Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

マラッカ、クアラテレンガヌへの道

2011-06-21 Tue 16:32:11

マレーシアの単独事故で右鎖骨骨折。全治最低3ヶ月です。状況によっては手術予定。
今は日本に帰国中です。

my right collar bone has been broken since i had an accident on my bike in malaysia. detail of the injury turned up that it takes at least or longer than 3 months to fully heal.. according as a doctor gave me the diagnosis which the "bones" are broken at 2 places that means 3 pieces and the mid bone has 1.5cm of big clearances between them. i'm currently in japan for having an accurate treatment and proper search. in addition, in malaysia, a public hospital couldn't look after as no knowledge and skill and any private hospitals in the capital are extremely costly and pricy for me...(but i figured out i'm actually able to claim my jp travel insurance for my injury after all.. i'd just assumed it's not). my trip will be delayed for a long period probably but hope i can be back on the road as soon as possible!


[1087] 6/10 (金) 曇り晴れ
---朝早くユアンはシンガポールへ。バイクのタンクバックを買いに行く。
---今日はマレーシア側でリラックス。大型ショッピングモールにあるパン屋さんが気になる。色々なパン6種類買って食べる。しかも安い。
---ユアン夜遅く帰ってくる。話によるとシンガポール側国境に着いたのは夕方五時。マレーシア側の国境を抜けたのは夜の10時。。合計5時間の国境越え。金曜日だからか?今日はシンガポール行かなくて良かった。

[1088] 6/11 (土) 曇りときどき晴れ
Johor Bharu → Pontian 234km → Melaka Voyage GH
(Vmax:99.8 Mt:3h33min hmaxs:77 TA:1022 ODD:159465.81)
[タイヤ圧確認]: Johor Bharu
[ガソリン給油]: Pontian (QTY:13.157 OCT:95 PRC:1.9RM ODD:159285.64)
---ユアンと一緒に出発。下道を通ってマラッカへ。交通量が多い。決して走っていて楽しくない道。
---マラッカの宿にチェックイン。観光地。シャワーを浴びて、すぐに観光に。ついてでインドネシア・ドゥマイへの船を確認。やっぱりフェリーじゃなくパッセンジャー・ボートでバイクを載せる場所も無い。うわさでは、ココから40〜60キロ北に貨物船が行き来する港があるらしいが。
---マラッカを散策。凄い一大観光地みたい。あまり好みじゃない雰囲気。ユアンとバーで飲んで宿へ。

[1089] 6/12 (日) 晴れのち豪雨のち曇り
Melaka → Kuala Pilah 196km → Temerloh Bugget Hotel
(Vmax:99.3 Mt:3h9min hmax:190 TA:1066 ODD:19662.25)
---マラッカは1泊で後にする。朝だらだらと朝食をとった後、北の方向へ。今日は暑い!汗だく。
---ユアンと部屋をシェア。周りは何も無い。自分のバイクでタンデムしてレストランで夕食。セブンイレブンによって宿に戻る。
---宿に帰る途中、怪しい挙動?油圧警告等が時々点灯!オイル不足?たぶん前のファンモーター・ヒューズが切れてファン回らなくなってオーバーヒートしたときに、オイル吹いてたからなぁ。明日、ついでにオイル交換しよう。

[1090] 6/13 (月) 晴れのち曇りのち雨
Temerloh → Chukal 297km → Kuala Dungun 野宿
(Vmax:100 Mt:3h56min hmax:112 TA:1375 ODD:159949.59)
[チェーン給油]: Temerloh
[予備電源プラグ配線修理]: Temerloh
[オイル交換]: Temerloh (QTY:2.4(3) PRC:25RM ODD:159665.8 Petronas Sprinta4T 4000 10W-40 SG MA Semi)
[ガソリン給油]: Temerloh (QTY:15.79 OCT:95 PRC:1.9RM ODD:159675.36)
---ユアンとはココでお別れ。ユアンは一旦クアラルンプールに戻りバイクの修理。こっちはマレー半島の東海岸側を北上。その後は西に向かいキャメロンハイランドで待ち合わせ。
---宿でチェックアウト12時までバイク修理。暑い。予備電源プラグの配線が溶けてる様だけどテスターでは問題ない。念のため、溶けている部分を切断、つなぎなおす。
---宿を出発。早速ガススタでオイル購入。チョット走って道端の木陰でオイル交換。オイル0.5リットルしか出てこない。。
---うーん。イマイチな風景。ヤシの木がたくさん。道も良すぎてツマラナイ?
---雨が降ってきた。途中、幹線道路を離れて人気の無い海岸線沿いで野宿。

[1091] 6/14 (火) 曇り
Kuala Dungun → Kuala Terengganu 232km → Kampong Hong ::: Kuala Krai Hotel Seri Maju
(Vmax:99.8 Mt:3h40min hmax:301 TA:1701 ODD:160281.75)
[ガソリン給油]: Kuala Berang (QTY:17.369 OCT:95 PRC:1.9RM ODD:160073.6)
[タイヤ圧調整]: Kuala Berang
---再び幹線道路に戻って、クアラテレンガヌで昼食。その後西海岸方面へ向かう。途中、東南アジア最大の人工湖をみて、再び幹線道路へ。綺麗な幅の広い舗装道路のワインディング。
---ついにその時が、、、70キロで走行中?直線道路。道路のくぼみを越えた直後、、気づいたら、既に目の前にフロントタイヤが?全く瞬間を覚えていない。2度ほどハンドルを戻そうと試みるも、スキーのエッジ効かせたみたいにフロントが滑る。最後はハイサイドでバイクから飛ばされて右肩を強く地面に叩きつけられる。転倒。。最初は動物を引いたのかと思ったけど、ヤシの木の実?のような、毛深い?カツラのようなものに乗っかった瞬間コントロールを失ったみたい。フロントタイヤに毛のようなものがついてる。
---どうも右鎖骨骨折したみたい。立ち上がって右腕でグチャグチャのアルミボックス持ち上げようとしても、力が入らない。。まるで筋で右腕つながってるみたいだ。。
---通りがかる車が駆けつける。バイクは近くの工事現場に一時保管してもらうことに。バイクは運よくエンジンがかかる。でも両サイドアルミボックスはグチャグチャ。左パニアラックも歪んでる。一応警察にも電話してもらう。
---地元の人のピックアップトラックに荷物を載せてもらって近くの村のクリニックへ。結局、大きい街の公立病院に行くように言われる。
---途中、パロウの村の警察署で事故の報告に1時間。。
---クアラクライの街に到着。早々にクアラクライの病院へ連れて行ってもらう。診察するも、鎖骨は何も出来ないと言われる。とりあえずレントゲンを取って折れていることを確認するだけで、三角巾で首から右腕つるだけで処置終わり。全治は3週から6週間といわれる。本当かいな。。チャンと直したければ私立の病院にレターを出すと言われても。。
---病院の車で、クアラクライ市街のホテルへ。重い荷物もわざわざ運んでもらう。ありがとう!
---明日、とりあえずクアラルンプールまで戻って、私立の病院でしっかり診てもらいたい。食欲も無く、ネットカフェで用事を済ませて宿へ。

[1092] 6/15 (水) 晴れのち雨
Kuala Krai ::: Gua Musang ::: バス泊
---昼クアラクライからバスでグア・ムサンへ向かう。荷物は持ってはいけないので宿の人にお願いして一時保管してもらえることに。そして貴重品、必要最小限の荷物を入れた小さいラックサックを持ってくれて、バス停まで案内してくれて、バスのチケットまで取ってくれた。凄く親切!ありがたい!
---グア・ムサンの警察署に自分のバイクが一時保管されている可能性があるので確認と、MMIP(マレーシアの自動車保険)の保険請求に必要な事故証明を取りたい。バスを降りて早速パトカーを見つけて親切にも警察署まで送ってもらう。バイクは今、事故報告をしたパロウの警察署に一時保管されているらしい。1,2ヶ月くらい預かってもらえる約束を取り付けて、事故証明をもらう。
---クアラルンプールへのバスは深夜12時発なので、待っている間にインターネットカフェへ。
---ユアンから電話が。。ユアンは自分のためにグア・ムサンまで来る途中に大雨と車を避けきれずに道路の土手に落ちて、抜け出すのに4時間かかったらしい。結局近くの車に引いてもらったとのこと。怪我は無いとの事で安心。グア・ムサンから南40kmのところにいるらしい。「行けなくてゴメン!」って謝られて、逆に本当に申し訳なくて、俺のほうが「本当にゴメン」って言いたい!!
---クアラルンプールへの長距離バスに乗り込む。バス泊。車酔いしそう。。

[1093] 6/16 (木) 曇り時々晴れ
::: Malaysia Kuala Lumpur ::: Kuala Lumpur Int.AP ::: 飛行機泊
---朝5時にクアラルンプールのとあるバス停に到着。歩いてMRTの駅まで行って1時間待ち。始発は朝6時から。MRTでクアラルンプールの中心まで行って、宿を取る。少し仮眠をとる。
---ネットで調べておいた保険屋さんが見つからず。。歩いて日本大使館へ。大使館員の人に私立の病院に3件ほど電話してもらうも3件とも折り返しの電話無しだし、マレーシアの自動車保険MMIPも利かないといわれる。風邪だけでも1万5千円取られるという話を聞いて、、海外旅行保険も利かないし(後にまたまた思い込みで、相手のいないバイク、車の単独事故でのケガに対しては保険が降りることが日本に帰ってから判明。。)私立だからといって質の問題もあるし、どう見ても鎖骨が皮膚押し出してて形おかしいし不安。日本に帰ることを決断。
---チェックインした宿を早々チェックアウトして、空港へ向かう駅の旅行代理店で日本へのチケットを取る。
---電車で空港へ。フライトは夜11時。うろうろしながら待つ。
---飛行機に搭乗。日本へ、、、、

[1094] 6/17 (金) 雨
::: Japan Narita Int.AP ::: 病院
---朝7時半に成田空港に到着。近くに住む弟がすでに車で迎えに来てもらってる。仕事も午前半休とってもらってスマナイ。弟の奥さんも一緒に、そのまま大学付属の病院へ。
---病院で診察が終わったのは午後3時、診断は、右鎖骨骨折で2箇所折れていて、真ん中の骨が宙に浮いている状態。無理やり鎖骨バンドなるタスキがけのような形をしたもので、押し戻して、骨と骨の間が1.5cmの隙間。とりあえずこの1週間これで様子を見て、これでつきそうに無かったら手術の可能性もという話になる。全治最低3ヶ月と診断される。。とほほ。。


マラッカの巨大ショッピングモールのとある、


電飾の自転車サイドカータクシー?何ていうの?

マラッカの中華街であった、、笑っちゃいけない!


モスク。今まで見てきたモスクと全然違う。


東海岸沿い走行中。ペトロナスの工場?


クアラ・テレンガヌのフローティング・モスク。


クアラ・テレンガヌからグア・ムサンへ向かう道。


このすぐ先で事故発生。。


踏んだり蹴ったりのグランドフィナーレだと思いたい。。
でも鎖骨だけで運が良かった!
ということで
ブログは一時休止します。

クアラルンプール、ジョホールバルへの道

2011-06-10 Fri 15:13:55


[1079] 6/2 (木) 曇りときどき雨
[バッテリー新品交換]: Hat Yai (Yuasa YTX14BS-MF)
[ACG-Reg間カプラー切断、ワイヤー直接接続]: Hat Yai
---午前中は雨。朝、昼食あわせて近くの洋食?屋さんでインターネットしながら食事。
---午後、バイク修理。新品バッテリー交換して、念のためサーキットテスターで確認。充電電圧が13.5Vで低すぎる。何故?メイン系、充電系の配線を確認していく、、
---出た。。ACジェネレーター三相コイルの線からレギュレーターに向かう途中のカプラが溶けて端子も黒焦げに焼けてるじゃん!はぁ。。たぶん端子がルーズで、海風?雨でスパークした?バンコク向かってたとき急に電源落ちた時か??とりあえず両端のカプラ切断して、被服を剥がして、裸線を直接接続。それでも充電電圧が回復しない。。何故?ACジェネレーター三相コイルの抵抗、アースされていないか確認→異常なし。。新品レギュレーターに交換して確認→充電電圧回復せず。オーバーチャージも無し。とりあえず一時的には大丈夫だろうけど、何処かでしっかり直さないと、またバッテリーがいってしまう可能性大。前バッテリーはケニアのナイロビからだから1年くらいか。
---タイ以降はたぶんビール高いらしいので、ここで飲みだめ!は出来ずビン二本のんで終わり。

[1080] 6/3 (金) 晴れのち雨のち晴れ
Thailand Hat Yai → 国境 Sadao 549km → Malaysia Kuala Lumpur Tiara GH
(Vmax:110 Mt:6h32min hmax:312 TA:2672 ODD:158796.07)
[ガソリン給油]: Thailand Sadao (QTY:6.55 OCT:95Gasohol PRC:37.89Bht ODD:158298.71)
[チェーン給油]: Malaysia Alor Setar
[ガソリン給油]: Malaysia Alor Setar(QTY:12.8 OCT:95Unleaded PRC:1.9RM ODD:158393.72)
[ガソリン給油]: Malaysia Bidor (QTY:15.5 OCT:95Unleaded PRC:1.9RM ODD:158645.29)
---ゲストハウスで朝食を食べて出発。マレーシアとの国境へ。土砂降りの雨が。
---国境につくころには雨がやむ。マレーシアに入国。パスポートにスタンプして後は何も無し。簡単すぎる。
---高速道路でひたすらクアラルンプールを目指す!マレーシア、バイクは高速道路タダで、料金所はバイク専用レーンで素通り。いたるところにバイカーの為の雨宿りポイントが設置されている。途中長い間、ヤシの木の森を通過。高速道路上からも良く見える。ガソリンスタンドもクレジットカードが使えて便利。しかもタイの粗悪燃料よりも安い!リッター1.9リンギは約50円!!!高速パーキングのインド、中国料理も旨い!タイ飯は基本的に量が少ないけど、量も多くて旨い。
---まさか500km以上あるとは思わなかった。。最近一回で長距離移動多いな。。クアラルンプール市街へ。待ち合わせしていたブッキビタン・エリアにあるゲストハウスに。夜8時ごろ到着。
---スペイン人ライダー・ユアンに再会!カンボジア以来。旅、バイク話で盛り上がる。近くの中華で夕食。そのまま歩いて、かの?有名なペトロナスタワーへ。凄いかも?塔の上の部分のデザインが何処かで見た古代ヒンドゥー寺院にソックリだな。中に潜入も夜10時で閉館。。

[1081] 6/4 (土) 晴れときどき雨
Kuala Lumpur → 市街 25.1km → Kuala Lumpur Tiara GH
(Vmax:79 Mt:52min hmax:95 TA:187 ODD:158822.2)
---ゲストハウス朝食付き。インド人の人とおしゃべり。インド話が盛り上がって気づいたら、もう昼前11時。。
---ブッキビタンから歩いて中華街へ。うーん。。。ヒンドゥー教の寺院久しぶりに見た。途中にサーキットテスターの電池を交換してもらって宿に帰ってくる。
---バイクでバイク屋さんへ。電気配線する端子を分けてもらおうと尋ねるも無碍に断られる。大型スーパー・テスコへ。。でも見つからず。宿へ戻ってくる。
---ユアンと一緒にブッキビタンすぐのショッピング・モールへ。カメラ&携帯電話街!パソコンと怪しいWifiデバイスをつなぐUSBケーブルを購入。家電の店で電気配線探すも、、全く無い。店を出て、悩み中のユアン(笑)どーする?自分も後押し!そしてついに!ニコンのデジ一眼を購入!マレーシアは電気機器関税無料らしく安いらしい。スペインと比べてかなりお得。ニコンはタイに工場があるらしく、made in Thailand。その後、さらに車載カメラも購入!!衝動買いに向かって突き進んでるなぁ。うらやましぃ。。
---そのまま夜の写真撮影会へ?自分のバイクでタンデムして、再びかの?有名なペトロナスタワーへ。ユアンはカメラチェック。自分も写真を撮る。そして雨が。宿に戻る。
---インドのレストランで夕食。旨い!量多い!牛肉のカレー、ご飯に野菜。肉あり過ぎ。。セブンイレブンの向かいにある168で安いビールを発見!もう飲めないと思ってたのに。バリ何とかって言う330ml缶。他にもアルコール度数12%ビールとか安い。バリ2本買って帰る。

[1082] 6/5 (日) 晴れのち雨のち曇り
Kuala Lumpur → 市街 63.1km → Kuala Lumpur Tiara GH
(Vmax:91.7 Mt:1h18min hmax:89 TA:565 ODD:158885.28)
[リアタイヤ新品交換]: Kuala Lumpur (ODD:158885.28 Metzeler Tourance 140/70-17)
[リアホイール・スプロケ側・スポーク4本交換]: Kuala Lumpur
[チェーン3コマ調整(20)]: Kuala Lumpur
---朝から電気配線のプライヤー等々を探しに出かける。暑い!!しかも高速が蛇のようにグルグル?張り巡らされていて、何処で降りたら良いのかわからない。何往復かして、目的地のハードウェアショップを見つけるも、、案の定、休日。。昨日は国王の誕生日?か何かで休日だったしツイテナイ。。でも近くに違うハードウェアショップを発見!ハンダごてが安い!これなら端子使わないで直付けするか?購入。
---宿に戻って、バイク修理?。まずは電気系の前にリアタイヤ交換。ついに溝が消える。変える途中で異変に気がつく。リアホイールのスポーク数本が全くテンションが無い。。確認。スポークの皿上の柄の部分が磨耗して無い!4本確認。すべてドリブンスプロケット側。ほとんど4本スポークが折れているのと同じ状態で走っていたのと同じ。ウォーターポンププライヤーでスポーク固定。2本はニップル外れるも、他2本は錆び付いてて全く回る気配なし。金ノコギリでスポークを切断。予備の新品スポークに交換するも、予備も四本。ギリギリ。何処かでまた予備スポーク調達しないと。。
---そんなこんなで日が落ちる。ユアンと一緒に、夕食はココ!と決定したインド・レストランへ。

[1083] 6/6 (月) 晴れときどき小雨
---朝からバイク修理?。電気系。充電電圧が元に戻らない。メインの配線内で抵抗があって電圧降下してる??バッテリー→メイン・ヒューズ→イグニッション・スイッチ→ヒューズボックス→、、、アース??イグニッション・スイッチの電源が入るところから、主な負荷&クーリングファンにいく間の抵抗が高い。イグニッションスイッチに原因?マリで溶接の火で溶けて、カメルーンで直して以来のイグニッションの接点スイッチ部分を分解。前々から動きも渋かった。ハンダ付けされている近接する3端子が錆びと裸線がささくれ立って、隣の端子間とショートしてる可能性もあるな。。抵抗もココで発生してるかも。
---イグニッションの接点スイッチ部分を清掃。グリースが固着。オーストリアのワークショップでもらった水を含んでも大丈夫なグリスを投布。
---ハンダを溶かして、端子を取り外し。新しく付け直す。も!!ハンダが全く着かない!!何故?何回やっても同じ。。
---ユアンがタンクバックを買いに行くのに便乗して、タンデムでバイク街へ。イグニッションスイッチを持っていてハンダ付けしてくれる所を探すも一軒も出来るところは無い。普通のバイク屋だったら何処でも出来ると思うけど。。
---バイク街近くの家電屋さんで、強力なハンダごて100Wを買って戻る。
---再度?、ハンダ付けチャレンジ!するも全く着く気配なし。。何で、ハンダが原因?説明書きを見ると、、フラックスの欄が空欄。全くない?
---ユアンのBMW1200GSを借りて、再び同じ家電屋さんへ。フラックスのペーストを買ってくる。それにしても流石1200ccのパワーは違う。安定感も良い。タダ、ブレーキがサーボ?着いてる?なれないとブレーキング難しいのと、やっぱりデカイ。足は全く着かない。低速は重い。。
---再度?、ハンダ付けチャレンジ!着かない。。。そんなぁ。ハンダ自体が悪いのか?もう店は5時で閉店。。明日またやるしかない。

[1084] 6/7 (火) 晴れときどき小雨
Kuala Lumpur → 市街 15.9km → Kuala Lumpur Tiara GH
(Vmax:86.9 Mt:31min hmax:96 TA:134 ODD:158901.22)
[ACG-Reg間ワイヤー収縮被覆ゴム接続]: Kuala Lumpur
[イグニッション・スイッチ内部清掃、給油、端子ハンダ付け]: Kuala Lumpur
---昨日、ホットワイヤーリングでイグニッションスイッチを直付け。バッテリーを直接接続して、エンジン始動。昨日の家電店へ。ハンダを購入。もしハンダ付けしてくれる所があればと近くに携帯屋さんが店先にワークショップがあってハンダごてまで見えてるのに、自分のイグニッションスイッチを見た瞬間。「今壊れてて修理できない」とか違う店は「今、ボスがいないからわからない」と断られる。なんで?
---仕方なく宿に戻って自分で、再度?チャレンジ!着かない。。センス無い??
---宿に止まっているマレーシアの人にハンダ付けできるところを連れて行ってもらう。最初はバイク屋さん。。の、おっちゃん1時間チャレンジしてハンダ全く着かない。。俺だけじゃなかった??仕方なく違う店を転々として、電気屋さんに辿り着く。バングラディシュの店員がいとも簡単にハンダ付け!あれ。。やり方をチェック。ナルホド。
---宿に戻って早速、イグニッションスイッチを組み立てなおそうと思ったら、また3端子ある一箇所がまた取れる。。。
---もうヤダ!最後のもう一度!再度?ハンダ付けチャレンジ!つっ着いた!!やったー!!はぁ長かった。ハンダ付けトラブルで数日つかってしまった。。
---イグニッション・スイッチを組立・取付。ACGとレギュレーター間の裸線接続もその上に熱を与えると収縮する絶縁ゴム管で周りを被服して接続。
---充電電圧を確認。。。おぉ!!!14.8Vで正常値に戻った!!感動!!長かった。。
---夜はユアンがBMWのディーラーのマネージャー・ゲリーが夕食に誘われて、一緒にお邪魔。たらふくシーフード中華にタイガービールを堪能!カニ炒め、海老炒め、貝の餡?に野菜炒めにチャーハンが山盛り!カニと海老は殻ごとバリバリ全部食べてるのは俺だけ。驚かれる?変な眼差しを感じるもお構いなし。タダ貝殻とカニのハサミは殻が厚すぎて食べれないけど。マレーシアのツーリングお勧めスポット。バイカー話で盛り上がる。
---ゲリー夕食招待ありがとう!車で宿まで送ってもらって、その後さらに168で安ビールを買ってきて、ユアンと宿の庭で飲みながら、またバイク旅話をしていたら夜1時に。

[1085] 6/8 (水) 晴れときどき雨
Kuala Lumpur → 330km → Johor Bharu Grand Paradise Hotel
(Vmax:105 Mt:3h59min hmax:116 TA:1583 ODD:159231.63)
[フューエル・フィルター取外、燃料タンクからキャブ間直接接続]: 途中
[ガソリン給油]: Batu Pahat(QTY:17.896 OCT:95 PRC:1.9RM ODD:159015.03)
---ユアンと一緒にクアラルンプールを出発。久しぶりにライダーと一緒に走る。マイクと一緒に走った、トルコ、ブルガリア以来だなぁ。
---高速に乗ってシンガポールとの国境ジョホール・バルを目指す。途中悪夢再来!!!バイク、ストぉ−ーーーぷ!!はぁもう100回ぐらい止まってんじゃないかって位の心持。。確認。もう燃料ポンプは外してあるしなぁ。燃料フィルターを確認。フィルターから先キャブまで燃料全くなし。フィルターを口で吹いてみると抵抗が?その後普通に空気が通る。フィルター無しで直接タンクからキャブに接続してエンジン始動。難なくかかる。フィルターも?原因?タイのアルコール入り燃料が原因??アルコールが樹脂やゴムを溶かす恐れがあるのは知ってはいたけど、もしや樹脂燃料タンクが溶け出して、フィルターが詰まった?しかも日本に帰ったほぼ4週間は放置状態。聞いた話では、アルコール入り燃料は、休み無く走らせている分には問題ないけど、2週間とか長い期間放置すると樹脂、ゴム部品がやられるらしい。。。
---とりあえず走るから続行。途中高速パーキングで2回休憩。昼食。夕方5時にジョホールバルに到着。駐車場付ホテルをユアンと2人でシェア。夕食は路地一角が中華屋台街になっているところで、チャーシューライスとサトウキビジュースを飲んでジョホールバルの街を散策して宿に戻る。

[1086] 6/9 (木) 曇り
Malaysia Johor Bharu ::: 国境 ::: Singapore ::: 国境 ::: Malaysia Johor Bharu Grand Paradise Hotel
---シンガポールへバイクを乗り入れる為の手続きが面倒というのは良く聞く話で、、、バイクはホテルの駐車場に。
---まずジョホールバルにある保険屋さんでシンガポールもカバーする保険に加入。30分で証券を受け取る。
---そのままジョホールバルにあるイミグレへ。スタンプを押してもらって出国。バスに乗ってシンガポール側へ。入国手続きを終えシンガポールに入国。そのままMRTの駅までバスで行って、シンガポールの中心へ。シンガポール自動車連盟を尋ねる。
---自動車カルネにスタンプと、インターナショナル・サーキュレーション・パーミットの発行をお願いするのに、シンガポールをカバーする保険が必要だと聞いてはいたが。。。
---何と!!2年ほど前までは、マレーシアの保険会社の保険でも受け付けていたが、今は『シンガポール』の保険に加入しないと、カルネ&ICPを発給することは出来ない!!と言われる!そんなぁ。ではシンガポールの最短1ヶ月保険は??驚愕の値段約300シンガポール・ドルは約2万円は無理!!!そこでマレーシアの保険は、外国籍登録車はマレーシアでは保険が利くけど、シンガポールでマレーシア以外の外国籍車は保険が効かないと言われる!本当かよ。保険のポリシーにそんな事全然書いていないよ。しかも37リンギ払っちゃったのもパーかよ。シンガポールにバイクで入国するのは諦める。たった2,3日で2万も払えない。しかも有料道路もアチコチで種類が違ったり、時間帯で値段が違ったり、ETC的なものを付けないといけなかったり、、一回ごと!!に有料道路未払いで違反したら70シンガポール・ドル取られたりするらしいし、根本的にシンガポールをバイクで走るのは楽しいかという問題もある。
---せっかくなのでそのままシンガポール観光へ。途中、ホンダのディーラーでスペアパーツの在庫と値段を確認。燃料ポンプとかもろもろ日本の1.3から1.5倍くらい?日本から送ってもらっても良いかなぁ?後は、巨大ショッピングモールが何件も。サンド・スカイ・パーク?はビルの上に船が乗っかってる建物の最上階に行くのに20Sドルは高いので行かない。マーライオンを見て、、微妙。サンド・マリーナ何とか??夜景、水と光のショー?を見て、、これはタダだしまぁそれなりに?楽しめたけど?9時にはクイーンズ通りのジョホールバル行きバス停へ。長蛇の列。。1時間くらい待って乗車。両方の入国審査が終わって、途中インドレストランで夕食を食べて帰ってきたら夜の12時半。疲れた。。今日は良く歩き回った。


ここ数ヶ月は踏んだり蹴ったりが続いているような気がする。。


マレーシア・クアラルンプールのペトロナスタワー。スカイブリッジ?は行かない。


リアスポーク4本ドリブンスプロケ側の柄の部分が磨耗。


イグニッションスイッチのハンダ付け。


ジョホールバルのヒンドゥー寺院。ナイトマーケットもそば。


シンガポールにバイク無しで入国。
日本で言うETC的なものが普通の道に。見てるだけでムカムカする!システム。


何故だかシンガポールってモノトーンな雰囲気を感じるのは自分だけ?


マーライオン。。微妙。


サンド・スカイ・パーク?屋上はプールとかあるらしいけど入場料高い。。中のモールとかも、他のものモールと違って高級なブランドが。興味なし。


水と光と音のライトショー??無料。水にまつわる物語??

プーケット、ハートヤイへの道

2011-06-02 Thu 15:41:06


[1071] 5/25 (水) 晴れときどき雨
---なぜだか疲れが。。今日出ようと思ったけど体が動かない。昼寝したり。。
---今日の夜の映画鑑賞は「ホテル・ルワンダ」みんな真剣に食入る。お互いルワンダに行ったときの思い出話。

[1072] 5/26 (木) 晴れ
Bangkok → 219km → Hua Hin Euro Hua Hin City YHA
(Vmax:102 Mt:3h3min hmax:70 TA:668 ODD:157096.18)
[チェーン給油]: Bangkok
[タイヤ圧調整]: Bangkok
[ガソリン給油]: Bangkok (QTY:8 OCT:91Gasohol PRC:34.64 ODD:156884.36)
[ガソリン給油]: Bangkok (QTY:8.66 OCT:91Gasohol PRC:34.64 ODD:156884.36)
[燃料ホース、タンクからキャブレター間直接接続]: Bangkok
[ガソリン給油]: Bangkok (QTY:21.66 OCT:91Gasohol PRC:34.64 ODD:156885.33)
[ガソリン給油]: Phetchaburi (QTY:6.31 OCT:91Gasohol PRC:34.87 ODD:157046.31)
---レミ、マジョリーとお別れ。本当に色々ありがとう!!オーストラリアで再会を誓って別れる。
---久しぶりにまともにバイクに乗る。ちょっと緊張って、、まさかの悪夢再び、、渋滞の中、ビクトリーモニュメントまできたらバイクがストップ!!はぁ。。また燃料系の予感。。日差しも暑い!少し途方にくれて、、考える。スターター回しすぎて、またバッテリーも上がって、、もう駄目だ。バッテリーも交換しないと。
---ソイタク捕まえて、とりあえずガソリンスタンドで燃料調達。8L買って戻ってくる。ガソリン入れて押しがけスタートするもエンジンかからず。。とりあえず日差しが避けられる高速出口の高架下まで非難。
---燃料フィルター、燃料ポンプを飛ばして、燃料タンクからキャブへショートカット、直接接続。何回目だ??燃料タンクをキャブより上に持ち上げて燃料を落とす。近くの人にバイクを押してもらって押しガケ。エンジンかかった。また燃料ポンプか??
---その後、エンジンまたストップ。どうもまだ燃料が足りないらしい。追加でガソリンを8L買ってきてもらって入れる。そしてまた押しガケ。エンジンかかってそのままガソリンスタンドへ。満タンにする。そしてまた押しガケ、スタートでガソリンスタンド出ると、もうちょうど昼過ぎに。原因はまた燃料ポンプにあるようだけど、バンコクにいても始まらないので強行移動!
---こまめに、ガソリンを入れながらフアヒンに到着。ユースにチェックイン。それにしても酷く疲れた。体が焼けるように暑い!とりあえずシャワーを浴びて洗濯。ここのドミ6人部屋だけど他のゲストいないし一人で占領エアコン付はありがたい!
---近くのナイトマーケットを流して食事。早々宿に戻って休息。

[1073] 5/27 (金) 晴れときどき雨
---最初から昨日のような事は体にこたえる。。朝起きれず、昼くらいに朝市へ。でも朝市だけに人もまばら。タイヌードルを食べてから、フアヒンのビーチを散策。うーん。。戻ってくる。シーフード食べたいけど、何処も高いなぁ。。
---夜はナイトマーケットへ。お粥の屋台を発見!食べてみると激旨!2杯目お代わり。

[1074] 5/28 (土) 晴れときどき雨
[燃料フィルター交換]: Hua Hin
[燃料ポンプ取り付け]: Hua Hin
---今日出たいけど体が動かない。。朝から修理。燃料ポンプの作動確認すると、、チャンと燃料が吐出口から出てくるんだけどなぁ。。何で?しかもバンコクでバイク止まった時は、念のためポンプの振動を触りながらで、確かに作動していたようなのにも関わらず燃料が着てないのは何故。。ポイントはヤスリで削ってしっかり表面も出てる。問題ないようだけど。。
---とりあえず、燃料フィルターを新品交換して、燃料ポンプも元に戻してみる。エンジン一発でかからないと、バッテリーが弱ってて押しガケしないと。バッテリーが弱ってるのが原因??いずれにしてもエンジンかかってポンプも振動から正常動作しているようだけど。。
---昼過ぎから雨が、宿に入ってシャワーを浴びて休息。
---夜は再びナイトマーケットでハマッタお粥を2杯食べる。

[1075] 5/29 (日) 晴れ雨
Hua Hin → Chumphon 417km → Ranong 野宿
(Vmax:106 Mt:5h22min hmax:141 TA:1902 ODD:157512.89)
[タイヤ圧確認]: Hua Hin
---フアヒンを出発。どっちへ行くか。。直接マレーシア方向?もしくはチョットそれてアンダマン海沿いの温泉地ラノンを目指す。
---ラノンに到着。安宿は一軒つぶれてる。。他数件も高いし質もイマイチ。今日は野宿決行!で途中、いきなりの豪雨で雨具着ける間もなく、ずぶ濡れ。。通りすがった大型スーパーテキサコロータスに非難ついでに、夕食と野宿の夜食を買って雨が上がったのを見計らって再び出発するころには夕方5時過ぎで温泉閉まってるはず。明日の朝か。
---温泉は13箇所あるみたい。の内のポンラン温泉へ。山を登っていく途中に急坂の脇道が。脇にそれて丘の頂上付近に廃屋らしきものが。確認。打ち捨てられてから時間が経ってそう。雨もまた降りそうなので廃屋の屋根の下で野宿。案の定、雨が。日本から持ってきた、この度5つ目!のワイルドワンのNewテントを試す。構造はカリフール・テントとほぼ一緒。でも生地の質全てが数段上!片側前室もあるし、出入り口も2箇所。ジッパー壊れたら片側使えるし。値段も安いし満足。ただジッパーの目が細かいものなので、早く壊れるかも。

[1076] 5/30 (月) 晴れ雨
Ranong → Khuraburi 286km → Phuket 野宿
(Vmax:101 Mt:4h14mnin hmax:92 TA:1577 ODD:157798.88)
[チェーン給油]: Ranong
[燃料ホース、燃料フィルターからキャブレター間直接接続]: Bam Kam Pham
[ガソリン給油]: Bam Kam Pham (QTY:8.43 OCT:95Gasohol PRC:37.96 ODD:157595.66)
[ガソリン給油]: Bam Kam Pham (QTY:19.76 OCT:95Gasohol PRC:37.96 ODD:157599.14)
---朝早く起きて、ポンラン温泉へ。露天風呂。安らぐなぁ。1時間半ほど浸かる。川もすぐ側にあって、そっちにも浸かる。魚も泳いでる。
---温泉は行った後で、バイクに乗って汗まみれになるのは納得いかないけど出発。。
---途中雨が降ったりやんだり。セブンイレブン付ガススタで雨宿り。地元の人と話。プーケットからの帰りで、ラノンから生簀に魚を入れて往復してるらしい。どうもアンダマン海では大きな魚は全く取れず、ミャンマー、インドから輸入してプーケットに運んでいるらしい。ナルホド。
---ガススタを出て再びバイクストップ!!!あぁああ!もう。何なんだよ!!燃料系に決まってる!地元の人がバイクに乗っかってガススタに戻って8L買ってまた元の場所へ。燃料入れて、また燃料ポンプをショートカットしてエンジン難なく始動!でもバッテリー上がってるので押しガケ。。野宿したところも丘の上からの下りだから助かった。
---もう一度、燃料ポンプの動作確認。作動しているように見える。停止してみる。。うん?あれっ何かおかしい?吐出口から燃料がジワリと来てる。停止したにもかかわらず?何故?もしや吐出口のワンウェイバルブが、がら開き状態?なのか?って事は?今度こそ!何となく?!分かってきた?
---燃料タンク内の油面がキャブより上の時は、単純に自重落下で燃料供給されている。ワンウェイはもうツーウェイになっていてバルブが無いのと同じ。ポンプは作動しているけど、中でピストン運動繰り返してるだけで、実際にはポンピングしてない。もう燃料ポンプが無い状態と同じ、ただの通路になってるだけ。油面がキャブ下になると燃料が供給できなくなる??が、原因に違いない!!少なくとも燃料ポンプを外してキャブ上まで油面上げれば燃料は確実に供給されるわけだから、燃料ポンプが悪いに決まってる!はぁ。。長かった。面倒。
---それにしても温泉入った後なのに、汗まみれにガソリンまみれって、さすがにムカつく!ガススタ行ってガソリン満タンに。こまめに入れれば問題ない。たぶんキャブ上に約20Lのガソリンある模様。ポンプ無くても、少なくとも400Kmは走れる計算に。ビックタンクで良かった。
---走り続けてプーケット島に入ってすぐの村へ。ビーチ沿いには高級リゾートホテルが。。交渉してそこのホテルの敷地内のビーチ沿いの防風林の中にテントを張らせてもらう。買出し途中に夕食を食べて、戻ってビールを飲みながら海を眺めてると雨が。。モンスーン雨季がとうとうスタートしたか。。そういう時期だし。

[1077] 5/31 (火) 雨のち晴れ
Phuket → Krabi 450km Phatthalung → Hat Yai Cathay Guest House
(Vmax:107 Mt:6h3min hmax:204 TA:2206 ODD:158248.4)
[チェーン給油]: Phuket
[ガソリン給油]: Krabi (QTY:16.33 OCT:91Gasohol PRC:35.52 ODD:157964.71)
[右アルミボックス歪み修正]: 途中
---案の定。。エンジン始動せず。バッテリーが。。しかも砂の中にバイク止めてしまう。最悪。パッキングした荷物をもう一度全部外す。何とかバイクを舗装まで押してくる。。はぁハァハァ。押しガケ。路面が濡れててタイヤが滑って押しガケ出来ない。。ホテルの人を呼んでバイク押してもらう。。朝から運動。
---ガイドブック読んでも、あまりプーケットにそそられない。中心までは行かず戻ってマレーシア方面へ。
---途中、木陰でアルミボックスを修理。昨日、バイクを倒してしまって歪んだ。宿とか街中だと、ハンマーで箱たたくのでうるさくて修理できないので、何時もこのパターン。
---途中よさそうな野宿ポイントあるも、通り過ぎてハトヤイ市街へ。宿もそこそこ安いのでチェックインして、早々にシャワー、洗濯、テントと濡れてるものを干す。
---またまた疲れた。それにしてもタイに観光に来てるのかバイク直しに来てるのかわからん。。(笑)
---近くのレストランで夕食を取って、すぐ宿に戻って横になったらZzzz。

[1078] 6/1 (水) 晴れのち雨曇り
---念のため、新品バッテリーを探しに出かける。バッテリー専門店、ホンダディーラーを回るも、小さい容量のバッテリーしか見つからず。でもホンダの店員から大型のバイクショップがある所を教えてもらって行ってみる。
---おぉユアサの新品バッテリーがある!でもお金を持ち合わせてないので銀行へ。銀行で両替した後に、すぐに豪雨で雨が弱くなるまで足止め。その後は弱いながらも振り続ける。新品バッテリーをゲットするも雨で装着するのは明日にする。これでエンジン押しガケからさよならできれば良いけど。。問題は野宿した時に人もいない、地面の状況が押しガケ出来ない可能性が大なだけで。舗装だったら余裕で押しガケ出来るからバッテリー上がってても良いんだけど。。で夕方の4時。。バッテリー探しで、ほとんど1日終わる。

バンコクを出発。レミの家の駐車場にて。リアタイヤはギリギリで交換したい。


廃屋の屋根の下で野宿。


ラノンの温泉。