Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

ブルーマウンテン、シドニーへの道、東海岸その3

2012-08-31 Fri 13:25:28


[1267] 8/24 (金) 晴れ
---朝ダラダラと起床。ダラダラと朝食を作りながら食べる。倉庫の中なので暗い。。電気はあるけど、つけると電気代高そうなバルブだからつけない。。朝、ロスコから電話があって、おしゃべり。
---昔フラビオの土地一体は、日本の梨を栽培していたけど、土が合わなかったらしく、うまく育たなかったらしい。。で、ロスコの倉庫は、梨をパッキングして出荷する工場だったらしい。そんな土地なので、その当時は驚くほど安く土地が買えたらしい。今はフラビオの家の裏には、実はならないけど、残された梨の木々が小さな白い花を咲かせてる。
---「おーい?生きてるかぁ〜?」「死にましたぁ〜笑」倉庫の入り口からフラビオの声が、今日は会社は休み。入り口で、色々おしゃべりして、夕食に招待してもらう。ありがたい!最近、運動不足なので、フラビオの言っていた小川が流れる場所に歩いていってみることにするけど、辿り着いたら、どうも打ち捨てられて人の家らしい。。キャラバンのドアが風で開いたり閉まったり、、幽霊?どうも家だと思われるドアには、、「家の中の物を盗んだら、撃ち殺す!」と書かれてある。。怖っ。直ぐに立ち去る。結局、例の小川には辿り着けず。
---夕方薄暗くなると、ロスコの倉庫のあたりに、カンガルーがやってくるらしいけど、今日は来ない。。
---フラビオ、ビッキーが夕食を招待してくれた!2種類のサラダに、鶏肉の料理。あぁマトモに、こんな家庭料理を食べたのは久しぶりだ。。涙。旨い!ビールを飲みながら、オーストラリアの事情とか、日本のこととか、仕事、お金、、等々おしゃべりしながら夜がふける。

[1268] 8/25 (土) 晴れ
---朝遅く起きて、ビッキーに朝食を作ってもらう。目玉焼きにベーコン、そしてトースト。庭のテーブルで頂く。あぁ和むなぁ。フラビオ、ビッキーの庭には、羊4頭、犬1匹、そして30歳になる馬一頭!馬ってそんなに生きるの?乗ったことは無いらしいけど、かわいい。毛並みはもうボサボサだけど。
---日に当たりながら、ビッキーとおしゃべり。そして倉庫に戻って、昼寝。。
---今日も夕食に招待されて、豚のロースト!旨い!!スパークリング・ワインを飲みながら、おしゃべり。そして夜がふける。

[1269] 8/26 (日) 晴れ
Gienugie → Coffs Harbour 386km Forster → Wallinga NP 野宿
(Vmax:100 Mt:5h19min hmax:260 TA:2874 ODD:183590.59)
[チェーン給油]: Gienugie
[タイヤ圧調整]: Gienugie
---朝早く出るつもりだったけど、、水の元栓とかポンプとかを全て元の位置にもどして、ドアをロック。ロスコに電話。本当にありがとう!いい休息が出来た!多分またオーストラリアに戻ってくる予定なので、その時は一緒にバイクでツーリングに行こう!
---そしてビッキーにもあいさつ。フラビオが会社が早くて昨日の内にお別れを。本当にお世話になりました。
---再び東海岸沿いを南下、、、途中、高速道路??を離れて、海岸線沿いに出る。そしてタダのキャンプサイトに誘われて、とある国立公園の中が、なかなか面白いダート。良く整備されてる。結構急な坂を登りきると丘の上から、フォスターの街が一望できる。絶好のキャンピング場所。夕日を見ながら野宿。

[1270] 8/27 (月) 晴れのち曇り
Wallinga NP → Newcastle 390km Richmond → Bilpin 野宿
(Vmax:120 Mt:6h6min hmax:669 TA:3929 ODD:183980.87)
[チェーン給油]: Wallinga NP
[ガソリン給油]: Swansea (QTY:13.34 OCT:91 PRC:1.499 ODD:183748.14)
---朝5時に起きて日の出を待つ。でも丁度、地平線に雲が立ち込めてて、日が昇ってもあまり綺麗な日の出じゃない。。
---丘を降りて、幹線道路に出て南下。ニューキャッスルの街の中を通り過ぎて、海岸線沿いを走ってる。高速道路と並行して走る道は、面白いワインディング。地元の人に聞いたら、バイカーに対する警察の取り締まりが厳しい路線らしく注意してね。と言われる。
---そのまま、シドニー市街には入らずにブルー・マウンテンを目指す。リッチモンドの街を通り過ぎると、山を登っていって一気に標高が上がる。ビルピンの村から、どうもブルーマウンテンに入る。4WDのみの道があるらしいけど、今日から3日間はブッシュファイヤーで出入り禁止になってる。行く途中のダートを左に逸れて森の中へ。野宿。

[1271] 8/28 (火) 曇りのち晴れ
Bilpin → Lithgow 189km → Blue Mt NP MacMahons Lookout 野宿
(Vmax:96 Mt:3h37min hmax:1152 TA:2874 ODD:184170.04)
[チェーン給油]: Bilpin
[ガソリン給油]: Lithgow (QTY:16.01 OCT:91 PRC:1.499 ODD:184039.04)
---ブルー・マウンテンの展望台巡り。ハーグリーブス展望台で昼食。誰も居ない。でも自分の後、バイカーが一人来た。KLR500の2気筒。金色フレーム。軽そう。少しおしゃべり。そして、プルピットロック展望台は、怖い。崖の淵沿いに歩道に階段。渓谷の対岸には結構落差のある滝が見える。その後、その滝のあるゴベット・リーブ?そしてカトゥンバの街にも展望台がある、エコポイント?と言われる場所は、観光地らしく。周りは、有料パーキングなので、止まらず先へ。
---ウェント・ワース・フォールズから南へ向かうダートに入る。20kmを1時間ほど行くと、シドニーの水源、人工湖?のブラゴラン湖を見渡せるマクマホーン・ルックアウトに辿り着いた頃には、陽が落ちそう。2つ展望台があって、1つは800m近く距離があって遠い。それにしても、例のビルピンのブッシュファイヤーのせいなのか、煙が立ち込めてて視界が悪い。
---駐車場に戻った頃には、陽が落ちた。駐車場には誰も居ないし誰も来る気配が無いので、そのまま、その場所で野宿。

[1272] 8/29 (水) 曇りのち晴れ
MacMahons Lookout → 172km → Sydney 民泊
(Vmax:94.9 Mt:3h47min hmax:903 TA:1910 ODD:184342.17)
[チェーン給油]: Macmahons Lookout
---マクマホーン展望台からウェントワース・フォールズの街まで駆け上がって、幹線道路に出てシドニーの街を目指す。それにしても、オーストラリアの幹線道路のそこらじゅうで工事が行われてる。。面倒。
---シドニー市街へ。シドニーは交通事情は、オーストラリアを通ってきた中で一番悪いかも。市街に入っても継ぎはぎだらけの道。登り下りに、道幅は狭くて、運転マナーもイマイチ。大型トラックが3車線の2車線を封鎖。平行して競い合ってる?トラックとの間のごくわずか。危険を感じる。
---カンタスの貨物の事務所を訪ねるも、電話番号を教えられて、ココにかけろといわれ、門前払い。まぁ色々ネットでそんな投稿があったから、予想はしていたけど。
---以前ワッツーの飲み会で会った、とおるさんの家にお邪魔させてもらう。ご無沙汰してます!とおるさんとアヤコさんと一緒に、チャツウッド?にある中国料理屋さんで、グレービー・椎茸マッシュルーム、、をご馳走になる!麺はうどんみたいで旨い!
---お宅で、エリンギがアワビに変身する料理を頂く。旨い!そして、アヤコさんが作ったカレーを頂く、これもまた旨い!トマトベースのカレー。その後、カタナ乗りのテリーさんが来て、とおるさんと一緒にバイク話。

丘の上からフォスターの街を一望。日の出。


シドニー郊外のブルー・マウンテン・ナショナルパーク。プルピット展望台。




プルピットの対岸。カトゥンバ側から。滝。


カトゥンバの街路樹。桜みたいだけど?


シドニーの水源ブラゴラン湖。マクマホーン展望台から。夕日。


朝もう一度行くと、眼下に雲が。

コメント

よかった!

Toruさん まだかなまだかな、て心配していたので 無事に逢えてよかったですね。
雄大で清々しい美しさの景色、可憐な花、写真素晴らしいですね‼ 応援してるよ〜♪

ありがとうございます。3ヶ月ブログを放置してしまって、コメントに気づきませんでした。すいません。とおるさんとお別れして、今は、ついに南米上陸、アルゼンチンのブエノスアイレスです。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら