Argentina - Uruguay - Brazil - French Guiana - Suriname - Guyana - Venezuela...

[走行軌跡]ムフエ、チパタへの道

2009-12-23 Wed 17:11:51


[544] 12/15 (火) 晴れ
Lusaka → 市街 59.9km → Lusaka Euruka Camping Park 野宿
(Vmax:96.1 Mt:1h31min hmax:1308 ODD:88284.77)
---ルカ&ビンセントと朝食。そしてお見送り。今日は800km走ってマラウィのリロングウェまで行くとのこと。そして2ヶ月の間でヨーロッパまで北上。気をつけて。そしてガスはチパタで給油を!
---午前中にタンザニア大使館でビザ申請。シングル3ヶ月50USD。高いよ。アフリカのビザ。。
---暇つぶし。お昼はローカルなレストラン?!でシマ&チキン。日本の大使館の人達も良く来るけど、直ぐお別れにとは、多分人事異動で日本に帰ってしまうからなのかな??
---ショッピングセンター巡り。本屋さん。インターネット。送り忘れていた友達に絵葉書を送る。
---午後に再びタンザニア大使館へ。ビザ受取。西と違ってスムーズに事が運ぶな。
---買い出しをしてキャンプサイトに帰る。

[545] 12/16 (水) 晴れときどき曇り
Lusaka → Luangwa Bridge 467km → Petauke 野宿
(Vmax:107 Mt:6h3min hmax:1291 ODD:88751.54)
[チェーン給油]: Lusaka
[タイヤ圧調整]: Lusaka
[ガソリン給油]: Lusaka (QTY:32.72 OCT:- PRC:5817K ODD:88302.12)
[チェーン給油]: Chongwe
[ガソリン給油]: Nyimba (QTY:8.04 OCT:- PRC:6219K ODD:88639.03)
---南ルアングアNPに向けて出発。グレート・イースト・ロードをひたすら東へ。
---ブッシュポイントなかなか見つからず。ペタウケまで来てしまった。。
---ブッシュに入った森中に無数の蛍が!!蛍なんて子供の時以来??綺麗!しばし観賞。深夜、起きてみるももういない。夕方、日が落ちてから直ぐ位に出るのかな?

[546] 12/17 (木) 晴れときどき曇り
Petauke → Mambwe 155km → Mfuwe Flatdogs Camp 野宿
(Vmax:81.8 Mt:6h4min hmax:952 ODD:88906)
---チパタ経由でなく、ペタウケからムフエに向かうダートに入る。
---雨が降ってたら終わってたな。。マディー。日が暑い!!何度も立ちゴケ。転倒。道も間違える。幾度か村の人にバイクを泥から出したり、水をわけてもらったり、道を教えてもらったりと助けてもらう。乾いているところが未だあるので助かる。
---カンゾートと言う小さな村を過ぎて、大きな乾いた川を渡った後、、、
---全く見えなかった。。のちに目の前、数センチまで寄っても見えない、通り道に仕掛けてあった、象や野生動物除けの鉄線。。村人も手を振るだけで何も忠告もしてくれない。。暑さで、サングラスかけず、バイザーも開けたまま、、
---走行中、、、40キロくらいか?この仕掛けが顔面に直撃!映画マトリクスの例のシーン?!の失敗した状態(のけぞった状態)でバイクと共に右手の藪の中へ突入「あれぇ〜〜」、そして転倒。直ぐヘルメットを脱ぐ。瞬間、左眼に違和感。でも直ぐに左眼が見えていることに気づく。(助かった!!)でも眼が良く開かない。。左手で眼を押さえる。。血が!「なんじゃこりゃー!」冗談じゃない。。
---左眼の下を切った。ターバンでグルグル巻き左眼を止血。村人も駆け寄ってくる。中には仕掛けに引っかかったことを笑っているヤツさえいる。。。2km先にあるChilongozi村の診療所へ。でも簡単な消毒とガーゼを張って応急処置しか出来ない。その後、学校の先生のモーゼスとジャイラスにバイクで先導してもらって、2時間半近く60km走って(途中、道を横切る巨大なカバ、象、キリンを見る事が出来た!道は所々深い砂、何度か転倒)ムフエの診療所に到着したのは夜の9時。看護婦さんに2針縫ってもらう。
---ほっ。ともかくスゴク幸運だった!!目に入ってたら失明してたかもしれないし、喉に入ってたら終わってたかもしれない。

[547] 12/18 (金) 晴れ
Mfuwe → 9.04km → Mfuwe Croc Camp 野宿
(Vmax:75.3 Mt:21min hmax:546 ODD:88915.03)
---Flatdogsに診療所の先生が来る。毎日9時から10時まで。村のクリニックに行けば誰でもタダで診てもらえる。でもここでは一回の診察で150USD以上取るとはキャンプ場のマネージャーに聞く。でも一応挨拶。4,5日後に抜糸にクリニック行きますと。チョットだけ状況を見てもらう。問題ないとの事。自分もそう思う。
---ここのキャンプ場高級すぎるしすべてが高い!キャンプ7ドル50セント!別のキャンプ場へ移動。
---クロコ・キャンプへ。ここでもキャンプ7ドル50セントと言われるも粘って5ドルにまけてもらった!ここで少しゆっくりするか。。。
---洗濯の後、村へ食事へ。昨日は何も食べてなかったからお腹減った。村の店を散策。これは自分で作るより、食堂で食べたほうが安上がりみたい。シマ&チキンそしてビール!?を買って帰る。
---ビールを飲みながら、、目の前の対岸に南ルアングアNP、そしてルアングア川。そしてカバ、象を見る事が出来る。夜中、キャンプサイトにもカバが陸に上がってきて奇声を上げながら、自分のテントの周りを徘徊。。怖い。

[548] 12/19 (土) 晴れのち雨
Mfuwe → 村 5.34km → Mfuwe Croc Camp 野宿
(Vmax:63.7 Mt:7.5min hmax:541 ODD:88920.38)
---朝遅く起きて、シャワーをあびてダラダラ。目の周りを良く洗うようにと看護婦さんに言われた。
---キャンプ場のスタッフ、マーティンとおしゃべり。ゲスト自分1人で暇らしい。ザンビアの大統領が南ルワングワ国立公園内のロッジでクリスマス休暇を過ごすとのこと。毎年、来るらしい。会いたい人はここから25km先の空港に行けば会えるらしい。7月にはスワジランド王が休養に来たとの事。意外と有名なのね。この場所。公園の入場料は25ドルだしロッジは1泊300ドル以上!?だし会うのは無理!
---行きつけ(未だ2度目だけど)の食堂&バーへ。シマ&チキンは全く同じ。これしかないらしい。。そしてザンビア・ビールのモシ。
---キャンプ場に戻って、DSテレビでイングランド・サッカーのリバプール vs ポーツマツを観戦。最下位のポーツマツにリバプール破れる。怪我をした上に退場になった選手(最悪)が決め手になった。
---ビールを飲みながら、ただ対岸の公園と川とカバを眺める。。。。急に強風に雨、テントに直ぐに入ってそのまま就寝。

[549] 12/20 (日) 雨のち晴れ
Mfuwe → 村 5.05km → Mfuwe Croc Camp 野宿
(Vmax:71 Mt:13min hmax:534 ODD:88925.42)
---行きつけのムフエのバーでビール、そして食堂でシマ・チキン。
---キャンプ場に戻ると、丁度、象たちが来客。オーナーに色々怖い話を聞く。「公園へウォーキング・サファリに行ったガイドと女性ゲストが、突然森の茂みから象の親子に出くわして、親象が女性ゲストへ突進!衝突して、角で跳ね上げられた後に、何回も踏まれて、、、その後は、、」とかとか、キャンプサイトの直ぐ目の前を流れる川(ワニの宝庫)で「地元の漁師を川から救助したんだけど、既に胸、お腹から縦に真っ二つに割られて、内臓を全部、、、」とかとか聞く。怖すぎる。。
---テレビでサッカー観戦。暇!寝る。

[550] 12/21 (月) 晴れのち小雨
Mfuwe → 147km → Chipata Dean's Hill View Lodge 野宿
(Vmax:94.6 Mt:2h58min hmax:1153 ODD:89702.46)
[チェーン給油]: Mfuwe
[タイヤ圧調整]: Mfuwe
[左アルミボックス歪み修正]: Mfuwe
---午前中、ムフエの診療所へ抜糸に行く。先生!手が震えてる。怖いんですけど。看護婦さんの方が上手!?ものの1分程度で終わる。ありがとう!!
---バーでビールの後、キャンプサイトに戻ってパッキング。そしてチパタに向けて出発。バーの店員に大統領が明日の午後3,4時にムフエの空港に到着するらしい話を聞くけど別にね。。。
---ムフエを出発後、直ぐに強風、雨。。道も滑りやすく。チパタに着くころには雨が止んだ。キャンプ場にチェックイン。オーナーと旅話。ゲストまたも自分ひとり。。人のいない所へ行くのが得意??

[551] 12/22 (火) 曇りのち雨
Zambia Chipata → 国境 Mchinji 151km → Malawi Lilongwe Mabuwe Camp 野宿
(Vmax:96.9 Mt:2h15min hmax:1309 ODD:89223.7)
[チェーン給油]: Zambia Chipata
[ガソリン給油]: Zambia Chipata (QTY:5.82 OCT:- PRC:6389K ODD:89705.27)
[ガソリン給油]: Zambia Chipata (QTY:26.77 OCT:- PRC:6389K ODD:89705.27)
---マラウィのガソリン不足事情からチパタで満タンに。
---マラウィに入国。国境を過ぎて保険に加入。1ヶ月3000クワチャ。
---マラウィの首都、リロングウェに到着。キャンプ場にチェックイン。街をバイクで散策。うーん。マラウィ湖畔で正月を迎えるか??これと言って。。。何もない。
---マーケットへ夕食を食べに。宿のレストランは高いし、裏の食堂も閉まってる。今は雨季が始まって、コレラが発生する時期だからマーケットで食べるのは止めた方が良いと言われるも。。。シマと牛のレバーシチュー。食べれるけど不味い。50クワチャじゃ仕方ない。しかも地面が雨でドロドロ。これはコレラが発生するのも分かる気がする。劣悪環境。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら