Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

ムンバイにて、やっぱり、その2

2010-11-27 Sat 23:59:01

[885] 11/21 (日)
---殆ど、本を読んでいるか、寝ているか、飯を食べているか、、、?
---夕方、酒屋さんでビールを瓶二本買って帰ると、宿では酒類禁止、ドラック禁止、タバコ禁止だということを忘れてた。しかも路上で飲むことも禁止。バーは酒屋の3倍以上の値段取るし。。ズウズウしくも有名な欧米人が行くカフェ・バー(テロの標的にもなったらしい)で、自分のボトルを中に持ち込めるか尋ねるも、もちろん「NO!」でも親切にも、店の直ぐ脇の路上の植木に座って飲ませてくれて、しかもタダでピーナッツを持ってきてくれて、「これで行け」って、もし警察が着たら直ぐ店に入れって言ってくれた。とても親切!ってそれにしても俺何やってんだ?!今度は、透明じゃない色のペットボトルにビール入れて宿に帰ろう?って俺ってまるでアル中みたいじゃん?!そこまでして飲みたいの?
---それにしてもインドのビールは不味いし、変な酔い方をする。ビールたった1本で2本めに行ったらヤバイ感じ。後々聞いた話によると、インドのビールは半分以上はケミカル化学薬品らしいことが判明。どおりで。逆に飲まなくなっていいけど。

[886] 11/22 (月) 曇りときどき雨
---、、、?
---昼ごろに、インド自動車連盟へバイクの保険を取りに行く。1時間半ほど待たされるけど、、、やることも無いしなぁ。。
---イエメンの業者のGMに2度電話するも連絡取れず。メールをする。
---返信は帰ってくる。空港で2度目のチェックが入ったらしく、再度、箱を開けてチェック中との事。何時、何故等々質問するも、全く的外れな返答が帰ってくる。はぁ。何時来ることやら。。少なくとも連絡が取れてる事がせめてもの救い?

[887] 11/23 (火) 曇りときどき雨
---、、、?
---いつもと同じ行動。朝にシャワーを浴びて、直ぐ2度寝が気持ちいい!朝のほうが湿度が下がって、サラサラした感じでよく寝れる。夜はベトベト。。起きてチョット本を読んで再びネットカフェへ。
---今日の返答は、荷物が大きすぎて、飛行機に乗せられないから、ワイド・ボディーの飛行機で運べるかどうか、イエメニアのカーゴ・マネージャーと検討中との返事!?そんなアホな。最初から予測できたことなんじゃないの!SORRY AGAINじゃねーよ。。根本的に不可能だったんじゃないの??って事ばかり。彼らの言うことを100%信じたとしても、言い訳が酷すぎる。本当に送れてるか確認してからムンバイに飛べば良かった。いずれにしても後の祭り。何時までに来る!とか若しくは無理!って言ってもらえれば、コッチも動きようがあるけど。。最悪。

[888] 11/24 (水) 曇りときどき雨
---、、、?
---結局、ワイド・ボディーの飛行機は今月中には飛ばないらしい。来月も分からない。。要するに何時来るか全く分からない。でもイエメニアが急に飛ばす可能性もあるので、、というサナアの業者談。って言われてもねぇ。。とほほ。
---日本人のパッカーと交換してもらった、文庫本の上下巻を読む、、読む、、読み終わった。。ペーパーバックをまた読む、、英語だから進まない。。サスペンス?系で、いかにもアメリカ!USA!って感じのストーリーだからイマイチ。

[889] 11/25 (木) 曇りときどき晴れ
---、、、? (昼食の定番は、チキンフライドライスとバナナラッシーに固定。。。)
---今日は気分転換、ジョギングに出かける。久しぶりだな。南アのJベイ以来?とりあえずペースはゆっくり。南の半島の先まで行ってみることにする、、どうもこの辺りは、陸海空軍の訓練所や住居が集まっている場所らしい。通り抜け出来ない路地が多数。結局ほぼ来た道を戻ってくる。所要2時間。
---もうチョット待ってみるか??時期尚早ではあるが?!、今、妄想しているプランは、、、1.ムンバイで待ち続ける。2.田舎の気候の良い場所で待つ。3.ゴアのナイスなビーチで待つ(海男じゃないし高そうだしドラ○●ヤラ無いし微妙)。4.パッカーで南インドだけ回りながら待つ。4.バイクをバンコクに送ってもらって、インド、ネパールはパッカーで回る。でもまた手続きが面倒そう。5.もう一度イエメンに戻って”怒りの!”キャンセル。どーーーーん!!ってビザ取れんのか??アデンから再びアフリカへ。ジプチ、ソマリランド経由でエチオピアのアジズアベバへ。アジズから飛行機でムンバイORバンコク?微妙。6.更に続行してケニアのナイロビ(飛行機)又はモンバサ(船)更に微妙。7.来た道を戻ってオマーンかUAEから送る。(滞在費が高すぎる)インドビザまた取らないといけない、、、さて、どうでしょうか??

[890] 11/26 (金) 曇りときどき晴れ
---、、、?
---ジッとしていても。。ワールド・トレード・センター内(名前が不吉)にあるイエメニアのオフィスを訪ねてみる。結局、人事だね。。ムンバイまでは小さい飛行機しか運航してないと言われて、アデンから船で送ったらとか、、言われる。名刺を貰って帰ってくる。その後、念のため、どういう状況なのか手当たりしだいメールを送ってみる。

[891] 11/27 (土) 晴れときどき曇り
---、、、?(ジョグ途中で、さとうきびジュースとジャガイモ揚げたやつ、、等々)
---今日は土曜日だから、殆どのオフィス休み。出来たら月曜日イエメニア・カーゴのオフィスに行ってみようか?何もしないよりマシ。
---ジョギング6km?チャーチ・ゲート駅からマリーン・ドライブまで出て、沈黙の塔の近くのビーチまで往復。湿度と暑さと今まで走ってなかったツケが。
---シャワーを浴びて寝るzzz。

ムンバイにて、多分その1

2010-11-20 Sat 20:17:46

[883] 11/19 (金) 晴れ
::: India Mumbai Int. Airport ::: India Andhili hotel
---朝の4時にインドのムンバイに到着。早速イエメニアのオフィスに行くも、オフィスはやってない。
---今日中に通関できると信じて、空港近くに宿を取る。
---しかし。。。見通しが甘かった。色々あった結果、エア・カーゴ・コンプレックスに居る職員の人が着てくれて手伝ってもらえる事に。このエリアに入るのに、許可証が必要で、パスポートコピー、エア・ウェイ・ビルのコピーに国際免許証が要。毎回入る度に申請しないといけない。面倒がまた始まった。。
---バイクまだムンバイに到着してない!!!!!との事。やられた。。どーなってんだよー。もう!サナアの業者は間に合ったって言ってたのに。ムカつく!たぶんイスラムの休日にぶつかって遅れなかった可能性。。若しくは例のアメリカの不審貨物事件で、今大型X線スキャナーを空港が購入中で、それが来るまでは、アメリカやUAE、ヨーロッパへは送れないって言ってたけど、まさかインドも受け入れ拒否??『幸運にもインドは大丈夫!』って言ってたのがまさか??不安増大。
---エジプト・アスワンの二の舞になるかも。長期戦覚悟。イエメンの業者にとりあえず電話したけど出ず。10日間は休みって言ってたから。。
---オートリクシャー&郊外電車を使って、ムンバイの市街へ。チャーチゲート駅近くにあるインドの自動車連盟を尋ねる。通関するのにインド自動車連盟からのレターが必要。保険にも入らなきゃいけない。インドの他にパキスタン、ネパール、バングラディシュもカバーされてる。1年有効のものしかない。保険は今日には発行されず。来週月曜にもう一度行かないといけない。夕方5時までかかる。
---もう空港近くの宿には泊まってられない。高いし。宿探し。サルベーション・アーミーに的を絞る。今は空きがないとの事。毎日9時がチェックアウト時間だから、その時にベッドが空くだろうとの事。
---空港近くの宿に戻って、久しぶりのビール!度数8%を買って部屋で飲んだら、イッキに眠気が。。そのまま寝てしまうZzzz。

[884] 11/20 (土) 晴れ
Andhili ::: Mumbai Servation Army
---朝早く起きて、ムンバイ市街へ。朝9時に安宿サルベーション・アーミーにチェックイン。その後シャワーを浴びて間隔の開いた2度寝Zzzz
---昼前11時に起きて、街を散策。レストランでチキンカレーにバナナ・ラッシーを飲んだ後、インド門を観光。うーん。ネットカフェを探すのに時間がかかる。なかなか
Wifi持っているところが少ない。ただいまインターネット中。

サナアにて

2010-11-20 Sat 20:16:13


[876] 11/12 (金) 晴れ
---今日は休みなので、バイクの手続きが出来ない。とにかく今日は休憩!
---食事と買い物に出たい以外は外に出ず引きこもり。
---ココの日本人宿で、有名なツアー・ガイド『マーシー』(今となってはこの名前も可愛そう?!)にシバーム、コーカバン、マーシー村等々に行こうと声をかけられるも、そんな気分じゃない。

[877] 11/13 (土) 晴れ
---イエメニア・カーゴへ。バイクの梱包は終わったけど、その後、DGR(デンジャラス・グッツ・レギュレーション)なる書類を渡される。自分で書けるわけがない!!『DGRを書けるライセンスを持っている人が、サナアで一人だけしかいないらしい。』(後々聴いたら、イエメン以外だったら、すべてのキャリアで書ける人が必ず一人居るはずとの事、DGRライセンスを保持する為に、2年に1度、5日間の講習とテスト80%スコアーを取らないといけない)その人のオフィスへ。
---してやられた!色々あって、DGRが書ける人のカーゴ・エージェンシーですべてお願いすることになる。そして輸送費用がとんでもなく高い!!アヤタ・レートなる全キャリヤ共通の危険物1kgに対するレート(3ドル/kg)を適用される。ディスカウント・レートを交渉してくれる事になっていたのに、イエメニアのカーゴ・マネージャーと連絡が取れないとか何とか言われ。。どうもグルっぽい。最悪。しかも明後日からは、イスラム教の宗教的な休日が10日間入って、税関含め、公的機関がすべて休みになるというタイミングの悪さ。結局ディスカウント・レート交渉断念。時間が有れば。。結局急ぐとロクなことはない。そのまま勧めてもらうようお願いする。
---それにしても気が沈む出来事だった。。。自分の不甲斐なさに。

[878] 11/14 (日) 曇りときどき晴れ
---朝から、特に何もやることなし。パソコン作業。
---夕方に、カーゴのエイジェンシーへ支払いをしに出かける。カルネを使わず、パスポートに税関の一時輸入スタンプがあるので、その出国スタンプを押してもらいに行って戻ってくるまでの間、お茶を飲みながら会社のGMと談笑?!顔引きつり。でもお金はかかったが仕事はしっかりしてるからまだ助かる。最後にエア・ウェイ・ビル、パスポート、レシートにDGRのコピーをもらって終了。
---バイクは今週火曜日にムンバイ到着が確定したので、その足で自分のフライトのチケットを予約しに、色々なオフィスを回るも、すべて値段が同じ。火、水曜日のフライトが満席との事で木曜日にフライト決定。
---宿の近くでインターネット。2時間して宿に戻ると夜の11時。

[879] 11/15 (月) 晴れときどき曇り
---とりあえず一段落。自分のフライトは木曜の夕方なのでそれまでは余裕がある。
---朝、11時起床。寝すぎ。外にご飯を食べに行って、その後、スイーツ屋さんで、赤くて、透明で、ねっとりしたスイーツ(名前分からない。。)にサモサ五個にお茶でくつろぐ。

[880] 11/16 (火) 晴れ
---とうとう本格的に10日間の休日がスタート。ほとんどの店が閉まった。ほんのごく一部営業しているところもあるが。
---引きこもり。ほとんど本を読んでいるか、寝てすごす。昼食を買いに行った以外は外に出ず。

[881] 11/17 (水) 晴れ
---昼前に起床。寝すぎ。16時間?
---旧市街を散策。イエメン門の前、スークも数えるほどのお店が開いているくらい。人もまばら。でも歩いている途中で、背広に半月刀をさしたお父さんに連れられた、おめかしした子供たちをたくさん見る。それにしても爽快に閑散としてる。最近、すべてが間違った方向に行っているような気がするのは、気のせい?
---暇だ。。ペーパーバックの「Born in Death」を読んですごす。やっと明日フライトだ!この2年半飛ばずにがんばってきたけど、、ついに飛ぶときが。いずれ飛ぶことになるんだろうけど。。残念。

[882] 11/18 (木) 晴れ
Yemen San'a ::: (飛行機) :::
---昼前に宿を出発。ダッバーブ2つ乗り継いで、サナアの国際空港に到着。フライトは9時だから、待ち時間8時間。。近くのレストランで昼食。空港に戻って、庭の木陰で寝そべりながら、昨日のペーパーバックを読んで待つ。
---イミグレでトラブル。ビザに「2週間以内に外国人登録をしなさい」スタンプがあったけど無視してそのまま行ったら、案の定?!イミグレ職員に問いただされる。15分ほどシラを切り通したら、何とか出国スタンプを押してもらえた!ふぅ〜危ない。これで飛行機乗れなかったら悲惨だった。
---ついにフライト!インドのムンバイへ!

サナア旧市街へ。


壁にあった、、


イエメン門。イスラム教の休日で、アラブの国々10日間休みらしい。人気がまばら。


男の人は、みんな背広に半月刀。それにしても閑散としすぎ。


子供はみんな、おめかし。特に女の子。


アデン、サナアへの道

2010-11-12 Fri 05:17:00


[871] 11/7 (日) 晴れ
Oman Ajdarawt → 国境 Sarfayt 445km Yemen Al-Ghayda → Yemen Nishtun 野宿
(Vmax:109 Mt:6h12min hmax:1169 TA:4944 ODD:140146.99)
[チェーン給油]: Oman Ajdarawt
[ガソリン給油]: Yemen Al-Ghayda (QTY:36 OCT:- PRC:75YR ODD:139995.99)
---東側の近代的なオマーンと違って、西側は全く整備されていない。サラーラから先イエメン方面はガソリンスタンドもない。ガソリン大丈夫かな??色々回り道して街に寄ったりしている内に距離とガソリンが。。
---国境を越えてイエメンに入国。雰囲気が全く違うな。お金のある国とない国?ゴミも散らかり放題。そしてイミグレ職員とかでもカート噛んでて口の中が緑で、何だかラクダの口の中を見てる感じがする。その緑、胃から出てきてない?!イエメンの情勢もあまり良くないのでチョット緊張するな。
---最初の大きな街、アル・ガイダで両替と燃料を給油。なんかアフリカに舞い戻ってきたのと錯覚するな。燃料は有鉛しかないらしい。でも安い!75リアルは35USセントだからリッター30円くらい?それにしても、UAE、オマーンもガソリン安いのが助かる。
---野宿に入るのに、砂の坂で上りきらずに2度立ちゴケ。荷物を全部下ろして、バイクを起こして何とか上がりきった。何でこんな苦労してんだろ?上がりきれば幹線道路からは見えない。乾いた川を渡った砂山の尾根で野宿。
---最近、暑いので涼むためにバイクのシートの上に仰向けになって両足をハンドルにもたれさせて、夜空を良く見上げてると、流れ星を良く見る。毎夜に3,4つは見えるけど一回も願いごとをかけられない。。あっ流れ星、あれ忘れてる。。
---昨日読んでいた文庫本を読み終わる。。読み出すと止まらない。

[872] 11/8 (月) 晴れ
Nishtun → Sayhut 408km → Al-Mukalla 野宿
(Vmax:105 Mt:5h1min hmax:218 TA:2133 ODD:140554.99)
[チェーン給油]: Nishtun
[ガソリン給油]: Al-Mukalla (QTY:29.332 OCT:- PRC:75YR ODD:140504.31)
---漁村が海岸線沿いにポツポツとある。魚を天日干ししてる匂いが強烈。道の景色は最高。
---夕方、ムカッラを通り過ぎたチェックポイントで止められる。「これから先は危ないから戻って!」って言ってるみたい。アラビア語分からん。ムカッラの中央警察に係員が電話。結局、明日の朝早く出直して来いということらしい。待ってる間に、カートを勧められるので噛んでみる。ラクダの仲間入り??本当に神経興奮作用があるのかな。。全然興奮しない?!
---チェックポイントをチョット戻って、幹線道路から旧道路工事現場らしきところを入っていって行き止まり道の上で野宿。タオルシャワー?に洗濯。

[873] 11/9 (火) 晴れ
Al-Mukalla → Bir'Ali 557km Ahwar → Aden Hotel NSR Aosan
(Vmax:109 Mt:7h8min hmax:145 TA:1730 ODD:141112.13)
[チェーン給油]: Al-Mukalla
[ガソリン給油]: Aden (QTY:32 OCT:- PRC:75YR ODD:141088.15)
---朝早く、ムカッラのチェックポイントへ。何やらまた、ムカッラの警察署に電話してるらしい。行って良いとの事。でも危ないからくれぐれも気をつけてと言ってるみたい。
---バール・アリのチェックポイントでストップ。ある人は(ジェスチャー);「一人、、頭おかしい?銃を連射。。首切り。」そんな深刻なのかな??人によって言う事が全く違うから良く状況が分からない。でも危ないのは確かみたい。結局、ココからは警察の車一台が護衛で付いてくれる事に。ご迷惑をおかけします!
---バール・アリからは、護衛のタスキ・リレー。アフワール、シュグラフ、ジンジュバル、アデンまで警察の人が入れ替わり立ち代りにエスコートしてくれた!ありがとう!本当にご迷惑をおかけしました。それにしても本当に疲れた。。
---結局、サユーンへのワディ・ハダラマートと世界遺産のシバームはパス。もっと平和になったら。さすがに行きたくても、外国人観光客何人もが射殺された場所へは行けないし、サナアへ直接行く道も危ないって聞くし。
---アデン市街へギリギリ日が落ちる前に到着できたけど。近代的な街。大きなショッピングモールも。夕食をファーストフードで済ませて、チョット買出し、お金を下ろしている間に日が落ちる。時差もあって5時過ぎると日が落ちる。
---アデンの市外へ出て野宿しようと、サナア方面に向かって走っていると、チェックポイントが。パスポート等々チェック。アデンの警察署で何かアデンを出る許可証が必要らしくアデンへ戻るように言われる。。。街から出れない。
---ブッシュ難しい。どんな暗い場所でも監視の人が居るみたい。建設中の建物、、畑、、森、、LEDの光が?街の中も軍・警察の検問多数で、、結局ホテルへ。でも聞いたら安い!久しぶりのベッド。早速シャワーに洗濯をすませてゆっくりする。

[874] 11/10 (水) 晴れ
Aden → Ta'izz 458km → San'a Manaha Tourism
(Vmax:108 Mt:7h51min hmax:2780 TA:5319 ODD:141569.7)
[チェーン給油]: Aden
[リアタイヤパンク修理]: Ibb
[リアブレーキパット交換]: Ibb
---朝、アデン市街にある中央警察署に向かうも、港にあるツーリスト・ポリスでサナアへ行くための許可証を取ってくるように言われる。面倒。結局10時過ぎにアデンを出る。
---タイズとサナアの分かれ道のチェックポイントで、直接サナアへ行く道は反政府デモが起きているらしく、タイズ経由でサナアへ行くように言われる。100km追加。。
---途中、イブでリアタイヤがパンク。。太い釘が刺さった。最悪。急がないと日が暮れる。道路脇とかゴミだらけで、いかにも釘ありそうだったけど。ついでにリアのブレーキパットも交換。この間交換したばかりなのに。どうもピストン戻りきらない。シール&ピストンを交換しないと駄目だ。イブの街中でバイクを止めて修理。野次馬がいっぱい自分の周りを取り囲む。
---サナアに入る最後のチェックポイントで日没。途中で止まっても良かったんだけど、いっきにサナアへ。結局、ここまで来る間に、どれだけのチェックポイントを通過したことか。。本当に疲れる。パスポート見せて、許可証見せて、バイクの登録証見せて、、、箱の中身見せて、、面倒。
---サナア市街へ。日本人宿にチェックイン!でも日本人一人も居ない。。全員ローカル。旅人も全く見かけない。。寂しいな。。
---疲れた。。とりあえずシャワーを浴びて、近場を散策。買い物を済ませて宿へ。直ぐに寝る。

[875] 11/11 (木) 晴れ
San'a → 市街 9.48km :::
(Vmax:57.6 Mt:32min hmax:2305 TA:91 ODD:141579.17)
[洗車]: San'a
---早々に、イエメニア・カーゴのオフィスへ。バイクを梱包するための木の箱を作る業者を紹介してもらう。一応バイクを洗車でも綺麗にならない。。泥を落とすだけ。
---普通の家具職人の仕事場へ。まずはバイクをなるべく小さく梱包するための、部品をはずす。フロントタイヤ&フォーク、リアタイヤ、前後キャリア、ハンドル、サイドケース等々。
---カートを噛みながら、箱が出来るのを待つ、、、チョット大きいな。。折角小さく出来るように分解したのに。。
---結局、この箱に梱包するだけで、とんでもない額を請求される。あぁ前もってちゃんといくらかかるか聞いておかないと!!油断してた。。本当に俺、二年以上旅をしてきた人なの?自己嫌悪。自分を責めたい。。勉強になった次回は、寸法が分かってるから小さく出来るはずだし、ちゃんと前もって交渉しないといけない!
---明日は休みで土曜日に、イエメニア・カーゴのオフィスへ。大まかな値段と、2日間は空港で検査を受けるらしい。来週月曜日にはムンバイに到着するだろうとの事。バイクとしばしのお別れ。
---タクシーで宿に戻る。明日は、サナア旧市街を観光するか。結局イエメンはほぼ通り過ぎただけで終わってしまった。でも海岸線沿いの景色は良かった!

イエメンに入国。総じて景色が良いけど、殆ど写真とってない。止まってない。。


バイクをなるべく小さく梱包。バラバラでタダのスクラップに見える?


しばしのお別れ。。涙。。それにしても今後は飛びまくることになるから出費が心配だ。。

サラーラへの道

2010-11-12 Fri 05:12:45

[867] 11/3 (水) 晴れ
Muscat → 市街 109km → Al Amrat 野宿
(Vmax:100 Mt:1h56min hmax:167 TA:760 ODD:138236.01)
---早速、昨日中に入れなかったスルタン・カブース・グランド・モスクを観光。ゴージャス近代的。
---念のため、カブース港へ。インドへの客船があるかどうか税関で尋ねるも、やはり今は貨物船しかないとの事。バイクは貨物船で、自分は飛ばないと駄目との事。噂どおり。
---マトラのスークへ。時間のせい?なのか活気がない。。し規模も小さい気がする。近代化の波に流されてしまった?!
---バイクで旧市街、カブース湾沿いを走って、昼を過ぎたくらいには、昨日iPhoneの修理をお願いしていたお店が入っているショッピングモールへ。スタバでインターネットをしながら夕方の6時まで修理の結果を待つも。。結局ICの問題で直せないとの事。残念。。日も落ちた。
---先に進む。マスカットを離れて南下。街を2つほど通り過ぎて、幹線道路を外れて岩山の裏側で野宿。ちょっと手前では地元の人がこの暗い中ピクニック。平和だ。

[868] 11/4 (木) 晴れ
Al Amrat → Sur 408km Ras Al Jinz → Ghudayran 野宿
(Vmax:106 Mt:5h3min hmax:288 TA:1967 ODD:138644.43)
[チェーン給油]: Al Amrat
[ガソリン給油]: Al Ashkharah (QTY:36.203 OCT:Reg PRC:0.116OR ODD:138589.15)
---スールで朝、昼食を食べて、ラス・アル・ジンスへ。アラビア半島最東端にして海亀が産卵しにくることで有名。早速尋ねると、産卵を見に行くツアーは安いけど、朝の4時の部しかないとの事。考える。待てない。。先へ。
---チェックポイントのお巡りさんに道を聞くと、地図にはないアラビア海沿いに道が出来たらしい。またマスカット方面に戻ってサラーラに向かうと400kは余分に走らないといけないか。。ワヒバ砂漠の砂丘を見てみたかったけどパスして近道を選択。
---海岸線沿いをひたすら先へ進む。岩山が現れたり、砂丘が現れたり野宿に入るのが難しい。砂浜から少し岩山に変わったところで幹線道路を外れて山の尾根沿いで野宿。
---5日シャワー浴びてない。。しかも暑くて汗が。タオルで体を拭いて、下着、靴下等々洗濯する。

[869] 11/5 (金) 晴れ
Ghudayran → Ad Duqm 533km → Saba 野宿
(Vmax:112 Mt:5h46min hmax:141 TA:1392 ODD:139176.95)
[チェーン給油]: Ghudayran
---海岸線沿い、、本当に何もない。太陽と直線のアスファルト、、そして開けた荒野が永遠と続く、、風景が真っ白で目が眩んで良く見えない。サングラスほしいけど直ぐ無くすか壊すか。。街に入っても店が殆ど休み。気がついたら今日は金曜日。
---途中で地図上で海岸線沿いの道、建設中表記になっているところはまだ工事中との事をチェックポイントのお巡りさんに聞く。迂回する道へ。幹線道路から見えなくなるまで道を外れて見晴らしの良い崖の淵で野宿。

[870] 11/6 (土) 晴れ
Saba → Nimr 525km Salalah → Ajdarawt 野宿
(Vmax:107 Mt:6h25min hmax:1074 TA:2917 ODD:139701.97)
[チェーン給油]: Saba
[ガソリン給油]: Nimr (QTY:39.965 OCT:Reg PRC:0.113OR ODD:139279.76)
---ニムルで給油。ニムル、オマニオイル、シェルのガソリン三社ある内の一つがこのニムルにある。新鮮なガソリン??そんなことない。
---カブース国王の出身地のサラーラに到着。あれ今日も休み?殆ど店のシャッターが閉まってる。ゴーストタウン??両替をして先へ。
---結局、ラス・アル・ジンスの海亀の産卵、ワヒバ砂漠、ワディ・シャープ、サラーラとその近郊にある4つの世界遺産(遺跡と国立公園)等々を無視して来てしまった。また次回に?
---サラーラから先は海岸線沿いでも山道。上ったり下ったり。急坂。景色も良い。
---チェックポイント多いな。パスポート見せたり通行の記録を取られたり面倒。日が落ちる前に幹線道路から岩ゴロゴロの道へ外れて海岸線沿いへ向かう。崖沿いの岩山の背後で野宿。
---最近日が落ちるのが速い。6時には落ちる。暇なので、さやかちゃんから貰った文庫本の「フェルマーの最終定理」を読み出して止まらず、気づいたらもう夜2時過ぎ。寝なきゃ。

ガソリンスタンドにて。ペットラクダ?砂漠で車につながれながら散歩しているラクダを何度か目撃。


洗濯物を干している最中。


ニムルへ向かう道沿いの渓谷?


イエメンへ向かう道。