Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

サルタで再びバイク修理、レシステンシアへの道

2013-09-12 Thu 08:29:31

[1568] 8/23 (金) 曇りのち晴れ
Bolivia Potosi → Bolivia Tupisa 458km 国境 Villazon → Argentina Tres Cruces 野宿
(Vmax:103 Mt:5h45min hmax:4276 TA:4816 ODD:219642.5)
[ガソリン給油]: Bolivia Tupisa (QTY:21.6 OCT:- PRC:5 ODD:219439.45)
[ガソリン給油]: Bolivia Villazon (QTY:5.36 OCT:- PRC:3.74 ODD:219526.7)
---気持ちも新たに出発!約4週間いたポトシともお別れ。さよならポトシ!
---走り出して、直ぐに気づく!パフォーマンスが全然違う!!エアクリーナー取り外して走っていた時よりも、新品エアクリーナーにウォーターポンプに交換しただけで、4000m以上の標高で、低速急坂でも、軽くドンドン登っていく!凄い!多分、大分前からウォーターポンプが壊れてて、オーバーヒート気味で走っていたせいで、エンジンのパフォーマンスが発揮されていなかったのかも。メッチャ気持ちがいい!
---幹線道路を南下。以前ウユニ塩湖に行ったときに通った国境ビジャソンを目指す。トゥピサで昼食を取って、ガソリンを入れたときに気付く。バイクから不凍液の匂いが立ち込めてる。。何かがおかしい?見えるところ、、、サーモスタットの割り面から水が漏れてる!!割り面を面倒でシール交換してなかったのが原因だ。。今のところリザーブには水残ってるので、サルタで交換しよう。
---アルゼンチンとの国境の町。ビジャソンの街に到着。アルゼンチンの方がガソリン高いので、ビジャソンの町で燃料給油。運よくローカル価格で入れられた。
---国境に到着して、闇両替。1USドル=9!!アルゼンチン・ペソ。3ヶ月前?!は、1ドル=8ペソ。去年12月にブエノスアイレスに到着した時のレートは、1ドル=6.4ペソ。ペソの価値がドンドン下がってる。2002年の二の舞がソロソロ近づいてる?!
---イミグレ長蛇の列。丁度、長距離バスのお客さんに当たってしまった。ボリビア、アルゼンチン側で合計45分かかり、、
---バイクのペルミソ一時輸入許可証を、アルゼンチン側の税関へ。どうもワイロ好き係官に当たってしまったっぽい。「今年の1月24日の○×国境のペルミソがキャンセル、返却されてないよ!」っとイチャモンをつけられる!「そんなの私のせいじゃない!そもそも、あなた方アルゼンチン税関の責任でしょ!全ての国境に、キャンセルする為の通信環境とシステムが無いのが問題だ!私は何時も何処の国境でも、バイクは届け出てる!」パスポートのアルゼンチン出国スタンプを見せる。今度は「アルゼンチンの自動車保険は?」と切り返し。正規のアルゼンチンのバイク保険を提示。「これは本当に保険??」「これはアルゼンチンで一番有名なバイクの保険ですよ!知らないんですか??」、、「うーん」「うーんじゃねぇよ!」最悪、バイクに積んである全部荷物の中身を開けられると面倒だけど、向こうも面倒になったらしく、ほぼノーチェック。お礼を言って晴れて国境を越える。
---国境を越えると、もう夕方の5時過ぎ。以前ブッシュキャンプしたポイントへ。トレス・クルセスの「悪魔の喉」が見える場所で野宿。

[1569] 8/24 (土) 曇りときどき晴れ
Tres Cruces → Humahuaca 277km → Salta Camping Municipal Xemana 野宿
(Vmax:99 Mt:3h45min hmax:3635 TA:1313 ODD:219920.19)
[チェーン給油]: Tres Cruces
[タイヤ圧確認]: Tres Cruces
---久しぶりの野宿明けの朝!そんなに寒くも無く心地よい。やっぱり気持ちがいいなぁ!
---一気にサルタを目指す。途中、幹線道路を外れて?でも国道の峠道へ。ほぼ車1.5台分に道幅しか無い舗装の峠道をショートカットしてサルタの街へ。
---今日は土曜日で、お店が殆ど閉まってる。その中のバイク街のお店の一つで、新品タイヤをチェック。高い!そして、大型ショッピングモールで食料買出し。また野宿に自炊生活の始まり、以前泊まったサルタの郊外のキャンプ場にチェックイン。受付のオバちゃん自分の事覚えてくれてた!早速お目当てのスポットへ。電源が取れる場所にテントを張る。

[1570] 8/25 (日) 晴れ
---朝起きて、早速サーモスタットの水漏れをチェック。燃料タンクを外して、、うん?!Vバンクの底にクーラントが溜まってる!アンダーガードにも水漏れの跡?!そこら中から水漏れ。。あぁああ??どー言うことだ。。
---結局、サーモスタットの割り面は勿論、前後シリンダーヘッドのウォータージャケットに繋がるウォーターパイプ部、ウォーターポンプカバーに繋がるウォーターパイプ部に水漏れ。確認できる限りで4ヶ所。オーストラリアで交換した前後バンクを繋ぐパイプのシールは問題なさそう。スペアパーツで、ウォーターポンプカバーに繋がるウォーターパイプのシールのみ予備で持ってない。28mmOリングだ。
---隣のアルゼンチン人のバイカーに聞いてみる。オレオ・イドラウリカかフェレテリアなら置いてあるはずとの事。でも今日は日曜日で、お店は閉まってるので、明日月曜日にならないと動けない。。

[1571] 8/26 (月) 晴れ
Salta → 市街 22.4km → Salta Camping Municipal Xemana 野宿
(Vmax:92.8 Mt:38min hmax:1223 TA:137 ODD:219942.55)
[サーモスタット部ハウジング割り面Oリング新品交換]: Salta
[ウォーターポンプ部ウォーターパイプ接続部Oリング新品交換]
[前後シリンダーウォータージャケット、ウォーターパイプ接続部Oリング新品交換]
[ラジエータークーラント新品交換、リザーバータンク給油]
[右フロントフォークブーツ中古交換]
[チェーン給油]
[前後タイヤ圧調整]
---昨日、水漏れしているところは綺麗に清掃。バイクで試走しながら、もう一度確認。キャンプ場近くに、汎用機械を扱うお店がズラリと並ぶ通りへ。早速一件目で、カウンターにOリングが陳列されてる!おぉ!早速内径28mmのOリングは、太さが3種類全部購入。1ドル。未だ取り外してないから、線形が分からない。
---不凍液も大型スーパーで新品を買いなおし。ポトシの時はクーラントを水道水で割ってたけど、しっかり純水で割ることにする。純水も購入。念のため。
---早速 キャンプ場に戻って修理開始!4ヶ所のOリングを新品に交換。結局、燃料タンク、エアクリーナーボックス、キャブレターを外してやり直し。ついでに、右フロントフォークのブーツを中古に交換して、作業終了する頃には日没前。念のため、数キロ、幹線道路の直線をスピードを出して試走。キャンプ場に戻って、ラジエーター・ファンが回るまで暖機して、交換部分を確認して、漏れなし!今度こそ直った!

[1572] 8/27 (火) 晴れ
Salta → Joaquin V.Gonzalez 413km → Monte Quemado 野宿
(Vmax:101 Mt:5h5min hmax:1338 TA:1453 ODD:220355.54)
[ガソリン給油]: Monte Quemado (QTY:31.91 OCT:95 PRC:7.833 ODD:220171.51)
---サルタのキャンプ場を出発!パラグアイのアスンシオンへバイクを向ける。
---眠い!舗装の直線が永遠と続く。途中、休憩でバイクに体をヨタレかかったまま1時間ほど眠ってしまった。久しぶりに気温も上昇。丁度良い陽気。
---モンテ・ケマドのガソリンスタンドで休憩して、数キロ先に進んで、幹線道路ど平行して走っている線路との間の林の中へ。野宿。

[1573] 8/28 (水) 晴れ
Monte Quemado → Resistencia 529km → Gral L.V. Mansilla 野宿
(Vmax:112 Mt:6h45min hmax:230 TA:1156 ODD:220886.81)
[チェーン給油]: Resistencia
[タイヤ圧調整]: Resistencia
[ガソリン給油]: Resistencia (QTY:29.45 OCT:95 PRC:8.489 ODD:220775.59)
---永遠と続く直線。サルタから来て最初の一番大きな街、レシステンシアで燃料給油。大型スーパーで食料調達して先へ。この辺りは、湿地帯?湿度が高い。何度か幹線道路をそれて野宿出来る場所を探すも、柵に囲まれてて、ブッシュに入っていけない。入っていける所でも、やっぱり湿地みたいでテントをはれる場所が無い。一度牧場でキャンプさせてもらえないか聞くも断られる。で、結局、暗くなってから農道脇にテントを張る。。

ボリビア・ビジャソン国境を越えて、以前野宿したトレス・クルセスで再びブッシュ。


サルタで再び水周りの修理。
サーモスタットの割り面のOリングを交換。


サルタのキャンプ場で修理中。


ウォーターパイプのOリング3箇所交換。


前後バンクのシリンダーのウォータージャケットにウォーターパイプが繋がる2箇所。


ウォーターポンプカバーにウォーターパイプが繋がる箇所。


アルゼンチン・レシステンシアからクロリンダ間。農道脇で野宿。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら