Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[走行軌跡]ピナクルズ砂漠、パースへの道

2012-07-05 Thu 10:56:38


[1211] 6/28 (木) 晴れ
Newman手前90km → 市街 94.3km → Newman 野宿
(Vmax:98.7 Mt:1h17min hmax:745 TA:348 ODD:170516.1)
[チェーン給油]: Newman手前90km
[タイヤ圧確認]: Newman手前90km
[ガソリン給油]: Newman (QTY:10.02 OCT:91 PRC:1.699 ODD:170506.89)

、、、---カフェを出て、スーパーマーケットで今晩の夕食の買出し。
---ガソリンスタンドでガソリン給油と水給油して、今晩の寝床探し。数キロ離れた道端のパーキングから森に入れる。さらに1kmくらい奥に入って野宿。

[1212] 6/29 (金) 晴れ
Newman → 市街 13.6 km → Newman 野宿
(Vmax:89.9 Mt:20min hmax:559 TA:74 ODD:170529.67)
[タイヤ圧調整]: Newman
---朝、気になってニューマンのツーリストオフィスに立ち寄ると、、チョット気になるツアー。ビー・エイチ・ピー・ビリトンなる鉄鉱石採掘会社の採掘場の見学ツアーに申し込む。チョット高いけど気になる。明日の朝9時半センターを出発だから明日早く起きないと。もうチョット早く分かってれば今日の朝のツアーに行けたのに。。
---昨日は失敗した。この街に図書館があるなんて。。図書館でパソコンとかとかのバッテリーの充電をしながら、西オーストラリア州のロンリー・プラネットで今後行く場所の確認。バイク雑誌とか『オーストラリアの景観が素晴らしい道』なる写真つきの本を眺める。
---図書館を出て、スーパーマーケットで今晩の夕食の買出し。最近元気が無い。。今日は奮発して、オージービーフ!に、野菜をトマト、たまねぎ、カリフラワーにズッキーニを買う。そしてボトルショップで冷たい白ワインを購入。
---ガソリンスタンドでガソリン給油と水給油して、今晩も今日と同じ場所に野宿。
---先ずはテントを張って、洗濯。その後はワインを飲みながら、オージービーフの野菜煮?ワインも入れてみる、、、旨い!って奮発した牛肉が旨いのかも。

[1213] 7/1 (土) 晴れ
Newman → 市街 296km → Doolgunna 野宿
(Vmax:99.9 Mt:3h25min hmax:650 TA:766 ODD:170825.27)
[タイヤ圧調整]: Newman
[ガソリン給油]: Newman (QTY:12.66 OCT:91 PRC:1.699 ODD:170534)
---朝早くは寒い。。日が上がらないと寒いから、あまり早起きしてなかったけど、致し方なし。。朝食にかぼちゃのスープを飲んで、パッキングを済ませて8時半にブッシュから出る。。
---9時には、ツーリストオフィスに到着。今日は休日だから20人以上の見学者が。。蛍光ベスト、防塵メガネとヘルメットを着用して、大型バスに乗り込んで、出発。バスガイド付き。会社の敷地に入って、鉱山をドンドン上がってく。。とにかく一番長い!広い!重い!とにかくデカイ!!、、、
●ココのニューマンからポート・ヘッドランドまで400kmの鉄鉱石を運ぶための鉄道のレールが私有の鉄道としては、一番長いらしい。
●鉄鉱石を運ぶための、列車の長さが7km、総重量10万トンが世界記録。実際は4kmらしい。止まるときも数十キロ手前で減速しないと止まれないらしい。。
●鉄の鉱山で、シングル・オープン・カットで5.4kmx1.5kmは世界一大きいらしい。
●240トンのトラックが50台以上。完成車でなく別々にパーツを運び込んで、会社のワークショップでくみ上げるらしい。タイヤ直径3.8m 重さ6t。。が6つ?一本600万円で、、9から12ヶ月で駄目になるらしい。。
等々、、採掘の仕方、鉄鉱石の細かく砕いて、低品質と高品質の鉄鉱石を選別する方法とか、、このペースで後、約60年まで鉄鉱石があるとか、輸出先に日本を筆頭に、中国、台湾、韓国、ヨーロッパ、、従業員のシフト、給与等々の説明が。
---自分の鉄馬がこの山から生まれ出たかもしれないと思うとチョットだけ感動。結局バスで鉱山の頂上まで行って、大きな穴を見て、後はバスの中から会社の敷地を回って、元のツーリストオフィスに戻る。
---ガソリンスタンドによって給油、水補給そしてタイヤ圧を調整。どうもリアタイヤが超スローパンクチャーみたい。空気が抜けてる。継ぎはぎのチューブから何処か微妙に空気が漏れてるのかも。
---やっぱり、パースまで行って新品のリアチューブを調達しないと駄目か。。リアタイヤも急速に磨耗してるし。新品のタイヤも買いたい。
---ひたすら南へ。南に下るごとに寒くなる。特に日が落ちてからが寒い。
---昼過ぎにニューマンを出たから、次の街までは無理そう。幹線道路を逸れて森の中へ。野宿。

[1214] 7/2 (日) 晴れ
Doolgunna → Cue 334km → Big Bell 野宿
(Vmax:99.9? Mt:5h2min hmax:536 TA:1054 ODD:171159.74)
[チェーン給油]: Doolgunna
[タイヤ圧確認]: Doolgunna
[ガソリン給油]: Meekatharra (QTY:19.43 OCT:91 PRC:1.699 ODD:170963.88)
---ひたすらグレート・ノーザン・ハイウェイを南下。途中オーバーサイズトラックがやたら通る。数台は殆ど道の全幅使っていて、車だと道脇に避けないと通れない。
---Cueなる街に到着。このあたりは以前、金の鉱山があって栄えたらしい。
---Cueからダートに入る。ビック・ベルなる、これもまた1890年から1940年代くらいまで、金で栄えた街らしいけど、今はゴーストタウンになっているらしい。行ってみると、ホテルと教会?位で殆ど建物は残ってない。その周りに金山が。金山の周りをバイクで走りながら、チョット覗き見しているうちに、日が落ちかけてきたので、金山の麓で野宿。
---夜、超寒い。ついに、この旅で数度しか使ってないゴアテックスの寝袋カバーとダウンジャケットを取り出して着る。

[1215] 7/3 (月) 晴れ
Big Bell → Walga Rock 413km Yalgoo → Morawa 野宿
(Vmax:96.3 Mt:6h31min hmax:498 TA:1483 ODD:171572.51)
[チェーン給油]: Big Bell
[タイヤ圧調整]: Big Bell
[リアタイヤ・チューブバルブ中古交換]: Big Bell
---朝起きると、テントのフライの内側が結露。バイクにも霜が降りてる。でも水は凍ってない。木々の間にロープを張って、フライを乾かす。バイクのパンツも汗で濡れたから、外で放置して置いたら、パンツにも霜が。。コーヒー飲みながら、朝食食べながら、ダラダラ待つ。
---ついでにリアタイヤの空気漏れの確認。2.5kg入れたのに1.6kgまで下がってる。。チューブのバルブ先端にツバをつけて確認すると、、バルブから漏れてる。。中古のバルブに交換すると、空気漏れも止まった。
---ビック・ベルを離れて、ワルガ岩なるミニ・エアーズロックと呼ばれる場所へ。。。中に入れるらしいけど、アボリジニのサイトらしく基本的に登録して許可を取らないと中に入れない。。そういえばジョセフがネットで簡単に登録できるとか言ってたっけ、、失敗した。外から見学。。
---そのままグレート・ノーザン・ハイウェイは離れて、ダートを走ってショートカット、ピナクルズ砂漠へ向かう。
---ダートも90km/hはスピードが出せるコンディションの良いグラベル。こんなことなら地図にあるダートの道に入っても、全然問題ない??何を怖がっていたのか。。
---モラワまでやってくる。このあたりは、野生の花畑が見られるらしいけど、冬だし時期が。。
---モラワの街に入る鉄道踏み切り手前に森が。森の奥に入って野宿。

[1216] 7/4 (火) 晴れ
Morawa → Dongara 255km → Jurien Bay 野宿
(Vmax:97.9 Mt:3h29min hmax:370 TA:1005 ODD:171827.53)
[チェーン給油]: Morawa
[タイヤ圧確認]: Morawa
[ガソリン給油]: Dongara (QTY:32.57 OCT:91 PRC:1.566 ODD:171688.14)
---今日も、テント結露。干しながら朝食食べながら、、パッキングしながらで出発。
---昨日、携帯の充電器を差し込んでバイクのジャケットに入れた状態で、バイクから降りようとしたら、、、またヤッてしまった。今度は端子本体が壊れてしまった。。これは多分修正不能。。折角、ビリーに手伝ってもらって直したのに。。という事で、大きな街に行かないと売ってなさそうなので真西にある街ドンゴラを目指す。本当はピナクルズ砂漠まで斜めにショートカットしたいんだけど。。
---100km走ってドンゴラに到着。早速スーパーで食料買出し。ハードウェアショップに行くと、携帯のシガーソケット充電器は置いてなくてアソコにパソコンショップがあるよ。と言われてアソコに行ってみる。
---早速シガーソケットの充電器を購入。今度は何か対策を考えないと。。
---1号線ブランド・ハイウェイに。そして直ぐに逸れて、インド洋の望める海岸線沿いの道に入る。なかなか景色が良い。途中逸れてインド洋を眺めたり、ビーキーパーズ国立公園だと思われる?看板が無いから分からないけど、チョット砂の深い道に逸れて湖を見たり、真っ白い砂丘を見たり、、、
---で、その砂丘をみるために道を逸れたときに、ヌルヌルの土で、旅再開後、初転倒。。左サイドケースが歪む。荷物、両サイドケースを外して、バイクを起こすのに20分はかかったか。。歪んだサイドケースの修理。足で蹴飛ばして歪み修正?!アタッチメントのネジ穴がまた駄目になったのでエポキシで修正。1時間くらいかかった??
---その後、水溜り??の向こうに砂丘が見えるけど、バイクをとめてサイドスタンドを立てて写真を撮ってたら、サイドスタンドごと砂に埋まってバイクが倒れる。。また荷物をおろして、バイクを起すのに15分くらい。。パッキングしてると、日が落ちかけ。空が綺麗!サンセットと満月が!そして真っ白い砂丘。
---幹線道路に戻って寝床探し。直ぐに脇道を発見。砂砂の道をドンドン奥に入っていって、途中Y字路が、Uターンしようとしたら立ちゴケ。。今日3度目。。また荷物を下ろしてバイクを起こして。。足であるって寝床探し。Y字だと思ってた場所に小さな小道で車のタイヤ痕が無い道が。すこし奥に入ってテント建てられそうな場所が。野宿。それにしても蚊が多いな。。外に出たくない。

[1217] 7/5 (水) 晴れ
Jurien Bay → Pinnacles Desert 262km → Perth 民泊
(Vmax:96.3 Mt:3h46min hmax:157 TA:1384 ODD:172089.45)
[チェーン給油]: Jurien Bay
[タイヤ圧調整]: Pinnacles Desert
---ピナクルズ砂漠へ。石灰岩が林立。エジプトのオアシスにあった白砂漠に似てるけど、ピナクルズのほうは茶色い。公園内にドライブできる4kmの道を一周。
---ナンバン国立公園内にある白い砂丘が凄く綺麗。歩いて上ろうとするけど、面倒になって引き返してくる。
---更に南に走って、パース市街へ。前々から調べてあったバイク屋さんへ直行。リアタイヤを注文。明日の昼過ぎに店に届いたら電話をもらえる事に。その他、2つリアのスペアチューブを購入。ビー・ラバーでタイ製。懐かしいなぁ。東アフリカにもビー・ラバーあったっけ。
---もう4年前になるけど、キルギスのビシュケクで会った、やすこ姉さんがお世話になっているカズさんユキコさんのお家にお邪魔させてもらう。スゴイご無沙汰。早速10日ぶり?のシャワーを浴びさせてもらって、ついでに姉さんに洗濯までしてもらう。そして夕食もご馳走に。本当にお世話になります!至れり尽くせりに。家のオーナーであるカズさんのパース紹介DVDコレクションを見て、パースの街を散策した気分に?ワインを飲みながら当時あった旅人は今どうしてるか?とか昔話をしたりおしゃべり。深夜まで。

コメント

チャオ マサ!
オーストラリアでのドライブと野宿、かなり楽しんでいる様子が嬉しいな
あー、オーストラリアが懐かしいわ。
物価高いから、大変だけれどね
うちらは、コーン缶とビーンズ缶、そしてオイルサーディンを常備して節約しました。
オイルサーディンは、wwスーパーが安いです。
そうそう、蚊には気をつけてね、蚊よけスプレーやクリームは必需品。
そして、サンドフライは蚊よりも大敵だよ!! 痒さは、半端じゃないからね!!

こんにちは!いやぁ。。オーストラリア物価超高いですねぇ。。私もマウリシズさんと同じような感じです。でもたまに、野菜買ったり、ワインは意外にも4ドルくらいの安いのが旨くて、たまに買います。WAの南側なんですけど、超寒いっす!蚊も虫もまだ出てこれないみたいです。。無事にマレーシアに渡れると良いですね!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら