ ODD:108577.27)
[ガソリン給油]: Syria Damascus (QTY:12.5 OCT:- PRC:40S£ ODD:108577.27)
---レバノンのベイルートへ向けて出発。ダマスカス。。途中リザーブに入っているのを忘れて大きい交差点のど真ん中でガス欠。交通整理している警察官が白バイでガソリンスタンドまで連れて行ってくれて、ペットボトルに給油して交差点までまた送ってもらった!超親切!!ありがとう!!
---ダマスカスに近い国境を通過。レバノンに入国。そしてベイルートに到着。スゴイ!って、高層ビルに高級レストランに、、学生?若造が、高級車に高級バイクを乗り回してる。金持ちの街??ここで手に入れられないものは無いかも?
---地中海沿いで、マイクに紹介してもらったモハメッドに電話。そして迎えに来てもらう!そしてモハメッドのマンションへ。お世話になることに!ありがとう!
---彼はホンダのゴールドウィング1800乗り。マイクがスーダンのワディ・ハルファからアスワンのフェリーで一緒だったらしい。
---ベイルートを散策。もう内戦の傷跡を見ることが出来ない。。鳩の岩?等々へ。

[701] 5/21 (金) 晴れ
---朝、遅く起きて、、テレビに釘付け。映画、父親達の星条旗??戦争映画を見る。ほかディスカバリーのオーバーホーリング。
---路上にてインターネットとメールの返信。
---夕方にモハメッドのゴールドウィングにタンデムで夕食へ出かける!たまには自分で運転しないで人任せに景色を眺めたい時もあるさ。ガクっ後ろのサス硬くない??段差で体ごと跳ね上がる。。あまり乗り心地が。。ベイルートもうヨーロッパの雰囲気。
---レバノン料理のレストランへ。羊肉のミンチ?日本のユッケみたいなのを更にペースト状にしたものと、中東で良く飲まれているお酒、アラックと一緒に。旨い!レバノンは更に飲み終えたら更にグラスを変えるらしい。トルコは違った気がする。モハメッドありがとう!夜中のクルージングも楽しかった!

[702] 5/22 (土) 晴れ
---今日は昼過ぎから、ベイルートで開催されているボートショーへモハメッドに連れて行ってもらう。超高級クルーザーボートが一杯!セレブな雰囲気??バイクもドゥカティーとカワサキが新型バイクを展示。その後、大型ショッピングモールのレストランで夕食。ベイルートを甘く見てた。何がって??

[703] 5/23 (日) 晴れときどき小雨
Beirut → Byblos 315km → Baalbek 野宿
(Vmax:102 Mt:6h10min hmax:1541 ODD:109011.79)
[タイヤ圧確認]: Beirut
[ガソリン給油]: Beirut (QTY:3.59 OCT:95 PRC:1670LL ODD:108761.1)
[ガソリン給油]: Beirut (QTY:11.97 OCT:95 PRC:1670LL ODD:108889.77)
---モハメッドのグローサリー店へ。モハメッドにお礼。そしてお別れ。でも今月末に開催されるF1トルコGPを見に行くとの事で、イスタンブールで再会を約束して別れる。モハメッドありがとう!!
---キリスト教の聖書の名前の由来?になった街ビブロスへ。遺跡を観光。
---再びペイルート経由でバールベックの遺跡へ。
---バールベックからトリポリへ向かう道端で野宿。

[704] 5/24 (月) 晴れ
Lebanon Baalbek → Lebanon Bucharre 263km 国境 Aabboudiye → Syria Furqlus 野宿
(Vmax:104 Mt:4h44min hmax:2576 ODD:109274.5)
[タイヤ圧確認]: Lebanon Baalbek
[チェーン給油]: Lebanon Baalbek
[ガソリン給油]: Lebanon Tripoli (QTY:8.98 OCT:95 PRC:1670LL ODD:109094.76)
[ガソリン給油]: Syria Furqlus (QTY:37.49 OCT:- PRC:40S£ ODD:109248.73)
---レバノン杉を見る。途中、標高2500m以上で涼しい。雪も残ってる。
---トリポリで昼食。シリアへ。国境で再度ビザ等々を申請面倒。。レバノン経由はビザ再度取得しないとダメらしい。他の国経由はマルチビザのように有効との事。何故??
---ホムスを通り過ぎて、パルミラ遺跡に向かう途中の道端で野宿。

[705] 5/25 (火) 晴れ
Furqlus → Palmyra 224km → Palmyra 北西50km 野宿
(Vmax:108 Mt:3h33min hmax:786 ODD:109498.89)
[タイヤ圧確認]: Furqlus
[チェーン給油]: Furqlus
---パルミラの遺跡へ。王家の墓、パルミラ城、遺跡群とベル神殿を観光。
---観光後、そのままアレッポを目指す。途中の道端で野宿。

[706] 5/26 (水) 晴れ
Palmyra 北西50km → Hama 289km → Aleppo Spring Flower Hostel
(Vmax:107 Mt:3h57min hmax:1003 ODD:109787.99)
[タイヤ圧調整]: Palmyra 北西50km
[チェーン給油]: Palmyra 北西50km
---ハマへ。水車を見に行く。14世紀から回り続けている?らしい。でも回っているだけで仕事はしていない。
---JICAの職員に会う。シリアのハマで柔道を教えているとの事。スゴイ!ハマの街をチョット案内してもらう。ありがとう!
---アレッポの宿に到着。そして夜中にモスク、スークを散策。

[707] 5/27 (木) 晴れ
---朝、マイクからSMSが。デーブ&ティーオがアレッポにいる!との事。彼らがシリアで足止めを喰らってるとは知っていたけど、、、『ティーオはナミビア人で黒人。アレッポのトルコ領事館で、トルコのビザが取れると言われて、シリアからトルコのキリ国境へ、、トルコのイミグレで入国&ビザ発給を拒否され、、、すったモンだ、、イミグレ職員数人で!ティーオを腕で首絞め!そして足と腕を持って車へ投げ飛ばした!挙句に、倒れこんだティーオの首を足で踏みつける!!』酷すぎる!!!!!!!イミグレ(警察)職員、彼らの車の全ての装備を剥ぎ取ってシリア側国境へ投げ飛ばす!!こんなことがあって良いのか!自分の事じゃないけどムカつく!!結局、領事館、国境をたらい回し。
---彼らの宿へ。詳しい話を聞く。。あぁ思い出すだけでムカつく!結局もうトルコには未練もないし行きたくもないらしい。当然!。。ティーオは飛行機でギリシアのアテネへ。デーブはイギリス人なので車でトルコに入国してギリシャで再会を計画しているけど、、、
---アレッポの街を再び散策。アレッポ城。スークでお土産にアレッポ石鹸を買う。何だか8スターとか4スターとか年数とかで石鹸の良さが変わるらしい。

[写真]ベイルート、パルミラへの道

2010-05-28 Fri 00:00:24

ベイルートに到着。地中海に浮かぶ、鳩の岩。


レバノンの伝統料理。羊肉のペースト(名前忘れる)はアラック(中東のお酒)と一緒に。


ベイルートで開催されたボートショーのとあるボート。ジェットスキー、スキューバー等々の装備を格納。


モハメッドの店の前にて。別れ際に。ベイルート真夜中のバイククルージング、ボートショー、レバノン料理のレストランに連れて行ってもらった!ありがとう!


。。。ノーコメント。


ビブロスの遺跡。


ビブロスの街。


バールベックの遺跡。


ブシャーレ、レバノン杉へ向かう道。




一番大きいレバノン杉。枝打ちされてる。。。かわいそう。何千年前のものらしい。


パルミラへ向かう道。イラク。。。


パルミラの遺跡。


王家の墓。


ベル神殿の列柱


パルミラからハマへ向かう道。ブッシュキャンプ。


ハマの一番大きい水車。


アレッポの時計塔。


とあるモスクの??何だろう?




アレッポ城。


スーク。

[写真]ダマスカスにて

2010-05-27 Thu 23:57:48

駅。






スークで発見。アイス。


ウマイヤド・モスク。イスラム第4の聖地。


装飾。


ミナレット。

[走行軌跡]ペトラ、死海、アンマンへの道

2010-05-19 Wed 06:22:18


[692] 5/12 (水) 晴れ
Aqaba → Ras an-Naqb 197km → Wadi Musa 野宿
(Vmax:99.7 Mt:3h15min hmax:1609 ODD:107810.98)
[左アルミボックス歪み修正]: Aqaba
---日が暑い。。起きたら8時半。テントの中が灼熱に。早々にテントをたたんで、ペトラを目指す。バイクの関係でヨルダン滞正味6日しかいられない。。っ途中Uターンしたときに中央分離帯のバンプに左アルミボックスが衝突!だらしなくボックスが取れて路上に落ちる。。イージーミス。。何かチョット浮かれてるのかな??
---アカバの海をチョット眺める。今まで見た中で一番綺麗かも。これだけ綺麗なら、海に潜りたい!という気持ちはわからないでもない。
---アカバで朝昼食。路上でWifi。
---ペトラの起点になる街。ワディ・ムサに到着。何処の宿も高い。野宿決定。食料調達してブッシュポイントへ。

[693] 5/13 (木) 晴れ
Wadi Musa → Little Petra 41.3km → Wadi Musa 野宿
(Vmax:95.3 Mt:49min hmax:1623 ODD:107852.3)
---えへへ??今日は、小ペトラから本丸ペトラのエル・ディドへ裏口侵入を試みる。ガイドを雇えば簡単に行けるだろうけどねぇ。。
---とりあえず小ペトラを観光。後にそのまま本丸を目指す!と言っても全く方向も何もわからない。最初の分かれ道。。右!乾いた川の上流へ登っていく。人の足跡、後、途中所々に石積みの目印らしきものがある。
---2つ目の分かれ道?右!崖みたいなところを上がっていくと、石積みの目印が。期待大。高原みたいなところに出る。しかも車のワダチを発見。おぉ何か当たってそう。そのまま車のワダチを頼りに西の方角と思われる方向へ。。。そして行き止まり。崖が目の前に。ココじゃなかったのかな。。戻って2つ目分かれ道、左。1つ目分かれ道、左を試みるもどうも違うみたい。結局4時間あるって裏口が見つからず。。諦めたくないけど疲れた。
---今日の収穫は0?かな。早めに切り上げて、食料を調達して、昼過ぎの3時半には同じブッシュポイントへ戻る。本丸ペトラは朝6時には開門するとの事で少し早く寝て明日に備える。

[694] 5/14 (金) 晴れ
Wadi Musa → Petra 271km Dead Sea → Madaba 野宿
(Vmax:102 Mt:4h24min hmax:1623 ODD:108123.77)
---結局、朝早く起きて、7時に"正面"からぺトラに進入。。33ヨルダン・ディナール≒4,400円っていくら何でも高すぎ!!!!!だろ!しかも21JDが入場料。『12JDが主なルートのガイドをしてもらえる券&入場ゲートからシークまで馬で送迎券』。しかも!しかも!!この券通常"29JD"でディスカウント割引で12JD!なんて!!どうでも良いんだけど!ディスカウントとか関係ないし!!この券の払い戻しを試みるも当然無理。。誰か、この暴走を止めてくれぇ〜!
---ヨルダン人の人に愚痴をこぼす。「ぺトラの入場料がトンデモナク高いんですよー!」「それは外国人だからでしょ?」「イヤイヤ、33JDってどう思います?何人とか関係なく高いでしょ?」「!!33JD?ホテルに泊まらないで?食事もなしで?ただ入るだけでなの!?」「そうですよー。。」「それは高すぎ!!せいぜい2JDかと思ってたよ」、、、大分昔はそうだったでしょうよ。。
---ぺトラ自体はやっぱり素晴らしい。一番奥の山の上の修道院と呼ばれているエル・ディドまで行き帰り5時間のトレッキング。最後、エル・ディドを更に先に進むと辺りを見渡せる丘がっ!!って、小ぺトラから本丸ぺトラへ裏口進入しようとして途中で諦めた丘が、向こう岸に!!ぬぉぉお。途中まで道は当たってたんだ!向こう岸から200mくらい跳躍ジャンプして崖を飛び越えられればの話だけど。。。結局、尾根を回り込むのか、崖を下りて上がってくるのかはわからずじまい。次は絶対裏口入学を成功してみせる!
---ぺトラから直ぐに死海に向けて走る。標高が約マイナス390m。ココまで来るといっき暑さが。。ぺトラ・トレックの疲れも。死海の海岸線沿いに人気の無い身を隠せそうなビーチを発見。とりあえず幹線道路から歩いて下る。そのまま入ろうか迷うも入った後が問題。とりあえず味見。塩辛いというより苦い。ちゃんとしたビーチは10JD。。入るのは次に取っておこう。。。
---死海に入るより温泉!!と言うことで、温泉地ハママート・マイーンへ。でも入場料10JDで、、止めとく。ヨルダン、食べ物とか物価はそんなに高いとは思わないけど、観光地の入場料がメチャクチャ高い。
---そのまま死海を後にしてマダバへ。街へ。路上でWifiインターネット、夕食の買出しをして来た道を戻ってブッシュに入る。野宿。

[695] 5/15 (土) 晴れ
Madaba → Mt.Nebo 74.2km → Amman Cliff Hotel
(Vmax:92.7 Mt:1h38min hmax:951 ODD:108181.97)
[タイヤ圧確認]: Madaba
[チェーン給油]: Madaba
---マダバにある聖ジョージ教会へ。教会の中にあるモザイクで描かれたパレスチナ地図を見に行く。
---ネボ山を観光。モーゼ終焉の地。
---ヨルダンの首都アンマンに到着。安宿にチェックイン。洗濯、シャワーを浴びた後、アンマンを散策。キング・フセイン・モスク、ローマ劇場。夕食にホブス、2種類のホンモスにレバーの炒め物にアイス。食べ過ぎ。。ぺトラビール8%を買って宿に帰る。

[696] 5/16 (日) 晴れ
Amman → 104km → Jerash 野宿
(Vmax:99.9 Mt:1h51min hmax:1010 ODD:108301.77)
[ガソリン給油]: (QTY:17.43 OCT:92 PRC:0.575JD ODD:108198.48)
---アンマンを出発。時間が有ればもうチョット居たかったけど。。
---ジェラシュの遺跡に到着。観光。
---駐車場に戻ると、ポーランド人カップル、オーバーランダーのアダムとバーバラが。お茶をご馳走になる。程なくして、ナイロビのJJ、アジズのウィムで会ったドイツ人カップルのオーバーランダーと再び再会。旅話。
---彼らとお別れをして、街で食料調達をした後、ジェラシュ近くの山奥へ。山の斜面でブッシュ。

[697] 5/17 (月) 晴れのち曇り
Jordan Jerash → 国境 Ramtha 166km Syria Bosra → Syria Qraiya 野宿
(Vmax:100 Mt:2h56min hmax:1095 ODD:108467.41)
[リアタイヤパンク修理]: Jerash
---ブッシュから舗装道路に出たらリアタイヤパンク!また釘が刺さった。。最近多いなパンク。誰かタイヤのワラ人形?!に五寸釘打ち付けてない?朝からパンク修理。。
---シリアに入国。ビザ国境で取得。そのほかスタンプ代、保険加入等々。面倒。
---そのまま国境から世界遺産のボスラへ。遺跡を観光。
---ダマスカスに向かう途中の村、クライアでウィリアムズに会う。彼はベネズエラでハンドバック関係の仕事をしているらしい。実家のあるシリアに2ヶ月滞在した後は、またベネズエラに帰るらしい。彼の実家に招待されて夕食をご馳走になる。ありがとう!
---家には、スルタン・バシャ・アル・アトラシ(勉強不足で良くわからないけど、、1920年代にシリアのフランスからの独立を主導した人?)や、前エジプトのカリスマ的指導者ナセルや、ヨルダンのフセイン前国王の若いときの写真などなどが飾られている。何だかいわれのある家みたい。
---スルタン・バシャ・アル・アトラシの祭られている場所をウィリアムズたちと尋ねる。
---クライアを出てスウェイダ手前の畑で野宿。

[写真]ペトラ、死海、アンマンへの道

2010-05-19 Wed 06:18:12

アカバ湾。綺麗。




小ペトラ。。。


ペトラへ。シーク。


エル・ハズネ。


岩肌が綺麗。




おみやげ屋さん


王家の墓。


めかし込んだ?ロバ。


エル・ディド。修道院。


エル・ディド先の見晴らしの良い丘。向こう岸までは小ペトラから来れていたんだけど。。


死海。


マダバの聖ジョージ教会にある。モザイク画。手前にエルサレム。奥に死海。


アンマンに到着。野菜スーク。


アンマンにあるローマ劇場。


ジェラシュ遺跡。大聖堂の装飾。


フォーラム。


また自炊生活が始まる予感。野菜スパゲッティー。


ブッシュから脱出したときに刺さった釘。


シリアに入国。ボスラ遺跡のシタデルとローマ劇場。


スルタン・バシャ・アル・アトラシのモニュメント。